2009-10-11

イタリアン -Italian- 「酒飲み女の館 -Sökkvabekkr-」

Yukari_1_2

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:恵比寿
Location:Ebisu

店名:ベヴィトリーチェ
Shop Name:Bevitrice

ジャンル:イタリアン
Restaurantgenre:Italian

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_7397_r

Yukari_kabe

お酒の神様といえば頭に思いつくのは、
ローマ神話のワインの神である、バッカス(バックス) -Bacchus- 、
すなわち、
ギリシア神話の豊穣とブドウ酒と酩酊の神、ディオニソス
-ΔΙΟΝΥΣΟ-ね。

そしてもう一人忘れてはならない、
北欧神話のアース神族の女神 サーガ -Sága-。
サーガは知識と伝承を有する女神ではあるが、
自身の館である、セックヴァベックでオーディンと共に
酒を呑み交わしていたんですって。

まぁいい生活だことw

で、何が言いたいのかったと言うと、
今回は恵比寿の路地にひっそりと佇むイタリアン「ベヴィトリーチェ」。

店の名の意は「''酒飲み女''」。
すなわち此処は、酒飲み女の館ってわけね。
地下に広がるワインセラーを見れば更に納得するわよ。

白い壁に木の柱と、シンプルな店内は居心地が良く、
どの席からでも、

オーナーシェフ堀田氏の鍋をふるう姿を眺めることができるわ。

ところで、ワインはシェフやマダムにお任せするのが良いわよ?
シェフもマダムも(シニア)ソムリエなので。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

Img_7989_r

・パン -Pane-・

しっとりやわらかタイプのフランスパン。

────────────────────────────────

【サラダ -Insalata-】

2

・サラダ・

シンプルな味のサラダ。
トマトを四方に添えられており、ちょっぴりお洒落。

────────────────────────────────

【先付け -Amuse boche-】

Img_7367_r

・サーモンの温かなリゾット包み(?)・

スプーン一口の楽しみ。
サーモンに包まれているのは、温かなリゾット...ワイルドライスかしら..。

サーモンの、口に広がるふくよかな味わいに、温かなリゾットの味が合わさりが非常に面白く、満足感の高いアミューズね。

Img_7369_r

・じゃが芋とウイキョウの冷たいスープ・

アミューズに、もう一品。
ヴィシソワーズのような、濃厚な味わいで美味しいわ。

────────────────────────────────

【前菜 -Antipasti-】

Img_7373_r

・軽くスモークした秋刀魚をカポナータと一緒に・

カポナータは、イタリアでは地域ごとに特徴がある、野菜料理よ。
サラダ状であることから、ナポリのカポナータに近いものかしらね...。

それにしても、秋刀魚のカルパッチョ(軽くスモーク)の姿がとても美しい。
大抵は、一口大にカットされてしまうものだけど.....
これはまるで、秋刀魚の身の長さをそのまま堪能しているかのようね。

カルパッチョの下には、たっぷりお野菜のカポナータに、
これまた嬉しい、身が甘い帆立のカルパッチョ。

秋刀魚と帆立のどっちがメインなのかわからなくなるぐらい、量も多目ね。

────────────────────────────────

【パスタ -Pasta_Primi piatti-】

Img_3343_r_filtered

・魚介のトマトソース・

トマトの酸味と魚介類、そしてその魚介の出汁の相性は、言うまでも無く最高。

Img_4228_r_filtered

・鶏レバーのクリームソース・

レバーは臭みが無く、プリッとして旨い。
濃厚なクリームソースは、レバーの旨味にケッパーの風味や食感も加わり、
くどさを全く感じさせないわね。これは好きだわ。

Img_7990_r

・かぼちゃのチーズクリームソース・

甘味の強いかぼちゃは秋の訪れを感じさせる。
溶けたチーズ、コクのあるクリームソースとの相性は抜群。

赤玉ねぎ、パンチェッタがアクセントとなってるわね。美味しい。

Img_9262_r_2

・色々野菜の入った子羊のミートソース・

子羊肉ではあるが、臭みもクセもまったく感じられない。
通常のミートソースとは異なり、ピリッと辛味のあるスパイシーな仕上がりね。

またナスやトマトといった野菜もタップリと入っていて、辛味・甘味の繰り返しが癖になるわね。

Img_9266_r

・ラザニア -Lasagna-・

熱々のチーズにぺシャメルソースとラグーソース(ミートソース)の合わさりがたまらないわ。
誰もが、食べて笑顔になるパスタ料理の代表というやつね。

Img_7380_r

・生ウニとコンソメゼリーの冷たいカペリーニ 
ポルチーニ茸のピュレとポロネギのクリームソース・

ベヴィトリーチェの看板料理もとい堀田シェフといえば、
この、''生ウニとコンソメゼリーの冷たいカペリーニ'' じゃないかしら。
生ウニとコンソメゼリーという組み合わせはフレンチでは、
よく見かけるけれど、冷製カペリーニという形で味わうのは、これが初めて。

海と大地の味覚の合わさり。
ウニの甘さにコンソメゼリーの旨味、ポルチーニ茸と、
ポロネギのクリームソースのアッサリクリ~ミ~な味わいの絶妙なバランスが素晴らしい!

特に、ウニの甘さの後にふわ~と優しく口を包む、ポルチーニ茸の素朴な余韻がたまらない。
なるほど、イタリアンにフレンチティストが混ざるとこうなるわけね...。

────────────────────────────────

【メインディッシュ -Secondi piatto-】

Img_7385_r_2

・蝦夷鹿のソテー、リンゴと赤ワインのソース・

リンゴと赤ワインという、フルーティーかつ深く濃厚な味わいのソースが、
肉の臭みを消してくれているわね。
柔らかな蝦夷鹿肉は、噛めば噛むほど野性味溢れる旨味が沸き立つわ。
ソースも美味しいわね。

付け合せにアスパラガスのソテー、じゃが芋のグラタン風。
う~ん....、凄いボリュームだわ。

────────────────────────────────

【ワイン -Vino-】

Img_7366_r

・キール / Aperitivo -Kir-・

定番のワインカクテルであり、食前酒でもある、キール。
白ワインの味わいがほとんどであるが、ほのかにカシスの甘みも感じるわね。

Photo

・-トスカーナ州 メリッジョ '06- / Wine -TOSCANA MERIGGIO '06-・

前菜に合わせて堀田シェフが選んでくれたのは、トスカーナ州のメリッジョという銘柄。
柑橘の良い香りに、スッキリとした酸味で辛口な点が特徴かしらね...。

秋刀魚の脂をほど良く流し、さらに余韻をも美味しくさせてくれる。
同時にカポナータや帆立のカルパッチョにも良く合うわ。

この組み合わせは気に入ったわね。

3

・-トスカーナ州 キャンティ クラシコ フォントディ '06-
Wine -TOSCANA CHANTI CLASSICO FONTODI '06-・

決してやんわりとして印象に残らない様な生易しい味では無く、果実の味を強く感じ、
そしていつまでも舌に残る余韻....。
蝦夷鹿の野性味に負けない、しかしながら旨く調和されるわね。

この組み合わせも気に入ったわ。

────────────────────────────────

【ドルチェ -Dolce-】

Img_3346_r_filtered

・(上)パンナコッタ -Panna cotta- / (下)ズッパイングレーゼ -Zuppa in glese-・

濃厚でミルキーなパンナコッタに、控えめな甘さのマロンソース(と思いますw)。

ズッパインクレーゼは、シロップで湿らせたスポンジにカスタードクリームを重ねた洋菓子。
朧豆腐のような柔らかな食感が面白いわね。

双方とも甘さ控えめで、美味しいわ。

Img_4229_r_filtered

・(左)林檎の赤ワイン煮 / (右)ズコット・

ズコットは生クリームの中に散りばめられたナッツの食感が楽しいドルチェ。

林檎の赤ワイン煮は、甘酸っぱく、大人の味。
ヴァニラアイスのまろやかな味が加わり、複雑な甘さになるわね。

Img_7995_r

・(サーヴィス) -Dolce (Service)- ティラミス・

こちらが13時過ぎの入店だとサーヴィスされるデザート。
一品に、小菓子(クッキー)が付くスタイルね。

ティラミスと言われたけど、ズコットと同様、クリームにたっぷりのナッツが加えられており、
ベヴィトリーチェオリジナルのティラミスじゃないかしら。

Img_9272_r

・(サーヴィス) -Dolce (Service)- ズッパイングレーゼ・

先にも言ったように、豆腐の様な柔らかな食感が癖になるドルチェね。

4_2

・シチリアオレンジのソルッベット、バローロ キナートをかけて・

バローロ キナートは、甘い香りに少しトロリとしたデザートワインのようなものかしらね。

爽やかな甘酸っぱさ、そして後にくる、ほんのりとした苦味。
バローロ キナートをかけることによって、香りや異なった奥深い甘みも加わり、
複雑な味わいへと姿を変えるわね。

────────────────────────────────

【カッフェ -Caffe-】

Img_9274_r

・コーヒー -Caffe-・

食後はアイスorホット珈琲/紅茶から選択する形ね。

Img_7392_r Photo_2

・ハーブティーと小菓子(クッキー)・

ランチのドルチェのお皿でも見かけた、黄色の猫ちゃんと再会♪
ハーブティーを頂きながら、しばし余韻を...。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・千種以上も置いてあるという地下ワインセラー。
ワインメニューは
見ているだけでも目が回ってしまいそうね。

・ランチのパスタは、ほぼ日替わり。
13時過ぎの入店だと、
デザートがサービスされるわよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-24

アイスクリーム -Ice cream- 「やっぱり、''和''が一番♪(かな?)」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:恵比寿
Location:Ebisu

店名:JAPANESE ICE OUCA
Shop Name:JAPANESE ICE OUCA

ジャンル:和風アイスクリーム
Restaurant genre:JSIC

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_6214_r

Mamiko_kabe_2

そういえば、日本っぽいアイスクリームを最近食べてないの。

どんなアイスクリーム屋やコンビニに行っても、
日本っぽいアイスクリームって
大体「お抹茶」や「小豆」はあるけれど、
積極的にオーダーすることは、私はあんまり
無いの。

でも今一度、日本らしさが詰まったアイスクリームを考えよう!
ということで、やって参りましたのは
恵比寿「OUCA」。

こちらは看板に''JAPANESE ICE''と在る様に、
日本の食材を使ったアイスクリーム店なの。

日の光が程良く入る店内は、明るく清潔感があって、
イートインコーナーもしっかりと設けられているの。

アイスクリーム以外には、
旬の食材を活かしたパルフェやあんみつ等といったのも
充実してるの♪

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_6220_r
(↑サーヴィスで塩昆布、ほうじ茶)

ちなみに、OUCAではサーヴィスとして京都宇治田原のほうじ茶(セルフ)、
口直しとして「塩昆布」も付いてくるの。

甘い・しょっぱいのループ、最後にほうじ茶で〆。という風にできるわけです。

Img_6802_r

・山櫻 抹茶&南瓜&薩摩芋 -Yamazakura (Flavor:Maccha&Pumpkin&Sweet potato)-・

アイスクリーム自体は濃厚でなめらかな口当たりなの。

抹茶独特の心地良いほろ苦さ。
そのまま頂いているかの様な薩摩芋と南瓜のホクホクとした甘さ。
この組み合わせは絶品でした♪

Img_6217_r

・山櫻 梨&巨峰&栗 -Yamazakura (Flavor:Pear&Grape&Chestnut)-・

こちらは正に秋の味覚尽くしってやつなの♪

梨と巨峰はソルベになっており、さっぱりとした口当たりで、
しっかりと果実の甘味も感じられます。
まるで果実をそのまま頂いてるかのような、自然の甘みが美味しい~。

栗もほんのりとした控えめな甘さ。粒粒の栗の食感も味わえます。

Img_5547_r

・抹茶サンデー -Maccha sundae-・

ちょっと抉れている(笑)のは、スプーンを抜いてしまったからなのw

タップリの抹茶アイスに牛乳アイス、白玉や粒餡と贅沢なサンデー。
かりんとうが添えられているのが、とてもお洒落♪

面白いのは、中に詰められたカリッサクッとした「揚げおかき」の存在なの。
食感と共に甘さの中に切なさを感じる程の塩分も感じられ、''甘じょっぱさ''を楽しめます。

Img_7987_r

・カラメルかぼちゃパフェ -Pumpkin parfait with Caramel sauce-・

上はかぼちゃの果肉にかぼちゃアイス。
中はカラメルを染み込ませたスポンジ。
そして下には、とろけ~る甘さの~牛乳アイス!♪

旬のかぼちゃは甘みが強く、余韻がいつまでも残ります。
牛乳アイスやスポンジと絡めて食べても、
かぼちゃのほっこりとした甘みが一番に印象に残るぅ♪

それにしても見た目が美しいですね。秋の訪れを感じさせてくれます。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・パルフェやサンデー、ゼリー類(抹茶ゼリー)など、
アイス以外のメニューも豊富です。

・巨峰や薩摩芋等、旬を感じるフレーヴァーが
多いのが嬉しいですね。

・ほうじ茶と塩昆布のサーヴィスは◎。
ちなみにお持ち帰りでも、塩昆布は付きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-08-28

遠い記憶 -MY MEMORIES ''Chinese cuisine'' 「悲しい時。辛い時。疲れた時。どんな時にも、元気をくれたカツカレー。」

Reika_1報告者:李 麗華
Reporter:Li Reika

場所:恵比寿
Location:Ebisu

店名:金華
Shop Name:Kinka

ジャンル:中華屋
Restaurant genre:Chinese

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Dsc02675_r_filtered

Reika_kabeどんな町にも一軒と言わず、数軒ある中華屋さん。

ラーメンに炒飯、餃子にワンタン、
あるいはオムライスやカレー。
祝い事の時には、
ちょっと本格的な五目うま煮や海老チリソースなどの料理。

恵比寿に、ついこの間まで世話になっていた中華屋があったネ。

ワタシが日本に来て一年目の事だネ。
お腹を空かした時は勿論、泣きたくなるほど辛い時、
悲しい時にもよく行った店ネ...。

店の名は、「金華 -Kinka-」。

いつも満面の笑みでハイテンション!
元気一杯なマスターと、それを支えるママという、
夫婦で切り盛りなさってたネ。

マスターの料理に対する愛情はもの凄く、
食材ひとつひとつこだわっていたみたいネ。

私がいつも金華で注文していたのは、御飯物ネ。
中華丼にカニ炒飯・海老炒飯、
そしてオムライスにカレーライス....。

どれも好きだったけれど。
中でも一番好きだったのは、特製のカツカレーヨ。

────────────────────────────────

コレヨ、コレ。このカツカレーが凄いノネ。

Dsc02668_r

・酢キャベツ -Sauerkraut-・

端休めとしての酢キャベツ。こーいうの付けてくれるの、とても嬉しいネ。

Dsc02669_r

・スープ -Soup-・

いつも火傷するくらい熱々で持ってきてくれたスープネ。

そういえば、顔覚えて貰えると、酢キャベツとスープがおまけでもう一皿出してくれることがあったネ。

Dsc02671_r Dsc02674_r

・カツカレー - Fried pork cutlet with curry sauce-・

コレヨ、コレ!ワタシにとってカツカレーは金華以外、考えられないネ。
カツカレー頼むんだ際の、マスターの言葉も面白いネ。

『はい、カツカレー!美味しいよっ!』
『気合入れて食べろっ!』
『もうこれ以上のっかりません!』
『これを食ったらがんばれるぞぉ!』.....etc

コレ、ホントのことネ。

しっかりと生肉から造り上げられた、肉厚のカツ(わらじカツ)がどーんと!

またね、カレールーが美味しいヨ。
後から来る程よい辛さに、ほのかな甘さ。

とにかく、美味しかったヨ。

────────────────────────────────Reika_tibi
【まとめ】

・ホント、面白くて楽しい店だったヨ!
既に注文が決められていたり、
頼んでないのに大盛りだったり。
何だか面白くて楽しくて、悩みも忘れてたネ。

・『お腹一杯になった?(お腹一杯になったか?)』
『はい、がんばってーっ!』
『午後もがんばって下さいっ!』
この一言が嬉しかったネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-22

小料理屋 -A SMALL RESTAURANT- 「日替わりが楽しい小料理屋」

Takeo_1_2報告者:悸原 猛雄
Reporter:Takeo Kihara

場所:恵比寿
Location:Ebisu

店名:卯め
Shop Name:Ume

ジャンル:小料理
Restaurant genre:A small restaurant

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_3302_filtered_r

Takeo_kabe駅前から少し外れた場所にある
恵比寿新橋商店街内には個性的な名店が多いのぉ。

今回はその中の一軒、
コンクリート造りにライトアップされた木製の引き戸と、
ちょっぴりお洒落な店構えの「卯め」じゃ。

外観は、いかにも賢治君が好みそうな
コース制の割烹の様じゃが、「卯め」は小料理屋である。
(正式ではないが、居酒屋というより小料理じゃろう)

店内の造りは、
よく見かけるカウンター席で主人と対面式...ではなく、
厨房とテーブルメインの客席が完全分断されているのが
面白いのぉ...。

品書きには美麗な字(達筆!)で
旨そうな肴の名ばかりがズラリと連なっているんじゃ。

卯めでは、日替わりの肴が一番の楽しみ。
例えば、小鉢三品セットは酒呑みにとって嬉しいのぉ。

また、酒の揃いにも拘りが在るように感じられる。

丸西酒造の芋焼酎 むかしむかし古酒に
初めて出会ったのも此処「卯め」だったんじゃ。

────────────────────────────────

頂いたものは以下の通りじゃ。

Img_0137_r_r

・鶴齢 燗酒 -Hot sake ''Kakurei''- (新潟県南魚沼市塩沢 青木酒造)・

口に含むと、まずは甘みを感じつつ後に来るまろやかな辛味が旨いの。
ジワジワと気持ちよく酔わせてくれる、好きな酒じゃ。

Img_0138_r_r

・お通し -Otooshi (small appetizer)-・

とろろに葱、刻み海苔を和えたもので、醤油をちょろっと垂らして頂く。

Img_0140_r_r

・小鉢三品セット -Small dishes-・

卯めの楽しみの一つである、小鉢三品セットじゃ。
呑兵衛にとってはたまらない三品がちょっとずつ頂けるのが何とも嬉しいのぉ。

この日は、(左から)しらすおろし/菜の花からし和え/ヤーコンと豚肉の炒め煮じゃ。
ヤーコンはサクサクとした食感が癖になる一品。

Img_0145_r_r

・自家製スモーク盛り合わせ -Homemade Smoke (Chiken,Cheese,Egg,Salmon)-・

鮭/チーズ/玉子/鶏肉と種類もボリュームもタップリ目なのが嬉しい盛り合わせじゃ。
スモーク独特の豊かな香りと程良いしょっぱさが、酒をグイッグイッと進ませる。

Img_0149_r_r

・ほうぼう刺 -Sashimi (Red gurnard)-・

卯めは刺身も新鮮で旨いんじゃ。
この日は、「ほうぼう」。しっかりと締まった身は上品な淡白な味わいがたまらんの。

Img_0151_r_r

・芋焼酎 むかしむかし古酒 -Potato shōchū ''Mukashi mukashi kosyu''-・
(鹿児島県曽於郡有明町蓬原 丸西酒造) 

店主おすすめ芋焼酎のひとつである、
ネーミングがシンプルで覚えやすい「むかしむかし古酒」。
「むかしむかし」を三年以上寝かせたものなんだそうじゃ。

強烈な芋の香りと味を想像したが、さわやかな甘みに香りが心地よく体内を巡る。
だが焦ってグイグイ呑もうとするならば、酒の持つ牙に八つ裂きにされることじゃろう..。
ゆっくり...ゆっくりと味わう為の、芋焼酎である。旨い。

Img_0155_r_r

・ほたて豆腐の揚げ出し -Deep fried ''Hotate (Scallop) tofu''-・

揚げ出し豆腐にホタテの餡かけをかけたもの...を予想していたんじゃが、
別の姿でそれはやってきたんじゃ。

タップリのおろしに葱に柚子皮....で、ドーーンと大きな掻揚げのような...
揚げ出し豆腐。はて....一体どこにホタテが....??

Img_0157_r_r

開けてビックリ、何と表現すれば良いんじゃろか...。
ホタテがタップリと入ったハンバーグ状の豆腐と言えば通じるじゃろうか。

口に含むとまずサックリとした食感。
次にホタテの豊かな味わいが口いっぱいに広がり、
豆腐のやわらかな食感が心地よく合間に入るという.....。
いやはや、大変素晴らしい逸品じゃ。

────────────────────────────────Takeo_tibi_3 
【まとめ】

・日替わりのお品書きが
多く用意されているのは大変魅力じゃな。

・軟骨揚げにしてもセロリを加え、
甘辛酢仕上げにしたり、鶏唐揚げでは、
炒り豆腐が加えられてたりと、
料理に一工夫加えられているのが、良いのぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

・チャット -Chat- | ・夜 -DINNER- | ・昼 -LUNCH- | ・昼下がり -EARLY AFTERNOON- | ・朝 -BREAKFAST- | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\10000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\1000  | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\2000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\20000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\3000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\4000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\500 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\5000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\7000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\8000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\9000 | (場所)中野 -NAKANO AREA- | (場所)六本木 -ROPPONGI AREA- | (場所)南青山 -MINAMI AOYAMA AREA- | (場所)台場 -DAIBA AREA- | (場所)大塚 -OOTUKA AREA- | (場所)広尾 -HIROO AREA- | (場所)恵比寿 -EBISU AREA- | (場所)新宿 -SHINJUKU AREA- | (場所)新橋 -SHINBASHI AREA- | (場所)日本橋 -NIHON_BASHI AREA- | (場所)有明 -ARIAKE AREA- | (場所)木場 -KIBA AREA- | (場所)板橋 -ITABASHI AREA- | (場所)池袋 -IKEBUKURO AREA- | (場所)浅草 -ASAKUSA AREA- | (場所)渋谷 -SHIBUYA AREA- | (場所)目白 -MEJIRO AREA- | (場所)神宮前 -JINGUUMAE AREA- | (場所)神田神保町 -KANDA_JINBōCHō AREA- | (場所)神田須田町 -KANDA_SUDACHO AREA- | (場所)船堀 -HUNABORI AREA- | (場所)茅場町 -KAYABACHO AREA- | (場所)要町 -KANAMECHO AREA- | (場所)赤坂 -AKASAKA AREA- | (場所)青山 -AOYAMA AREA- | (場所)静岡 -SIZUOKA- | (酒)居酒屋 -IZAKAYA- | (酒)立ち飲み -STANDING BAR- | (食)うなぎ -Unagi- | (食)おやつ -Snack time- | (食)お持帰り -Take out- | (食)お結び -Omusubi- | (食)どぜう -Dojo- | (食)グランメゾン -GRANDE MAISON- | (食)トラットリア -TRATTORIA- | (食)パン -Bread- | (食)ビストロ -BISTRO- | (食)ピッツェリア -PIZZERIA- | (食)ブラッスリー -BRASSERIE- | (食)リストランテ -RISTORANTE- | (食)中 -CHINESE CUISINE- | (食)仏 -FRENCH CUISINE- | (食)伊 -ITALIAN CUISINE- | (食)会席/懐石料理 -Kaiseki ryōri- | (食)割烹 -JAPANESE RESTAURANT- | (食)和 -JAPANESE CUISINE- | (食)和菓子 -Wagashi- | (食)喫茶 -CAFFE- | (食)天婦羅/天麩羅 -TEMPURA- | (食)寿司 -SUSHI- | (食)小料理屋 -A SMALL RESTAURANT- | (食)御弁当 -Lunch box- | (食)拉麺 -Noodle- | (食)無国籍 -FUSION- | (食)焼豚 -YAKITON- | (食)甘味 -SWEETS- | (食)鉄板焼 -TEPPAN_YAKI- | (食)饂飩 -UDON-