2009-09-21

洋菓子 -Sweets- 「子供も大人も。ど~れにし・よ・う・か・な♪」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:広尾
Location:Hiroo

店名:アレグレス
Shop Name:Allegresse

ジャンル:洋菓子
Restaurant genre:Sweets,Dessert

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_6949_r

Mamiko_kabe_2

広尾は、スイーツの激戦区。
ショコラからカントリー風菓子まで様々な個性豊かな店が揃ってます。

今回はそんな中の一店「アレグレス」さんにお邪魔したの。

オーナーパティシエ:塩谷 茂樹 氏の
「近所の駄菓子屋のように子供達が気軽に来て、
握り締めたお小遣いでお菓子を買える店にしたかった。」
とあるように、
1個40円のメレンゲや80円の南フランスの焼菓子「カリソン」等もあり、、
大人だけでなく子供達にも人気のあるパティスリーなの。

ちょうど目の前の小学校の子達が買いに来るのも
よく見かけます~。可愛い♪

さてさて、アレグレスでは、生/焼菓子共に
常時用意されている種類は豊富。
あと惣菜でキッシュも造られています。
こちらも美味しそう~。

イートインではドリンクだけでなく、ソルベのサーヴィス等
イートイン専用のメニューも充実してます♪

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

3_2
(↑ひとつひとつがリーズナヴルなので、二個三個とついつい頼んじゃうの♪)

Img_5752_r

・タルト オ フリュイ -Tarte aux fruits-・

しっかりとしたタルト生地の上に、
イチジクやキウィにベリー系等のみずみずしいフルーツの山。

フルーツの自然の甘みがたまらな~いの♪
果汁を吸って表面がしっとりとしたタルト生地がとても美味しい。

Img_5754_r_2

・ゼフィール -Zephyr-・

レモンムースの中にマンゴークリーム、アクセントとしてショコラスポンジでしょうか。

レモンムースって食べ続けているとクドさを感じてきてしまいがちだけど、
何だろう...ミントの風味やライチの香りを加えられているからかな、
爽やかな酸味・さっぱりとした甘みが癖になって、全然飽きが来る事無くぺロリ。

マンゴークリームの酸味やショコラスポンジの風味が良いアクセント♪

Img_5753_r

・エクレール オ ショコラ/カフェキャラメル -Eclair au chocolat/cafe caramel-・

アレグレスのエクレア生地はシッカリとしていて、好き。

クレーム オ ショコラにクレーム オ カフェキャラメル。
二つともネットリとした濃厚な甘さで美味しい~。

特にカフェキャラメルは苦味がしっかりと効いていて、大人の味。

Img_6945_r

・ネヴァ -Nevea-・

濃厚かつ滑らかなホワイトチョコレートムースの中にはショコラ・フォー、と
二種のショコラを同時に味わえるという贅沢な洋菓子なの。

ショコラフォーは絶妙な焼き加減で、見事な半生感覚の口当たり。
また、二種のショコラで口が満たされた中に、
別の甘さとしてタップリと入れられたチェリーが、良いアクセントね。

Img_6946_r

・ノワゼティーヌ -Noisettine-・

ノワゼットのダックワーズ生地にハチミツ風味のムースを乗せているの。

控えめな甘さのハチミツムースにダックワーズ生地がとても合います。
また、贅沢にも大振りのへーゼルナッツがタップリと使われていて、
カリカリッとした食感が凄く楽しい!

Img_7360_r_filtered

・サヴァラン セゾン -Savarin saison-・

アレグレスのサヴァランは、たっぷりとシロップが染み込んだブリオッシュ、
洋酒の主張はそこそこに、
カスタードクリームと砂糖漬けの果物の甘さ...。

とても絶妙なバランス具合...う~ん、これは好き。

Img_7362_r_filtered

・シャンテーニュ -Châtaigne-・

胡桃入りビスキュイのサクッフワッとした食感に、
コクのあるマロンクリームの組み合わせは、良く合ってるの。

ノチェロの香りの効用は具体的には良く分かりませんが、一口一口含む毎に、
まるで、''秋が訪れた素朴な風景'' の中に佇んでいるかのような気分にさせてくれるの。

Img_7364_r_filtered

・ガトー オ フレーズ -Gateau aux fraises-・

日本洋菓子の定番、苺のショートケーキ「ガトー オ フレーズ」。
デコレーションには苺の他に、野苺なの。

野苺の中には、ナパージュが詰められているという、ちょっとしたサプライズ♪

ふんわりとしたスポンジ生地に、程よい量・甘さの生クリーム、
そしてたっぷりと入った苺のさっぱりとした甘酸っぱさによって、
全体的にさっぱりとした甘さの洋菓子に仕上がってるの。

Img_7306_r

・シュー ア ラ クレーム -Chou à la crème-・

木の実入りのシュー生地のサクッサクッとした食感が美味しい。
中には、バニラビーンズたっぷりの濃厚なカスタードクリームが溢れんばかり♪

Img_7309_r

・レガル -Regal-・

モカ風味のアーモンドビスキュイに、プラリネクリームをサンド。デコレーションが綺麗なの~。

しっとりとしたビスキュイ、プラリネクリームとも若干ほろ苦みを感じつつも、
全体的には優しめな甘さなの。

Img_6948_r

・タルト カンパーニュ -Tarte Campagne-・

フィユタージュ生地にバター、角切りの林檎に砂糖を乗せた、
まるでピッツァのような焼菓子なの。
イートインで注文すると、温め直してくれま~す。

まずは、香ばしい香り。
次に、しっかりと良い食感・甘酸っぱさを感じる林檎に、バターと焦がし砂糖の風味。
そして、サクッサクッとしたフィユタージュ生地。

たまりませ~ん....。

Img_7181_r

・デリス オ ピスタージュ -Delices aux pistacchio-・

北海道産チーズのムースにピスタチオのムースの組み合わせ。
濃厚かつ、滑らかな2種の甘さの調和が見事な作品なの。

全体的に優しい甘さ。
(恐らくカラメリゼしたと思われる)ムースの下に敷かれた
へーゼルナッツのカリッサクサクッとした食感が良い♪

Img_7184_r

・オペラ -Opera-・

しっとりフワリとしたビスキュイ生地にクリームやガナッシュをサンドした、
贅沢な味わいが特徴の定番作品。美麗なグラサージュも特徴的なの。

クリームは勿論、ビスキュイにもほんのりとした甘さがあります。
全体的にビターではないので、誰でも美味しく頂けるオペラでしょう。

Img_9902_r

・タンタリオン(だっけ?)・

甘酸っぱい苺のムースの中には、たっぷりのバジル風味のムース。

口いっぱいに甘酸っぱさが広がりつつ、ほのかにバジルの香り。
ちょっぴり不思議な味わいの作品。

Img_9910_r

・ミルフィーユ -Mille_feuille-・

しっかりと焼きこまれた厚みのある、サックサクのフィユタージュ生地。
中には、生クリーム&フルーツ入りのカスタードクリームの二重奏。定番ですね♪

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・ひとつひとつの値段がお安め。
ついもう一個、もう一個と選んでしまいます。

・何と表現したら良いんでしょう...。
嫌味の無い、けれども美しい洋菓子達w
姿も味もしっかりとしていて、
更にお値段が安いので、私は気に入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-06

ジェラテリア -Gelateria- 「絶品!お野菜のジェラート」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:広尾
Location:Hiroo

店名:GELATERIA ACQUA PAZZA
Shop Name:GELATERIA ACQUA PAZZA

ジャンル:ジェラテリア
Restaurant genre:Gelateria

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5592_r_filtered

Mamiko_kabe_2

散歩中に急にお野菜のフレーヴァーのジェラートが
食べたくなって頭に思い浮かんだのは、
此処「GELATERIA ACQUA PAZZA」。

イタリア・ミラノのイタリアンジェラート“CREMAMORE”と
日高良実シェフとのコラポレーションとのこと、です。

ちなみに右手はイタリアン「ACQUA VINO」、
地下に「ACQUA PAZZA」。
全て同じグループなの。

ていうかジェラテリア...ひっそりし過ぎでしょw

店内は小さいながらも、ちょっとした
スタンディングタイプのイートインスペースがあるので、
いつもそこで頂いてます。

あ、そうそう。
ACQUA VINOのカウンター席やテラス席をご利用することも可能だそうです。

さて、どれにしようかな♪

各フレーヴァーの上にはフルーツや野菜が飾られており、どれも美味しそう。
どれにしようか悩んでいると店のお姉さんが、
味見させてくれたりします(嬉ちぃ♪)。
────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_6804_r

・Grande キウィ&ティラミス&シュシュ・

「キウィ」は、粒粒の種の食感を残した、甘酸っぱいお味。
「ティラミス」は定番のクリ~ミ~な味わいが特徴のフレーヴァーですね。

「シュシュ(キャラメルとナッツ)」はミルキーな甘さの中に、
キャラメルのほろ苦さを感じます。
粒粒のナッツの食感も良いですね。

Img_5590_r_filtered_2

・Grande セロリ&トマト&ソルダム・

「ソルダム」はスモモの一品種。
ちょっぴりパンチのある酸味が美味しいんですよね~。
ジェラートでも同じ味わいでした。熱い夏にピッタリ。

「トマト」は、しっかりとトマトの持つ甘味・酸味、そしてみずみずしさが伝わる逸品。

「セロリ」には驚かされました。
全体的にセロリの持つ爽やかな苦味を感じられ、
シャキシャキとした食感(粒状にセロリが混ぜてあると言いますか...)も、
味わえます。
これは美味しい、好きですね。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・「お野菜」のフレーヴァーが美味しい!
特にオススメは「セロリ」!
あの爽やかな苦味がたまりません♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-04

フレンチ -French- 「自然派ワイン片手に美味しいお食事を。」

Yukari_1_3

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:広尾
Location:Hiroo

店名:ル・ギャルソン・ドゥ・ラ・ヴィーニュ
Shop Name:Le garcon de la vigne

ジャンル:フレンチ
Restaurant genre:French

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5568_r

Yukari_kabe

見て!この外観。
正にザ・ビストロ!て感じしない?

というわけで今回は広尾商店街内の
人気店「ル・ギャルソン・ドゥ・ラ・ヴィーニュ」。

自然派ワインと美味しい料理をリーズナヴルに頂けるビストロよ。

入り口扉に近づくと、オーナー(ソムリエ)である、
飯野 瑞樹さんが迎えてくれます。

細長く、テーブル席を中心とした、こじんまりとした店内は
温かみがあって居心地の良い空間ね。
ちなみに私は入り口近くの、
厨房が一望できるカウンター席がお気に入り。
(オーナーとも色々と世間話をできるし....。)

ランチ、ディナー共にコースメニューが充実。
アラカルトでワインを楽しむのも良いわね。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

Img_5557_r

・パン -Pain-・

ライ麦の様な、素朴な味が好き。
大抵フランスパンタイプだったりするから、こういうパンが出てくると嬉しいわね。

────────────────────────────────

【前菜 -Entrée-】

Img_5553_r

・前菜 -Entrée- 農園からの一皿・

正に農園をそのまま味わっているかのような一皿ね。
野菜の中には、美しい半熟の玉子も隠されており、
何だか''自然に感謝しなければ''、という気持ちにさせてくれるわね...。

ドレッシングはマスタードや蜂蜜を使われていて、
何とも言えないまろやかな酸味が美味しいわ。

Img_9888_r

・前菜 -Entrée- 本日の野菜のポタージュ (さつまいも)・

ト~ロトロのさつまいもポタージュ。
熱々で、さつまいもの甘みを素直に感じられるクリ~ミ~なスープね。

────────────────────────────────

【主菜 -Plat-】

Img_5560_r

・主菜 -Plat/Viandes- 箱根山麓豚の塩ロースト マスタードソース・

これはすごいわね!どーんと迫力満点なメインだわ....。

この分厚さといい、いい感じのロースト具合による美味しそうな色といい...。
そしてナイフを入れれば、ほんのりと桃色が残る断面に溢れる肉汁...。
あぁ、いいわぁ...。

しっかりとしたお塩の味、柔らかくジューシーな豚の旨味、
そしてマスタードソースの程良い酸味。この三味一体がたまらないわね。

付け合わせは、クリ~ミ~な味わいのシンプルなパルメザンリゾット(と思います)に、
トマトの味をしっかりと感じるラタトゥユ風温野菜と、全体的にかなりのポーションね。

Img_9893_r  Img_9896_r (↑添えられたマスタードはソース・マヨネーズの様なまろやかさがありつつも、
辛味もしっかりあって、お肉を異なった味わいへと変化させてくれるわね。)
 

・主菜 -Plat/Viandes- タスマニア産牛ロースのグリル レモンバターソース・

タスマニアは、オーストラリアの南端に浮かぶ島のことね。

脂身と赤身のバランスが良く、また絶妙なグリル具合のおかげもあるわね。
国産ブランド牛に引きをとらない美味しさが感じられるわ。


レモンバターは肉に、芳醇な香り、まろやか味を加え、また(レモンの効用かしら?)サッパリとさせてくれるのも良いわ。

────────────────────────────────

【デセール -Dessert-】

Img_5563_r

・デセール -Dessert- 白桃のムース・

白桃のしっかりとした濃い甘さが感じられるわね...。
果実の食感を楽しめるのも良いし、
ソースを吸って、しっとりとしたサブレ生地も美味しいわ。

────────────────────────────────

【カフェ -Cafe-】

Img_9897_r

・食後のコーヒー・

食後はホットコーヒー、カプチーノなど希望に応じてくれる。
ル・ギャルソンのコーヒーは香り・味も良く、中々のものだわ。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・リーズナヴルに美味しいお料理とワイン。
ビストロの正しい姿だわ。

・オーナーは面白い方です。
自然派ワインについて色々と教えてくれるわ。
勿論世間話も♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-08-10

ジェラテリア -Gelateria- 「アレも食べたい、コレも食べたい。」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:広尾
Location:Hiroo

店名:ラ・ナポリ
Shop Name:napoli Hiroo

ジャンル:ジェラテリア
Restaurant genre:Gelateria

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_3700_r_filtered

Mamiko_kabe_2

氷菓子が好きなの。

アイスキャンディー、アイスクリーム、
アイス饅頭にアイス最中にカキ氷。
それから忘れてはならない、ジェラート。

大手高級スーパー明治屋内にある
ジェラテリア「ラ・ナポリ」は
私が子供の時から通うジェラテリア。

前はアイスケーキとかも扱っていたんだけど、
現在はメインのジェラートにソフトクリーム、
他にパスタといった軽食、ドリンク類といった感じ...。
う~ん...大分変わったわね...。

あ、PUPUやPICOAといった自社製品も購入できます。
(これ案外ファン多いのよね~)

それにしても、ズラリと並ぶ
様々な色彩のフレーヴァーは見ていて楽しいの。

定番のヴァニラやカフェオレにクッキークリームから、
季節限定の西瓜や「塩」、枝豆など、
様々な食材のジェラートを「ナポリ」では味わえるの。

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_3701_r_filtered_r_4

・(左上)カプチーノ(カフェオレ味?) -Cappuccino flavor-

ほろ苦さとミルキーな味わいが癖になるフレーヴァーです。

・(右上)西瓜 -Watermelon flavor-

さっぱりとした西瓜の甘みとジェラートのミルキーさが合わさって、
不思議な甘みです~。

・(左下)海のジェラート -Sicily's salt flavor-

イタリアシシリー地方の厳選された塩が使われているの。
塩キャラメルのような、ほんのり甘じょっぱい風味が癖になるね。

・(右下)枝豆 -Green soybeans flavor-

日本人が好みそうな、甘さの中にほのかにしょっぱさが感じられる風味。
粒粒の枝豆の食感が面白~い♪

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・逸品は枝豆フレーヴァーですね♪
粒粒の枝豆の食感が癖になります。

・海のジェラートも塩キャラメルの様で、美味しかった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

・チャット -Chat- | ・夜 -DINNER- | ・昼 -LUNCH- | ・昼下がり -EARLY AFTERNOON- | ・朝 -BREAKFAST- | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\10000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\1000  | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\2000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\20000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\3000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\4000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\500 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\5000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\7000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\8000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\9000 | (場所)中野 -NAKANO AREA- | (場所)六本木 -ROPPONGI AREA- | (場所)南青山 -MINAMI AOYAMA AREA- | (場所)台場 -DAIBA AREA- | (場所)大塚 -OOTUKA AREA- | (場所)広尾 -HIROO AREA- | (場所)恵比寿 -EBISU AREA- | (場所)新宿 -SHINJUKU AREA- | (場所)新橋 -SHINBASHI AREA- | (場所)日本橋 -NIHON_BASHI AREA- | (場所)有明 -ARIAKE AREA- | (場所)木場 -KIBA AREA- | (場所)板橋 -ITABASHI AREA- | (場所)池袋 -IKEBUKURO AREA- | (場所)浅草 -ASAKUSA AREA- | (場所)渋谷 -SHIBUYA AREA- | (場所)目白 -MEJIRO AREA- | (場所)神宮前 -JINGUUMAE AREA- | (場所)神田神保町 -KANDA_JINBōCHō AREA- | (場所)神田須田町 -KANDA_SUDACHO AREA- | (場所)船堀 -HUNABORI AREA- | (場所)茅場町 -KAYABACHO AREA- | (場所)要町 -KANAMECHO AREA- | (場所)赤坂 -AKASAKA AREA- | (場所)青山 -AOYAMA AREA- | (場所)静岡 -SIZUOKA- | (酒)居酒屋 -IZAKAYA- | (酒)立ち飲み -STANDING BAR- | (食)うなぎ -Unagi- | (食)おやつ -Snack time- | (食)お持帰り -Take out- | (食)お結び -Omusubi- | (食)どぜう -Dojo- | (食)グランメゾン -GRANDE MAISON- | (食)トラットリア -TRATTORIA- | (食)パン -Bread- | (食)ビストロ -BISTRO- | (食)ピッツェリア -PIZZERIA- | (食)ブラッスリー -BRASSERIE- | (食)リストランテ -RISTORANTE- | (食)中 -CHINESE CUISINE- | (食)仏 -FRENCH CUISINE- | (食)伊 -ITALIAN CUISINE- | (食)会席/懐石料理 -Kaiseki ryōri- | (食)割烹 -JAPANESE RESTAURANT- | (食)和 -JAPANESE CUISINE- | (食)和菓子 -Wagashi- | (食)喫茶 -CAFFE- | (食)天婦羅/天麩羅 -TEMPURA- | (食)寿司 -SUSHI- | (食)小料理屋 -A SMALL RESTAURANT- | (食)御弁当 -Lunch box- | (食)拉麺 -Noodle- | (食)無国籍 -FUSION- | (食)焼豚 -YAKITON- | (食)甘味 -SWEETS- | (食)鉄板焼 -TEPPAN_YAKI- | (食)饂飩 -UDON-