2009-08-21

居酒屋 -IZAKAYA- 「裏原宿は酒場街でもある。」

Takeo_1報告者:悸原 猛雄
Reporter:Takeo Kihara

場所:神宮前
Location:Jinguumae

店名:季節料理 仲や
Shop Name:Nakaya

ジャンル:居酒屋
Restaurant genre:Izakaya

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_4307_r_filtered

Takeo_kabe_2

原宿というと、まず頭に浮かぶイメージは、
若者達で溢れかえる竹下通り...。

私の様な老人が行くところではない...が、
立派な酒場があるなら話は別じゃ。

今回は裏原宿の中に佇む「季節料理 仲や」。

周囲は若者向けのよく分からぬ服屋や飲食店に囲まれている中で、
これほど存在感の在る酒場があるとは....、
いやはや見つけたときは正直目を疑ったものじゃ。

「仲や」は、女将さんと娘さんで切り盛りなさっている。
どうやら元はご夫婦でやってらっしゃったそうじゃな...。

女将さんの話によると、
この原宿通りでは二番目に古いらしいの。

「仲や」の特徴は新鮮な魚介類じゃ。
オススメが書かれたホワイトボードには、
旬の魚を使ったオススメ料理が並ぶ。

────────────────────────────────

頂いたものは以下の通りじゃ。

Img_9663_r

・お通し -Otooshi (small appetizer)- ウインナーを鶏皮で巻いて揚げたもの・

このお通しは面白いのぉ。
ウインナーを揚げたものじゃが、鶏の皮を包んでおり、パリッとした食感が良いの。

Img_9664_r

・鯖の昆布〆 -Mackerel with marinated kombu-・

酢具合は丁度良く、昆布の味が染みた鯖が旨いのぉ。

Img_9673_r

・まぐろブツ切り -Cut a tuna(maguro) into chunks-・

女将さんは、あまり捌くのが得意ではないとのことでブツ切りにするんだそうじゃ。
いやいやいや、十分に旨そうな色をしておる。

冬場は一層まぐろが美味しく感じる。
とろけるような味わいの赤身がたまらん..。

Img_9677_r

・自家製梅酒 (グラス) -Spirits flavored with ume (homemade)-・

梅の酸っぱさが喉に心地良い。
自然と体は温まり、後からジワジワと酔いがくるw

Img_9696_r

・鳥の唐揚げ -Fried chicken-・

カラッとジューシー。
漬けダレが凝られてるように感じる。ほのかな甘酸っぱさとスパイシーさ。
このどこか懐かしい味での...、これまた酒をすすませるんじゃ。

────────────────────────────────Takeo_tibi_3 
【まとめ】

・原宿では恐らく貴重なお店じゃな。
海産物はどれも新鮮、旨いぞ♪

・女将さんが話し上手な御方じゃ。
昔の原宿通りなど、
色々と面白い話をしてくれますぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-08-11

もつ焼き -YAKITON- 「六本木の''老舗''で最高のレバ刺しを。」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:六本木
Location:Ropppgi

店名:おふくろ
Shop Name:Ofukuro

ジャンル:もつ焼き
Restaurant genre:Yakiton

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_4341_r_filtered

Mamiko_kabe_2

六本木は、ヒルズやミッドタウンなどが注目されがち。
だけど、風情ある昔から続いてるお店も結構在るのよね。

今回は芋洗い坂の入り口(六本木寄り)にある
「おふくろ」。

「おふくろ」は二軒あるんだけど
(もうひとつは竹やぶに囲まれた(お寺の裏?)場所)、
私はこっちの方が好きね。

女将さん曰く、もう半世紀近く営業しているんだとか。
ほんと人の力って凄いです。

古さを感じさせない清潔感のある店内は
カウンターに一切無駄なものは置かず、
スッキリとしていて、とても心地良い空間なの。

お品書きも余計なもの無く、本当、シンプル。

・煮込み (夏場は煮物)
・奴/湯豆腐
・焼きもの (鳥/豚/さつま揚げ/厚揚げ/野菜/レバー)
・レバー刺し (ニンニク/生姜)

こんな感じ。

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_4344_r_filtered

・お通し -Otooshi (small appetizer)-・

美味しいお漬物がお通しなのは、とても嬉しいこと。
パリパリシャキシャキで程よい漬かり具合。箸休めに丁度良いですね♪

Img_8557_r

・レモンサワー -Lemon Chu_hai-・

もつ焼きといえばビールだけど、サワー類も良いよね♪
さっぱりとしたレモンハイは、モツにとても合います。

Img_4343_r_filtered

・レバー刺し (にんにく) -Sashimi lever (Grated garlic)-・

私のハートをガッチリとつかんだ「おふくろ」特製のレバー刺しです♪

ごま油にお塩、そしてタップリのニンニク。
やっぱりレバー刺しにはニンニクが一番ですよね~。

プリップリの食感とレバー独特の甘み....、あぁたまりません...。

女将さんに聞くと、ある女性の御方は10本以上をぺロッと頂く、とのこと。
あぁ、でも分かるなぁ...だって本当に美味しいものっ!

Img_8562_r

・レバー刺し (生姜) -Sashimi lever (Grated ginger)-・

ニンニクが苦手な方は生姜でどうぞ。サッパリしてます~。

Img_8561_r

・煮込み -Guts stew-・

全体的にアッサリとしたお味噌の味わい~、美味ちぃ♪

鶏モツ(と思われる)を中心に、牛蒡や人参に大きな豆腐も入っており、
ボリューム満点です。
お母さんが造る煮込みって感じかも。

Img_8565_r ・焼き鳥/焼きとん タレで一本づつ

甘めのタレは、かなり気に入っております~。レモンハイとバッチグー~。
肉の焼き加減も言う事無しです。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・女将さん一人でやってらっしゃるので、
女性の方でも入りやすい様に感じます。

・品書きはシンプルですが、
レバ刺しに煮込み、焼き物、どれもが逸品なの♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-07-18

もつ焼き -YAKITON- 「懐かしの、男体山。」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:東池袋
Location:HigashiIkebukuro

店名:男体山
Shop Name:Nantaisan

ジャンル:もつ焼き(やきとん)
Restaurant genre:Yakiton

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_3875_filtered_r

Mamiko_kabe_3

もう何年も前のお話。子供の頃の話だけどね。

私の父は、お酒が好きで、
いつもベロンベロンに酔って帰って来るの。

右手にはヨレヨレのバッグ。
左手には...、土産用の「やきとん」があったの。

レバーになんこつ、かしらにハツ.....。
塩とタレがごっちゃ混ぜになっちゃってたけれど、
不思議とそれは美味しかったの。

よくよく思えば私が肉に目覚めたのはその時かもね。

そんな訳で、今回は池袋のもつ焼き屋さんの
「男体山」。

此処、実は私が学生時代から世話になっている、
もつ焼き屋なの。
よくコーチからの差し入れで、此処のもつ焼きをよく頂いたの。
あぁ、懐かしい...。

夕方四時半からという素晴らしい営業時間、
そして、モツを焼く良い匂いと煙に誘われてしまうわな~。

肴はもつ関連以外に、
煮込や蒟蒻刺しに軟骨ポン酢など、
呑兵衛には嬉しい肴が色々。

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_8735_r

・男体山漬け -Nantaisan pickle-・

さて、まず頼まなくちゃならないのは「男体山漬け」。

「男体山漬け」は分かりやすく言えば、人参とイカのピリ辛漬けなんだけど、
ピリっとした辛さとシャキシャキとした人参の甘みが合わさって、美味しい~。

この強めの辛さが、またビールに良く合うのだ~♪

Img_8740_r

・サッポロラガー(大) -SAPPORO LAGER BEER-・

サッポロラガー、通称「赤星」が置いてあると何故か分からないけど、ホッとするね。
他の瓶ビールは途中でお腹一杯になってしまうけれど、
なぜか赤星はグイグイ呑めてしまう私。

Img_8732_r

・レバ刺し (生姜) -Sashimi (Pork liver)-・

臭みは一切無く、プリップリで甘みがあって美味しい。量もタップリめなのが〇

Img_8749_r

・ガツ&カシラ タレ焼き -Grilled pork (Guts,''Kashira'')-・

「男体山」の焼き物の肉はどの部位も大きめなのが、とても嬉しいの。
絶妙な焼き加減で柔らかく、また甘めのタレが美味しいね。

Img_8741_r

・コブクロ 塩焼き -Grilled pork (''Kobukuro'')-・

プニプニ、コリコリっとした食感がたまらんぞよ!

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・「男体山漬け」は絶品!
辛さと人参の食感・甘さでお酒を美味くしてくれる、
シンプルに見えて奥深い肴です。

・もつ焼きは5本~ですが、
一種ずつお選び頂けるのでご安心(?)下さい。
(※お土産も5本~となっております。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-07-17

居酒屋 -IZAKAYA- 「たまらん!佐渡料理屋で烏賊尽くしっ!」

Takeo_1_2報告者:悸原 猛雄
Reporter:Takeo Kihara

場所:西池袋
Location:Nishi Ikebukuro

店名:田舎料理 佐渡
Shop Name:Sado

ジャンル:居酒屋
Restaurant genre:Izakaya

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_3862_r_filtered

Takeo_kabe

佐渡、といえば何をご想像なされるじゃろうか。
食いしん坊な私は、やはり豊富な海産物に酒造だの。

蛸に寒鰤やサザエに鮑、牡蠣等....
そして忘れてはならないのが、烏賊か。

酒も素晴らしい酒造ばかりじゃな。

ん~...たまらん....。

と、いうわけで今回は「田舎料理 佐渡」じゃ。

佐渡島出身である女将さん、料理人である息子さんの
二人で切り盛りされている居酒屋での、
ビル内じゃが、毎夜、常連の方々をはじめ、
沢山のお客様で席は埋まっておるんじゃ。

酒は新潟の地酒は勿論、他に焼酎なども揃えられておる。

肴は佐渡名物をはじめ、新鮮な刺身や田舎料理とある様に、
旨そうな煮物等が並ぶ...どれも旨そうじゃぞ。

────────────────────────────────

頂いたものは以下の通りじゃ。

Img_8630_r

・お通し -Otooshi (small appetizer)-・

この日のお通しは、ナメコ茸とおろし。醤油を少し垂らして頂く。
口がサッパリとし、食欲を湧き上がらせてくれるぞ。

Img_8634_r

・佐渡もずく -Sado Mozuku-・

普通のもずくとは異なり、シャキシャキッとした食感が癖になるのぉ。
酢具合も執筆者にとっては丁度良い。

Img_8632_r

・自家製シメサバ -Japanese pickled mackerel (Homemade)-・

脂がのった鯖の身、そして締め具合が丁度良い。逸品じゃな。

Img_8637_r

・いか ''びっしょ焼き'' (ワタ入りの丸焼き) -Grilled Squid-・

豪快な烏賊の丸焼きじゃ。
絶妙な焼き加減で仕上がった丸焼きは、身は柔らかで、
また、ワタが酒を進ませる。

Img_8638_r

・いかの丸干し -Dried Squid-・

食べ方は人それぞれで良いと個人的には思うんじゃが...。

頭と足に分けて、そのままかじれば良いぞ。
身、スミ、ワタの香り・旨味が口いっぱいに広がっていく...。

これも酒がすすんじゃって困る逸品じゃな。

Img_8642_r

・いかの歯焼き (トンビ) -Grilled Squid teeth-・

いかのトンビといえば、酒呑みにはたまらない、珍味。
生でも干しても揚げても美味だの。

歯がトンビの嘴に似ているからトンビと言うんだとか。

一本でこの量は多いか少ないかは分かりかねるが、私には十分じゃ。
歯を取り除き、じっくりと味わうと...
いやはや、コリッコリッの食感と旨味がたまらんたまらん.....。

────────────────────────────────Takeo_tibi_3 
【まとめ】

・女将さんも料理人である息子さんも
元気いっぱい!
佐渡について
色々と面白いお話を聞かせてくれますぞ。

・肴はどれも美味しいのぉ。
特にシメサバと烏賊料理は必食ですぞっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-07-16

居酒屋 -IZAkAYA- 「熱々のジャイアンツ愛と烏賊料理に、参りました。」

Takeo_1_2報告者:悸原 猛雄
Reporter:Takeo Kihara

場所:東池袋
Location:Higashi Ikebukuro

店名:長島球場 いか太郎
Shop Name:Ika taroo

ジャンル:居酒屋
Restaurant genre:Izakaya

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_3770_r_filtered

Takeo_kabe

東池袋一丁目はスロットやストリップ劇場といった
派手なネオンが目立つが、
個性的な酒場が密集しているエリアでもあるんじゃ。

今回はその中の一軒、「いか太郎」。

大将と女将さん、そして二代目の息子さんという、
親子で切り盛りしておられる居酒屋じゃ。

元々は西池袋での創業だったんじゃが
昭和60年に東池袋に移転したんじゃ。

ところで気になったのは看板の、「長島球場」という字じゃが...
どうやら大将が大の巨人ファンらしく、
所狭しと選手達の大型ポスターにサインの嵐、
そして立派な額縁には、
あのミスターこと長嶋名誉監督のサインまで!

うぅむ、こいつぁすごかったのぉ...。
読売巨人軍マニアにとっては堪えられない酒場じゃな。

────────────────────────────────

頂いたものは以下の通りじゃ。

Img_9189_r

・お通し -Otooshi (small appetizer)- 白滝明太子和え・

明太子の辛みが絡みついた白滝がこれまた旨し。

Img_9190_r

・日本酒 -北の誉(熱燗)- (北の誉酒造)・

寒さが一層深まる中、北の誉を熱燗で頂くと...、
雪が降り注ぐ北の大地が思い浮かんでしまうのぉ。

Img_9197_r

・烏賊刺し -Sashimi Squid-・

柔らかく、ネットリとした甘みがたまらん。
イカソーメンとは異なり、身が太く捌かれているのも嬉しい。

Img_9187_r

・おでん (六種) -Oden-

玉子にちくわ、味の染みた大根に蒟蒻、柔らかな昆布に鰯団子。
オーソドックスではあるが、体の芯から温まれる、ホッとする味であるじゃ..。

Img_9202_r

・烏賊の味噌漬け焼き(烏賊味噌) -Grilled Squid (Miso)-・

これは絶品!絶妙な焼き加減じゃ!
柔らかで甘みのあるイカの身に、しっかりとした味噌の味わいが合わさり、
おろし生姜が良いアクセントとなっておるのぉ。

Img_9209_r

・サワー -Chu_hai-・

炭酸系、ちょっと甘みがあり、サッパリとするのぉ。

Img_9219_r

・いか太郎名物ジャガモチ -Potato cake-・

いか太郎では必食の一品での、青海苔と溶けたバターが、食欲をそそるのぉ...。

醤油で「バター醤油」にするか、お塩で「バター塩」にするかはお好みで。
個人的には...どちらも好きでじゃw

食感はお餅なのだが味はジャガイモ。不思議じゃのぅ...。

まるでお餅を頂いているんじゃないかと錯覚してしまうが、
これは潰したジャガイモにデンプンを混ぜたもので、
お餅は一切加えられていないというから、驚きだのぉ。

────────────────────────────────Takeo_tibi_3 
【まとめ】

・イカ太郎という名の通り、
イカを扱った料理はどれもお手の物じゃ。

・店内は長嶋名誉監督の色紙や
読売ジャイアンツ選手のポスターやサイン等、
ファンにはたまらなんじゃろうな。

・〆は是非ともジャガモチを頂くことじゃ。
癖になる味じゃぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-07-15

居酒屋 -IZAKAYA- 「変わらないホッピーと煮込みの味」

Takeo_1_2報告者:悸原 猛雄
Reporter:Takeo Kihara

場所:木場
Location:Kiba

店名:河本
Shop Name:Kawamoto

ジャンル:居酒屋
Restaurant genre:Izakaya

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_9527_r_2

Takeo_kabe_3木場でホッピーといえば、此処以外あるまい。
そう、「河本」じゃ。

昭和7年(1932)創業とのことで、
恐らく建物も当時と何も変わっていないのじゃろう。
昔ながらの木造でエアコンも無いのに、冬場は温かく、
夏場は涼しいのだから不思議じゃ。

現在は、二代目である笑い方がチャーミングな真寿美さんと
ちょっとクールな弟さんの、
お二方で切り盛りなさっているんじゃ。

ホッピーは昭和23年(1948)から出し続けていることで、
ホッピービバレッジの方や
キンミヤ焼酎の方々も顔を出すとの事じゃ。

店内にはマニア垂涎の
昔のホッピー&キンミヤのポスターが貼られているのぉ。

ちなみに
ホッピー以外のアルコールは瓶ビールや酎ハイがあるが、
真寿美さんから「此処はホッピー屋だよ!!」とお叱りを
受けてしまうので気を付けることじゃw

煮込みは玉子も頂きたいなら「にこたま」と言うことじゃな。

────────────────────────────────

頂いたものは以下の通りじゃ。

Img_9766_r

・ホッピー -HOPPY- 白 (三冷 / キンミヤ焼酎)・

ホッピーを美味しく呑む方法を全て完璧に再現されているんじゃ。

焼酎:ホッピーの割合は1:5なのだが、
真寿美さんによる焼酎の注ぎを瞬きしないで見ることじゃ。
真剣な目つきで注ぐその姿は、
「一滴も溢すのを許さない」という想いがヒシヒシと伝わってくるぞ。

Img_9763_r

・煮込玉 -にこたま,Nikotama- (煮込み&玉子)・

脂というのは、ありすぎても困るんじゃが、無さ過ぎても困るという奴で..。
このちょっと脂が残っている感じが好きなんじゃ。

シロ(腸)の弾力感、とろける脂身がたまらなく旨いんじゃ。
玉子も味が染みていて、ホッピーを進ませるのぉ。

Img_9765_r

・かけじょうゆ -Kakejyouyu (Sashimi tuna)-・

「駆けながら食べるんだよ」とご常連の御方の助言...ではいざ行かん!..ではなくww
マグロのブツに醤油をかけたものじゃな。

こりゃぁ旨い。ホッピーとの相性も良いぞ。

Img_9784_r

・おでん -Oden-・

ホックホクの大きなじゃが芋、プルンプルンの白滝、
ちくわぶの様な食感が旨いナルト、さつま揚げ(タコ巻き?)、
そして味が良く染みた大根と、基本一皿五種じゃ。

冬場にはたまらない一皿じゃの~。
遅い時間だと売切れてしまうので要注意じゃ。

────────────────────────────────Takeo_tibi_3 
【まとめ】

・店、人、肴、客。どれもが素晴らしい酒場。
一見客でも入りやすいのが良いところじゃ。

・煮込み、おでんが他とは
ちょっと違うこだわりがありますぞ。

・真寿美さんとお客さん達とのやり取りは、
結構笑えますぞw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-07-09

割烹 -JAPANESE RESTAURANT- 「当たり前を当たり前に...」

Makiri_1_2

報告者:真桐 賢治
Reporter:Kenji Makiri

場所:渋谷
Location:Shibuya

店名:星輝
Shop Name:Seiki

ジャンル:割烹
Restaurant genre:''Kappou''

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_0292_r

Makiri_kabe_2渋谷井の頭改札前の飲食街といえば、
真美子ちゃんの好きそうな、有名な焼き鳥屋がありますが..。

この中に一際目立つ、
凛とした佇まいの割烹「星輝」があります。

創業五十八年、現在の場所で四十八年の「星輝」は、
女将さん二人と厨房を担当する息子さんの三人で切り盛り
されている、落ち着いた雰囲気の大衆割烹です。

歴史を感じさせつつも清潔感のある店造り...
特に檜のカウンターは良いですねぇ。

肴は刺身/煮物/焼き物/揚物と、最近流行の創作では無く
典型的な日本料理ですが、
どれを頂いても丁寧な仕事ぶりが伺ます。

ちなみに燗酒は昔ながらの酒燗器で温められます。
電子レンジ燗が嫌いというわけでは無いのですが、
酒燗器その物自体が私は好きなので、在ると嬉しいですね。
────────────────────────────────

これまでに訪れて、頂いたものは以下の通りです。

Img_0237_r

・お通し -Otooshi (small appetizer)-・

茄子、大根と人参の和え物です。優しい味付けで、酒が進みます。

Img_0275_r

・燗酒 太平山 -Hot sake ''Taiheizan''-・
(秋田県潟上市飯田川飯塚字飯塚 小玉醸造)

辛口の酒は燗にすれば、なお旨いですね。どんな肴にも合う、良い御酒です。

Img_0242_r

・鮪刺 -Sashimi (Tuna)-・

鮪は年中食べれる(近年分からないが)様に思えますが、執筆者は寒い時期になると
鮪が一層旨くなったような気がします(ネギマ鍋とかね)ので、
私は鮪は冬にしか食べません。

赤身と脂のコントラストが美しい刺身で、見るだけでも旨いことが分かりますね。

Img_0250_r

・牡蠣フライ -Fried Oyster with Worcester sauce-・

まずは斬新な(w)器に驚きました。

ソース(うすたーソース)専用とも言える部分が皿に付いているのです。
洋食器の様に一皿の中で区切っているのではなく、
「付いている」のが何だか洒落ていて好きですね。

サックリと揚がった薄めの衣の中には、旨味たっぷりの牡蠣。
芥子、ウスターソースを付け、パクリと熱々を頂けば、体の芯から温まります。

Img_0246_r

・オールド ハイボール -Highball (Whisky and soda) ''SUNTORY OLD''-・

フライは燗酒でも良く合うが、私はどうしても冷たいドリンクと合わせたがります..。
オールドをハイボールにして頂くことにしました。

熱々の揚物とハイボールの相性は言うまでもありません。あぁたまらん...。

Img_0271_r

・やきとり (つくね/レバー/正肉) -Yakitori (Grilled chiken)-・

最近は様々な形の「つくね」を見かけますが、執筆者は団子状が一番好きです。
昔から造り方が変わらないという「つくね(手ごね)」は、
鶉卵とおろしを付けて頂きます。

しっかりとした食感、甘めのタレが、これまた良く合います。

レバー、正肉は食べ応えのある大きめの肉だが、
パサツキは一切無く、こちらも旨いですねぇ..。

Img_0279_r Img_0289_r

・揚げ出し豆腐 -Deep fried tofu-・

黄金色の美しい色を纏った揚げ出し豆腐に、
タップリと刻み海苔・葱、大根・紅葉おろし。
その姿は器と合わせれば、尚のこと芸術品の如し...というやつです。

サックリとした衣に熱々で滑らかな豆腐の味わい....
御汁の優しい味におろしや海苔・葱が良いアクセントとなってます。

私は特にこの御汁が好きで、残ったおろしや薬味と共に、
スープの様に飲みきってしまいます。

これで酒の酔いを優しく覚ますのです。

────────────────────────────────Makiri_tibi
【まとめ】

・刺身から揚物まで
何を食べても安心して頂ける...、
どれも心が篭もっており、旨いです。

・昔の渋谷の姿、「星輝」という店の
歴史と由来は大変興味深い話です。

この話は是非とも直接、
女将さん達の口から聞いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-07-05

小料理屋 -A SMALL RESTAURANT- 「昼下がりの銀座で一杯」

Takeo_1_2報告者:悸原 猛雄
Reporter:Takeo Kihara

場所:銀座
Location:Ginza

店名:季節料理 三原
Shop Name:Mihara

ジャンル:小料理
Restaurant genre:A small restaurant

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_3509_r_filtered

Takeo_kabe_2昼下がりの一杯は朝酒とはまた異なった魅力があるのぉ。

風によって暖簾は泳ぎ、
そこから忙しなく動く人々を見つめながら呑むのが、
何とも言えない魅力なんじゃ。

さて今回は銀座のシネパレス。つまり三原橋地下街じゃな。

今ではすっかり橋の面影は無く、
下には河の代わりに映画館と酒場街が広がっておる。

「季節料理 三原」はその中の一軒。
三原橋地下街では
一番の古株(昭和四十年台 (196?)創業)だそうじゃ。

以前は御夫婦でやられていたようじゃが、
現在はママさんが一人で切り盛りなさっておる。

三原では、新鮮な魚介類(刺身、焼き、炒め)を
リーズナヴルに頂ける

特に、鍋料理/おでんもあり、
寒さが厳しい冬場にはとても嬉しいのぉ...。

それにしても、定食にある牛肉オイル焼きという名の響きが、
何だか良いのぉ...。

────────────────────────────────

頂いたものは以下の通りじゃ。

Img_9280_r Img_9282_r Img_9281_r

・定食スタイル(白菜漬け / なめこの御味噌汁)・

白い御飯になめこ汁に白菜漬け。
こーいうものって何で外で食べるとこんなに旨いんじゃろうな...。

※ママさんが暇なときは、
ホワイトボードに書かれた肴を定食スタイルにしてもらえるぞ。

Img_9079_r

・ぬる燗 菊正宗 -Nurukan (Lukewarm sake) ''Kikumasamune''-・

お酒は菊正宗、他には樽酒に焼酎(雲海、黒甕)、瓶ビールとシンプルな品揃え。
菊正宗は燗でも冷でも旨いのぉ..。安心する味じゃ...。

Img_9028_r

・お通し 生いくらおろし
-Otooshi (small appetizer) Salmon roe with grated radish- ・

いくらの旨味とおろしの辛味が良いのぉ。

Img_9032_r

・桜海老のポテトサラダ -Potato salad (Sergia lucens)-・

これは旨いなぁ。桜海老の香ばしい食感、
また海老の身も入った贅沢なポテトサラダじゃ。

Img_9278_r

・赤玉の玉子焼き (甘) -Tamagoyaki (Japanese omelet)- ※味付けは選べます・

母の玉子焼きはダシ巻きだが、甘い玉子焼きも好きなんじゃ。
ちょっとカリっとしている部分もあって、フルフルな白身部分があって...口の中は幸せ状態じゃ。

Img_9284_r

・子ダコの塩焼き -Broil small octopus with salt-・

刺身だと水気が多く、独特の臭みもあって不人気なアフリカ産の蛸じゃが、
焼けば、とても柔らかくジューシーで旨いのぉ。
産地によって調理法を替えれば、どれもが逸品になる、というわけじゃ。

Img_9037_r

・牡蠣鍋 味噌味 -Oyster nabe (Miso)- (ポン酢も選べるぞ。)・

プリップリの生牡蠣がタップリと♪
牡蠣の旨味に味噌の味わいの合わさりがたまらなく旨いの。

白菜や茸類、春菊に豆腐...、心の底から暖まれるぞ。やはり冬は鍋じゃのぉ..。

Img_9071_r

・牡蠣鍋 おじや -Rice gruel-・

鍋といえば、やはり「おじや」を頂かなくてはの。

牡蠣の旨味、出汁をしっかり吸った熱々のおじやをハフハフしながら頂く.....。
あぁ、日本人で良かったと思える瞬間じゃ。

七味をかけて頂くと、ピリッとして旨いの。

Img_9078_r

・お新香(サーヴィス) -Pickle (Service)-・

こちらはおじやの際にサーヴィスで頂いたお新香。サッパリとした浅漬けじゃ。
こういった気遣いをしてくれるのが、とても嬉しいのぉ。

────────────────────────────────Takeo_tibi_3 
【まとめ】

・新鮮な魚介類をリーズナブルに頂けるぞ。

・年季の入った檜のカウンターは
とても居心地が良く、落ち着くのぉ...。

・ホワイトボードには、
その日のお薦めがズラッと書かれており、
何を食べようか悩む楽しみがあるのぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-22

小料理屋 -A SMALL RESTAURANT- 「日替わりが楽しい小料理屋」

Takeo_1_2報告者:悸原 猛雄
Reporter:Takeo Kihara

場所:恵比寿
Location:Ebisu

店名:卯め
Shop Name:Ume

ジャンル:小料理
Restaurant genre:A small restaurant

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_3302_filtered_r

Takeo_kabe駅前から少し外れた場所にある
恵比寿新橋商店街内には個性的な名店が多いのぉ。

今回はその中の一軒、
コンクリート造りにライトアップされた木製の引き戸と、
ちょっぴりお洒落な店構えの「卯め」じゃ。

外観は、いかにも賢治君が好みそうな
コース制の割烹の様じゃが、「卯め」は小料理屋である。
(正式ではないが、居酒屋というより小料理じゃろう)

店内の造りは、
よく見かけるカウンター席で主人と対面式...ではなく、
厨房とテーブルメインの客席が完全分断されているのが
面白いのぉ...。

品書きには美麗な字(達筆!)で
旨そうな肴の名ばかりがズラリと連なっているんじゃ。

卯めでは、日替わりの肴が一番の楽しみ。
例えば、小鉢三品セットは酒呑みにとって嬉しいのぉ。

また、酒の揃いにも拘りが在るように感じられる。

丸西酒造の芋焼酎 むかしむかし古酒に
初めて出会ったのも此処「卯め」だったんじゃ。

────────────────────────────────

頂いたものは以下の通りじゃ。

Img_0137_r_r

・鶴齢 燗酒 -Hot sake ''Kakurei''- (新潟県南魚沼市塩沢 青木酒造)・

口に含むと、まずは甘みを感じつつ後に来るまろやかな辛味が旨いの。
ジワジワと気持ちよく酔わせてくれる、好きな酒じゃ。

Img_0138_r_r

・お通し -Otooshi (small appetizer)-・

とろろに葱、刻み海苔を和えたもので、醤油をちょろっと垂らして頂く。

Img_0140_r_r

・小鉢三品セット -Small dishes-・

卯めの楽しみの一つである、小鉢三品セットじゃ。
呑兵衛にとってはたまらない三品がちょっとずつ頂けるのが何とも嬉しいのぉ。

この日は、(左から)しらすおろし/菜の花からし和え/ヤーコンと豚肉の炒め煮じゃ。
ヤーコンはサクサクとした食感が癖になる一品。

Img_0145_r_r

・自家製スモーク盛り合わせ -Homemade Smoke (Chiken,Cheese,Egg,Salmon)-・

鮭/チーズ/玉子/鶏肉と種類もボリュームもタップリ目なのが嬉しい盛り合わせじゃ。
スモーク独特の豊かな香りと程良いしょっぱさが、酒をグイッグイッと進ませる。

Img_0149_r_r

・ほうぼう刺 -Sashimi (Red gurnard)-・

卯めは刺身も新鮮で旨いんじゃ。
この日は、「ほうぼう」。しっかりと締まった身は上品な淡白な味わいがたまらんの。

Img_0151_r_r

・芋焼酎 むかしむかし古酒 -Potato shōchū ''Mukashi mukashi kosyu''-・
(鹿児島県曽於郡有明町蓬原 丸西酒造) 

店主おすすめ芋焼酎のひとつである、
ネーミングがシンプルで覚えやすい「むかしむかし古酒」。
「むかしむかし」を三年以上寝かせたものなんだそうじゃ。

強烈な芋の香りと味を想像したが、さわやかな甘みに香りが心地よく体内を巡る。
だが焦ってグイグイ呑もうとするならば、酒の持つ牙に八つ裂きにされることじゃろう..。
ゆっくり...ゆっくりと味わう為の、芋焼酎である。旨い。

Img_0155_r_r

・ほたて豆腐の揚げ出し -Deep fried ''Hotate (Scallop) tofu''-・

揚げ出し豆腐にホタテの餡かけをかけたもの...を予想していたんじゃが、
別の姿でそれはやってきたんじゃ。

タップリのおろしに葱に柚子皮....で、ドーーンと大きな掻揚げのような...
揚げ出し豆腐。はて....一体どこにホタテが....??

Img_0157_r_r

開けてビックリ、何と表現すれば良いんじゃろか...。
ホタテがタップリと入ったハンバーグ状の豆腐と言えば通じるじゃろうか。

口に含むとまずサックリとした食感。
次にホタテの豊かな味わいが口いっぱいに広がり、
豆腐のやわらかな食感が心地よく合間に入るという.....。
いやはや、大変素晴らしい逸品じゃ。

────────────────────────────────Takeo_tibi_3 
【まとめ】

・日替わりのお品書きが
多く用意されているのは大変魅力じゃな。

・軟骨揚げにしてもセロリを加え、
甘辛酢仕上げにしたり、鶏唐揚げでは、
炒り豆腐が加えられてたりと、
料理に一工夫加えられているのが、良いのぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-03

居酒屋 -IZAKAYA- 「静岡で魚介を喰す!」

Takeo_1_2報告者:悸原 猛雄
Reporter:Takeo Kihara

場所:静岡
Location:Shizuoka

店名:鹿島屋
Shop Name:Kashimaya

ジャンル:居酒屋
Restaurant genre:Izakaya

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_0346_r_filtered_r_2

Takeo_kabe

此処、鹿島屋は昭和三年(1928)創業。
地元のみならず、居酒屋ファンの間では有名なお店じゃ

カウンターは五席、小上がりを中心とした店造りである。

駿河湾の地魚は勿論、静岡名物の黒はんぺんから
お得な
牛鍋まで、旨いものがズラリと揃っておる。

名物は厚切りの鰹。鹿島屋といえばコレじゃ。

そして個人的には鰻の肝も頂いて欲しいのぉ。
あそこまで新鮮で濃厚な肝焼きを頂いたのは初めてじゃ。

訪れた日は、酒は静岡の地酒『磯自慢』を冷酒で頂いた。

さっぱりとした甘さで、冷酒・冷や・燗、
どんな呑み方にしても美味しい酒だのぉ。

────────────────────────────────

頂いたものは下記の通りじゃ。

Img_0359_r_filtered_r

・名代かつお刺 -Sashimi Bonito-・

鹿島屋といえば鰹じゃ。

超厚切りのその姿は、見るものを圧倒させる。(ちなみに厚さ3cmだとか!)
鰹のとろけるような旨味が口いっぱいに広がる逸品での、もうたまらん!

Img_0360_r_filtered_r

・蛸刺し -Sashimi Octopus-・

いつも以上に眩かんばかりに美しく見える蛸の身。流石は地の力じゃ。
紅葉卸をちょいと付けて...甘みのある身、こりっとした食感がたまらんのぉ..。

Img_0361_r_filtered_r

・背黒鰯刺し -Sashimi Sardine (Seguro iwashi)-・

うっすらと美麗に黒色がかっているが分かるじゃろうか。
鰯ってこんなに上品な味の魚だったかなと一瞬思わせるほど、美味な鰯じゃ。

Img_0364_r_filtered_r_2

・生牡蠣 -Sashimi Oyster-・

プリップリの身は濃厚かつミルキーな甘みがあって旨いのぉ。

Img_0363_r_filtered_r

・鰻の肝焼き -Grilled Eel liver stick-・

鹿島屋で必ず食すべき逸品じゃ。
肝は大振りであり、旨味+程よい苦味が口いっぱいに広がる。
東京の鰻屋でも、そうそうお目にかかれまい。

────────────────────────────────Takeo_tibi_3 
【まとめ】

・超厚切りの鰹は見た目・味共に圧倒的。
鹿島屋でしか味わえないことじゃろう。

・当たり前だが、どれも新鮮、言うことなしじゃ。

・鰻の肝焼きは必食しなければならぬ逸品じゃ。
大振りで、ほのかに甘みのある
肝の苦味がたまら~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

・チャット -Chat- | ・夜 -DINNER- | ・昼 -LUNCH- | ・昼下がり -EARLY AFTERNOON- | ・朝 -BREAKFAST- | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\10000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\1000  | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\2000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\20000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\3000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\4000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\500 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\5000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\7000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\8000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\9000 | (場所)中野 -NAKANO AREA- | (場所)六本木 -ROPPONGI AREA- | (場所)南青山 -MINAMI AOYAMA AREA- | (場所)台場 -DAIBA AREA- | (場所)大塚 -OOTUKA AREA- | (場所)広尾 -HIROO AREA- | (場所)恵比寿 -EBISU AREA- | (場所)新宿 -SHINJUKU AREA- | (場所)新橋 -SHINBASHI AREA- | (場所)日本橋 -NIHON_BASHI AREA- | (場所)有明 -ARIAKE AREA- | (場所)木場 -KIBA AREA- | (場所)板橋 -ITABASHI AREA- | (場所)池袋 -IKEBUKURO AREA- | (場所)浅草 -ASAKUSA AREA- | (場所)渋谷 -SHIBUYA AREA- | (場所)目白 -MEJIRO AREA- | (場所)神宮前 -JINGUUMAE AREA- | (場所)神田神保町 -KANDA_JINBōCHō AREA- | (場所)神田須田町 -KANDA_SUDACHO AREA- | (場所)船堀 -HUNABORI AREA- | (場所)茅場町 -KAYABACHO AREA- | (場所)要町 -KANAMECHO AREA- | (場所)赤坂 -AKASAKA AREA- | (場所)青山 -AOYAMA AREA- | (場所)静岡 -SIZUOKA- | (酒)居酒屋 -IZAKAYA- | (酒)立ち飲み -STANDING BAR- | (食)うなぎ -Unagi- | (食)おやつ -Snack time- | (食)お持帰り -Take out- | (食)お結び -Omusubi- | (食)どぜう -Dojo- | (食)グランメゾン -GRANDE MAISON- | (食)トラットリア -TRATTORIA- | (食)パン -Bread- | (食)ビストロ -BISTRO- | (食)ピッツェリア -PIZZERIA- | (食)ブラッスリー -BRASSERIE- | (食)リストランテ -RISTORANTE- | (食)中 -CHINESE CUISINE- | (食)仏 -FRENCH CUISINE- | (食)伊 -ITALIAN CUISINE- | (食)会席/懐石料理 -Kaiseki ryōri- | (食)割烹 -JAPANESE RESTAURANT- | (食)和 -JAPANESE CUISINE- | (食)和菓子 -Wagashi- | (食)喫茶 -CAFFE- | (食)天婦羅/天麩羅 -TEMPURA- | (食)寿司 -SUSHI- | (食)小料理屋 -A SMALL RESTAURANT- | (食)御弁当 -Lunch box- | (食)拉麺 -Noodle- | (食)無国籍 -FUSION- | (食)焼豚 -YAKITON- | (食)甘味 -SWEETS- | (食)鉄板焼 -TEPPAN_YAKI- | (食)饂飩 -UDON-