2009-10-21

イタリアン -Italian- 「IL PRANZO DI SABATO ~リストランテ ボリーチェ~」

Yukari_1_2報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:南青山
Location:MinamiAoyama

店名:リストランテ ボリーチェ
Shop Name:RISTORANTE BOLICE

ジャンル:イタリアン
Restaurant genre:Italian

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5939_r

Yukari_kabe

BOLICE = BOTTEGA×FELICE.

"BOTTEGA" とは工房やアトリエという意

"FELICE" とは幸せな、という意

様々な想いを込めた、2つの言葉の組み合わせ。

それが、''-BOLICE-''。

(Ristorante BOLICE より抜粋)

---------------------------------------------

良い言葉ね...。
実際に私自身も幸せな気分にしてもらったわ。

今回のお店「リストランテ ボリーチェ」は、
常に心も舌も楽しませてくれたリストランテですの。

コスト面においても、スタッフサーヴィスにおいても、
そして味・見た目においても、最高だわ♪

オーナーシェフは岡村浩昭氏の造り出す料理の世界は、
とにかく「面白い」の一言に尽きるわ。

ソムリエの方も気取りなどは感じさせない、
フレンドリーな方ね...
色々と世間話をしたものだわ。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

Img_5959_r

・自家製フォカッチャ -Focaccia-・

トマトと胡桃入りのふんわりとした、手の込んだ温かなフォカッチャだわ。
ほんのりとしたトマトの酸味に、カリッコリッとした胡桃の食感が楽しく、
いくつでも食べたくなるほど美味しいわね。

────────────────────────────────

【前菜 -Antipasti-】

Img_5962_r_2

・季節野菜のサラダ -Salato-・

薩摩芋や珍しい旬の野菜が山盛りのサラダね。
赤玉ねぎを使ったソースがとても綺麗で、甘さと酸っぱさのバランス良く美味しいわ。

Img_5961_r

・北海道産とうもろこしのスープ -Zuppa di mais-・

単に濃厚なスープというわけではなく、
北海道産とうもろこしのみずみずしさと甘さが
しっかりとスープという形で表現されているわ。

Img_6064_r

・九重栗かぼちゃのスープ -Zuppa di zucca-・

まるでスイーツかの如く、甘みが強い九重かぼちゃ。
スープなのにホクホク感が伝わるという、不思議な味わい。

Img_0462_r Img_5927_r Img_3304_r_filtered

・前菜の盛り合わせ -Antipasti misti-・

当たり前かもしれないけれど、内容がちゃんと変わるのが良いわね。
タコのトマト煮込み、フリッタータやブルスケッタにマリネとか。
イタリアンでは定番だけど、どれも一手間加えられていて、一味違うわね。

また休日のランチには、小さなポタージュが加えられているのが嬉しいわ。
ほんのりと甘いさつまいもの冷製ポタージュは、
夏の暑い日には優しく体を冷ましてくれたわね。

Img_5977_r

・前菜 -Antipasti- 金目鯛の昆布〆・

ディルやピンクペッパー、赤玉ねぎが敷かれているわね。
イタリアンで昆布〆!?なんて最初は思ったけど、
こーいうのがあるからボリーチェは面白いのよ...。

程良く引き締まった身は甘くて美味しいわ。

Img_6060_r

・前菜 -Antipasti- 三陸産サーモンのカルパッチョ・

サーモンのカルパッチョの下には、林檎のペーストね。
サーモンと林檎の相性は言うまでも無く、最高だわ。

大抵、サーモンのみであれば後々、クドさが来てしまうものだけど、
林檎の甘みが加わることで、それが無くなるわね。
要は、美味さが倍増するわけってこと。

────────────────────────────────

【パスタ -Pasta_Primi piatti-】

Img_0465_r

・パスタ -Pasta- たっぷりキノコとパルミジャーノ フェデリーニ・

オリーブオイルとパルミジャーノを中心としたシンプルな味付けに、
しっかりと、たっぷりキノコの旨味が加わってるわ。
キノコ好きにはたまらないパスタだわ。

Img_3311_r_filtered

・パスタ -Pasta- 白海老と万願寺唐辛子 フェデリーニ・

シンプルでアッサリとした味付けで、白海老のサクサクとした食感が楽しいわ。
万願寺唐辛子や白海老のほのかな甘み、香りも良いわね...。

Img_5928_r

・パスタ -Pasta- 北海道産さんまのシチリア風 フェデリーニ・

あらヤダ...、秋刀魚ってこんなに良い香りがするものだっけ....。
恐らくセルフィーユか何かが加えられているんでしょうね。

ウイキョウや松の実の食感が良く、トマトやレーズンの甘みが加わって、
全くクドさを感じさせない、パスタとなっているわね。

それにしても秋刀魚とレーズンの組み合わせがこれ程合うとは...、驚きだわ。
ホント、面白いわね。

Img_5986_r

・パスタ -Pasta- 白海老とズッキーニの自家製手打ちタリオリーニ・

けずられた青柚子の皮の香りに、手打ちタリオリーニのモッチリとした食感が良い。
サクットロッと、ズッキーニの甘みに白海老の旨味が、手打ちタリオリーニと合わさって、
見事な一皿となっているわ。

Img_5966_r

・パスタ -Pasta- ローマ風ラザーニャ・

何とも美しい形をしたラザーニャね....。ナイフを入れるのが勿体無いぐらいだわ...。

火傷しそうな程の熱々、ふわっ~としたチーズの良い香り....。
そして、ラグーにベシャメルソースの絶妙なバランス...。これはたまらないわね...。

Img_5979_filtered

・パスタ -Pasta- 雲丹と苺の冷製カッペリーニ カラスミ添え・

カッペリーニという料理でフルーツを使うのはそれほど珍しいことではないわ。
でもね....。「苺」と「雲丹」だから驚いたし、面白かったのよ。

恐らく、こんな組み合わせを実際に一皿として表現するのは、
岡村氏しかいないんじゃないかしらw
(賢治に話したら、
「福島辺りの郷土料理''雲丹苺煮''を、字のまんま表現した料理ですね...」なんて
ツマラナイ事言ったんで、その場で半殺しにしたけど♪)

年初めに頂いたときは、苺の甘みが強いものであったのを憶えているわ。
苺の甘さに、雲丹のネットリとした甘みの合わさり。言葉にできない程の美味しさだったわ...。

そして9月、お店に無理を言って、再会w
苺は甘さよりも酸っぱさが少し強いものであったが、カラスミが加わったことにより、
《雲丹の甘さ・苺の甘酸っぱさ・カラスミのコク》...と、不思議な組み合わせの実現ね。
恐ろしいほどの絶妙なバランス関係が、構築されていたわよ....。

正に、究極の三位一体という表現は、この一皿に当てはまるわね。

────────────────────────────────

【メインディッシュ -Secondi piatto-】

Img_6068_r

・主菜 -Secondi- 岩手県産岩中豚のグリル・

迫力あり、付け合せとは思わさせぬ、たっぷりの野菜のグリルに圧倒されるわ...。
それにしてもホント、色鮮やかだこと....。

絶妙な焼き加減でジューシーな豚のグリルの、甘みのある脂と、
マディラ酒を使った甘みとコクのあるソースとの合わさりがたまらないわね...。

野菜もみずみずしく、甘みがあって美味しいわ...。

────────────────────────────────

【ワイン -Vino-】

Img_5984_r_3 

・食前酒 -Aperitif-・

シェフからの素敵なおくりもの、シャンパンを頂いた事を思い出しました...。
そういえば当時の私は、アペリティフを頼まない程、がめつい女だったわね..。

3_3

・白ワイン -マルケ州 ヴィラ ブッチ '07- / Vino biancco -MARCHE VILLA BUCCI '07-・

思えば、食べるだけの私が、ワインと料理を同時に楽しむ事に目覚めさせてくれたのも
ボリーチェだったわね...。

そう...今まで某女優が大嫌いでw、ワインを敬遠してきたんだけど、
間近でソムリエの仕事を見て一目惚れしてしまったんだったわね...。

これが初めて真剣に料理と合わせてもらったワイン、という事になるわ。

主菜である岩手県産岩中豚のグリルに合わせてもらったワインね。

わずかながらに感じる果実の香り。
初めに心地の良い苦味...、フルーティーな味わい、
じわ~っと酸味が余韻として感じる..。

豚の脂の甘みと良くマッチした、素晴らしい組み合わせだわ。

4_4

・食後酒 -マディラ諸島 バーベイト マディラ スウィート- / Digestivo -Arquipélago da Madeira BARBEITO MADEIRA SWEET-・

微量頂いただけでも、香りが鼻全体に広がり、ほんのりと酔いがくるわね...。
食後酒ってみんなこんな感じなのかしら...。

────────────────────────────────

【ドルチェ -Dolce-】

Img_5930_r

・自慢のドルチェ -ティラミス- / Dolce -Tirami su !!!-・

シェフはお酒があんまり得意ではないようで、お酒は加えられていないとのこと。
それでも、スポンジ部分にブランデーケーキの様な味わいを感じるわね...。

これは、どうやらスポンジをカプチーノに漬け込んで造られたようね...。
誰でも美味しく安心して頂けるドルチェにする為にここまで....、凄いわ。

Img_5968_r

・自慢のドルチェ -栗のプリン エスプレッソがけ- / Dolce -Budino di castagne・ (Caffè)-

なめらか~で甘みの強い栗のプリンに、ほんのりと苦いエスプレッソ。
ちょっぴり大人の味ね。

プリンの中には食感が感じられる程の小さな栗の実が、ゴロゴロと入っているわ。
これは嬉しいw

Img_5990_r

・自慢のドルチェ -パンナコッタ (フルーツ添え)- / Dolce -Panna Cotta-・

ミルキ~で口当たりなめらかなパンナコッタに甘酸っぱいベリーソース。
たっぷりのフルーツが添えられていて、見た目も綺麗ね。

全体的に甘さ控えめ、さっぱりとしていて美味しいわ。

Img_3315_r_filtered

・自慢のドルチェ -特製クレープ- / Dolce -Crespelle-・

ボリーチェのブログは結構好きで暇あれば読んでいたりするんだけど、、その事を伝えたら、
通常のドルチェではなく、クレープを作ってくれたわ。

焼き目が綺麗な生地に果実の色、これまた見た目鮮やかなクレープね...。
果実の甘酸っぱさに生クリームの甘み。

これ以降、他のところではクレープを食べれなくなってしまったわねw

Img_6076_r

・自慢のドルチェ -特製ショコラムース- / Dolce -Mousse de Chocolat-・

シェフはショコラの達人。
BOLICE風チョコレートパフェ...のつもりだったんだけど、無かったので、
その代わりに特別に造ってくれたドルチェよ。シェフ、ほんとにすみません....。

オレンジ、ショコラムース、そして下にはマーマレードのコンポート...
あ!これはパルフェだったのね!w (いま気が付いた\(;゚∇゚)/

濃厚なショコラムースに、
みずみずしく甘酸っぱいオレンジと粒粒食感のあるマーマレードコンポートが合わさって、
ショコラ主体なのに、さっぱりとしたドルチェになっているわ。

それにしても、このショコラムース、驚くくらい全然しつこくないわ。
とろけてしまうようなこの甘さ....、どんなショコラティエのものよりも美味しいかも...。

────────────────────────────────

【カッフェ -Caffe-】

Img_3312_r_filtered 5_4 Img_5992_r

・カフェ -ハーブティー- / Caffe -Harbal tea-・

ハーブティーは、数種用意されているわ。
シャンピンマスカットやファインフィール、ライムスカッシュにブルーグラスなど。

中でもフレッシュミントティーは私のお気に入りよ。
香りでも、味でも、ス~ッと体を優しく癒してくれるのが良い。

ハーブティーはおかわりできるので、空いている時は、ついつい長居してしまったものね....。

小菓子は、フィナンシェや砂糖がけされたトマトのゼリー等。
トマトのゼリー(Pomodoro in gelatina)が出てきたのは意外ね...。
甘酸っぱくて美味しかったわ。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・店造り、人、料理、コスト。
どれを見ても理想のリストランテです。

・考え直してみると、中身はリストランテなのに、
値段はオステリアもしくはトラットリア並ですわね...。
もう少し値段上げても良かったんじゃ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-29

洋菓子 -Sweets- 「素敵なデコレーションサーヴィスに惚れ惚れ。」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:南青山
Location:MinamiAoyama

店名:ル パティシエ タカギ
Shop Name:LE PATISSIER TAKAGI

ジャンル:洋菓子
Restaurant genre:Sweets,Dessert

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5918_r

Mamiko_kabe_2

パザージュ青山は、
ビューティサロンやアートギャラリーに自然化粧品、
カッフェやイタリアンレストランに懐石など、
外苑前で上質なひと時を演出する...を
コンセプトにした、個性的な店が集まった小さな複合施設なの。

今回は超有名パティシエ、高木康政シェフのお店
「ル パティシエ タカギ」。

元々は高木シェフの「Assiette de desserts(皿盛りデザート)」や「トレトゥール(お惣菜)」、タパスといった
食事を出すという、新しい試みの場であったお店なの。

現在はランチに、
ビストロの様な内容の食事(トレトゥールといった方が良いか)、
またイートインのみのデセールも頂けます。

広くゆったりと店内。
オープンテラス席もあって、ゆっくりと過ごせるの。

───────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_0406 Img_5910_r

・デコレーション サーヴィス -Decolation service-・

イートインの場合、デザート用のデコレーションでサーヴィスしてくれます。
正直、とっても嬉しい。

Img_5912_r

・コクシネル -Coccinelle-・

コクシネルとは、「てんとう虫」の意。ホワイトチョコレートであしらわれてるの。

ほんのりと甘いレモンクリームに、
ブラッドオレンジムースの切なくなるほどの強い酸っぱさが
絶妙な作品なの。

レモンクリームは酸っぱさが強いと思ったのだが、意外でした。
見事な絶妙なバランスに、まるで一つの果実ではないか、と錯覚してしまいそう。

Img_5913_r   

・リュバーブ フレーズ -Rhubarb fraise-・

苺・リュバーブのコンポートが仕込まれているフワっとした苺のムースの下には、
チョコレートビスキュイ。
甘酸っぱさが、苺から来ているものとは単純に考えられない...
これはリュバーブの酸味との融合ということなのかな。

全体的に優しい甘酸っぱさで、美味しいです。

Img_5911_r

・アルパジョン -Alpajon-・

高木シェフのスペシャリテはマドレーヌと、このアルパジョン。
1992年ガストロノミックアルパジョンで優勝(最年少優勝)した際の作品なの。

ミルク・ビターと、二種のチョコレートムースの中に、
ピスタチオのババロアと野苺のソースを忍ばせたという、凝りに凝った作品。
飾り付けも、とてもセクシー....。

ほんのりと優しく、けれども少しだけビターな風味が残る甘さのチョコレートムースと、
ピスタチオの味がしっかりと感じる、コクのあるババロアとの相性は最高!

またね、その中に甘酸っぱい野苺のソースが絡み、
濃厚かつ複雑な甘さが口いっぱいに広がっていく..。
逸品。

Img_0410

・タルトフレーズ -Tarte aux fraises-・

サックサクのタルトの上には、タップリのカスタードクリームと苺♪
苺の甘酸っぱさに、カスタードのまろやかな味わい、
そしてタルトの食感とバランスが非常に良い作品です。

Img_0416_2

・ラ セーヌ -La seine-・

キャラメルムースとアーモンドビスキュイを何層も重ねた作品。
ムースは濃厚なのに、全体的にビシッと甘ったるさを感じない仕上がり。
コレ、シンプルだけど、好きです。

Img_0424

・シュースペシャル -Chou special-・

ナッツが入ったフカフカのシュー生地。
クリームはもの凄く濃いぃ黄色が特徴的で、モッチリとした感じ。美味しい~。

Img_0429

・アヴィニヨン -Avignon-・

フランボワーズとショコラを合わせたタルト。

これは面白い!
ちょっぴしビターなショコラタルトの中には、
フランボワーズ(ジャムかな?)にクレームオショコラが入ってるんですね~。

その上には、まろやかなへーゼルナッツがタップリと♪
目にも舌にも、驚きの連続!な作品です。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・デコレーションサーヴィスがとっても嬉しい♪

・ガレットも美味しそう♪
イートインのみのデセールも沢山ありますし、
ケーキ屋さんというよりカッフェな感じ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

・チャット -Chat- | ・夜 -DINNER- | ・昼 -LUNCH- | ・昼下がり -EARLY AFTERNOON- | ・朝 -BREAKFAST- | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\10000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\1000  | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\2000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\20000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\3000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\4000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\500 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\5000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\7000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\8000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\9000 | (場所)中野 -NAKANO AREA- | (場所)六本木 -ROPPONGI AREA- | (場所)南青山 -MINAMI AOYAMA AREA- | (場所)台場 -DAIBA AREA- | (場所)大塚 -OOTUKA AREA- | (場所)広尾 -HIROO AREA- | (場所)恵比寿 -EBISU AREA- | (場所)新宿 -SHINJUKU AREA- | (場所)新橋 -SHINBASHI AREA- | (場所)日本橋 -NIHON_BASHI AREA- | (場所)有明 -ARIAKE AREA- | (場所)木場 -KIBA AREA- | (場所)板橋 -ITABASHI AREA- | (場所)池袋 -IKEBUKURO AREA- | (場所)浅草 -ASAKUSA AREA- | (場所)渋谷 -SHIBUYA AREA- | (場所)目白 -MEJIRO AREA- | (場所)神宮前 -JINGUUMAE AREA- | (場所)神田神保町 -KANDA_JINBōCHō AREA- | (場所)神田須田町 -KANDA_SUDACHO AREA- | (場所)船堀 -HUNABORI AREA- | (場所)茅場町 -KAYABACHO AREA- | (場所)要町 -KANAMECHO AREA- | (場所)赤坂 -AKASAKA AREA- | (場所)青山 -AOYAMA AREA- | (場所)静岡 -SIZUOKA- | (酒)居酒屋 -IZAKAYA- | (酒)立ち飲み -STANDING BAR- | (食)うなぎ -Unagi- | (食)おやつ -Snack time- | (食)お持帰り -Take out- | (食)お結び -Omusubi- | (食)どぜう -Dojo- | (食)グランメゾン -GRANDE MAISON- | (食)トラットリア -TRATTORIA- | (食)パン -Bread- | (食)ビストロ -BISTRO- | (食)ピッツェリア -PIZZERIA- | (食)ブラッスリー -BRASSERIE- | (食)リストランテ -RISTORANTE- | (食)中 -CHINESE CUISINE- | (食)仏 -FRENCH CUISINE- | (食)伊 -ITALIAN CUISINE- | (食)会席/懐石料理 -Kaiseki ryōri- | (食)割烹 -JAPANESE RESTAURANT- | (食)和 -JAPANESE CUISINE- | (食)和菓子 -Wagashi- | (食)喫茶 -CAFFE- | (食)天婦羅/天麩羅 -TEMPURA- | (食)寿司 -SUSHI- | (食)小料理屋 -A SMALL RESTAURANT- | (食)御弁当 -Lunch box- | (食)拉麺 -Noodle- | (食)無国籍 -FUSION- | (食)焼豚 -YAKITON- | (食)甘味 -SWEETS- | (食)鉄板焼 -TEPPAN_YAKI- | (食)饂飩 -UDON-