2010-03-07

フレンチ -French- 「金華豚をワインと共に...」

Yukari_1_2

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:六本木
Location:Roppongi

店名:プロヴィナージュ
Shop Name:provinage

ジャンル:フレンチ
Restaurantgenre:French

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_1762

Yukari_kabe六本木、「プロヴィナージュ -Provinage-」。
当初はありきたりなワインバーを想像していたんだけど...。

雑居ビルの2Fに
これほど素晴らしいフレンチがあったとはね。
もう少し早く知るべきだったわ。

北川シェフによる美しい料理。
そしてソムリエである田中氏による素晴らしいワイン。

料理はコースもアラカルトもリーズナヴルなのが特徴。
美味しいワインをグイグイ、
料理をガツガツできるのが良いわねw

落ち着いた雰囲気の店内は、テーブル席は勿論、
しっかりと造り手の見えるカウンター席もあるわ。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

2

・パン -Pain-・

焼きたて熱々、もっちりパン。しかも違う種類もあるわ♪
香ばしい~♪

────────────────────────────────

【アミューズ -Amuse-】

Img_1724

・金華豚のリエット 人参のムース添え・

金華豚って国産(平田牧場とか)もあるのね~...。
麗ちゃん(李)から色々聞いてると、
やっぱり金華豚って中華の材料というイメージが固まっちゃってたんだけどね..。

まったり、美味しいわね。甘い人参のムースも結構好きだわ。

────────────────────────────────

【冷前菜 -Entrée froide-】

Img_1730

・焼きサーモン 4種のスパイスとチャツネをのせて バルサミコ酢と共に・

ちょっぴり火が入って旨味がギュッとつまったサーモン。
口の中でスッととけていき...そこにチャツネの甘さ。これはたまらないわね..。

スパイス自体は主張はそれ程感じないけれど、カリッとした食感を演出していて、
結構面白い一皿だわ。

────────────────────────────────

【温前菜 -Entrée chaude-】

Img_1732

・金華豚のパイ包み 黒トリュフソース(タルトゥファータ)・

良い香りだわ~...。
サックサクのパイを開けると、肉汁溢れる挽肉状の金華豚がたっぷりと。

しかしこのソースもパイ自体もまったく脂っこくないのよね...。
むしろ、サッパリとしているから不思議。

トリュフの芳醇な香りとジューシーな金華豚の融合。お見事♪

────────────────────────────────

【メイン -Plat/Poisson-】

Img_1736

・真鯛のブレゼ デュクセルソース・

ブレゼは蒸し煮...だけど、これはちょっとポワレ(皮がパリッと)もしてあるようね...。
(あぁ、でも本来の「ポワレ」の意味かもしれないけど..。)

デュクセルソースというのは、マッシュルームと香味野菜のソース。
これもホント、良い香りだわ...。

ソースはクリーミーでコクがあって、美味しいわね!
真鯛との相性は勿論、抜群だわ♪

────────────────────────────────

【グラニテ -Granité-】

Img_1745

・シャンパンのグラニテ・

口直しは必需品よね。

──────────────────────────────── 

【メイン -Plat/Viande-】

Img_1751

・金華豚のグリエ ナッツのソース・

噛めば噛むほどジュワーと肉の旨味が感じられるわ。
さっきから言ってるけど、この金華豚は
他の豚(例えばイベリコや東京Xなど)と比べると、サッパリしているのよね。

だから脂が云々でスッととけるような~、じゃなくて
とにかくスペアリブの様にガシガシと噛んで噛んで(勿論柔らかですけど)、
(゚Д゚)ウマーなわけなのよ。

ナッツのソースは素朴だけど、しっかり味(どういう意味だこっちゃw)。

────────────────────────────────

【ワイン -Vin-】

はっきり言ってワインブログを描いてらっしゃるブロガーの様に
旨い表現ができないのが口惜しいわw

3

・-Weninger NuBberg Alte Reben 2007-・

オーストラリアを代表するワイン、ニュスベルグ アルテ レーベンね。
ミネラル感だとか色々と表現されているけれど、ズバリ!美味しいワインね!w

あんまりにも気に入ったので家呑用に3本買いました。それぐらい好き。

4

・-MEURSAULT Cuvee selectionee 2005-・

コチラはフランス ブルゴーニュのムルソー キュヴェ・セレクショーネ。
ちょっと力強さも感じるけれど、これも呑みやすくて美味しいワインね。
香りもとても良かったわ。

────────────────────────────────

【デセール -Dessert-】

Img_1753 

・ソーラルヌのジュレ コンポートした葡萄と共に・

ソーラルヌってことは、白ワインのドゥルト・フレール・ソーラルヌかしら。
(何て贅沢なw)

ジュレだけど、ワインらしさは失われておらず、大人のデザートね。
甘酸っぱい葡萄のコンポートも美味しい♪

────────────────────────────────

【カフェ -Cafe-】

Img_1758

・フレッシュ・ハーブティーとプティフール・

食後はフレッシュハーブティーで酔いを醒ます....。
毎回の事だけど、ホント贅沢よね...。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・結構面白いワインが揃ってるわね。
毎回思うけどソムリエって凄いわ、ホント。

・「金華豚」は半頭買いしていて、
色んな部位が手に入るそうね。
美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-27

寿し -Sushi- 「やっぱり鮨が一番飽きないですねw」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:南青山
Location:MinamiAoyama

店名:花寿し
Shop Name:Hana sushi

ジャンル:お寿司
Restaurant genre:Sushi

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_7242_r

Mamiko_kabe_2

何だかんだ食べておいて、結局一番飽きないのは「鮨」。
でも気軽に入れる鮨屋ってあまり無いのね...。

寿司は天ぷら同様、お江戸のファーストフードなのにぃぃぃ!

なんてことを脳内で叫びつつも、今回はお鮨。
高樹町日赤通り商店街内に在る「花寿し」です。

「花寿し」さんは、私にとって唯一のMy寿司屋なの。

暖簾を掻き分けると、
元気一杯な女将さんに大将、ニ人の板前さんが迎えてくれるの。

明るく清潔で綺麗なカウンター、程よい数のテーブル席にお座敷。
調理音、そして客と店のコミュニケーションがBGMの、良い店なの。

お昼は、握り・丼ものが1000円以下とリーズナヴルに頂けるの。
夜は握り以外に、様々な肴が用意されており、
季節によって牡蠣鍋や、穴子しゃぶしゃぶといった
一品料理も充実してます。

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

2

・先付け -Appetizer-・

寿司屋での「先付け」は、お楽しみのひとつなの
鮪のづけの切り落とし、蛸の柔ら煮、イクラ等、これだけでお酒一本空けてしまう程。

3

・一品 (冷菜) -Cold starters-・

新鮮なモノを使った酢の物、生牡蠣、
山芋ソーメン(専用のうずらを浮かべたタレで頂きます)....、
や~ん、美味しい~♪

Img_1019

・北雪 本醸造 生貯蔵酒 (北雪酒造)・

スッキリとした辛口で呑みやすいの。魚介にピッタシでございます♪

Img_2633

・みる貝 お造り・

みる貝って醤油とか必要ない程、味がしっかりしてるから好き~♪
コリコリとした食感に身の甘さ....ん~、美味しい♪

4_3

・蛸刺し (ポン酢&レモン塩)・

蛸刺しは吸盤付き♪この吸盤が美味しいのよねん~。
蛸も身が甘くて美味しい~。あ、私はレモン塩派です~。

5_2

・一品(温菜) -Warm starters-・

穴子の白焼きや牡蠣鍋(小鍋だけど量多め、味噌仕立て)とか、どれも美味しい♪

見て!このタラバ蟹のふっくらとした巨大な足を♪
とってもジューシー....蟹の甘みがどんどん口に広がっていきます~。

Img_1006 Img_1007 Img_1010 Img_1011 Img_1021 Img_1026 Img_1050 Img_1004 Dsc07704_filtered_r Img_1027

・握り -Nigiri-・

私の場合はまず、お決まりの「特上」を握ってもらうの。
中トロ2貫・ハマチ・玉・数の子・牡丹海老・雲丹・鉄火巻(赤身というより中トロ並)。

足りなければちょこっと追加。

フワッと柔らかな穴子は塩・タレで一貫ずつ、異なる味わいを楽しむのがオススメ。

「花寿し」の鯵は信じられないくらい心地良い弾力感があって美味しいの~♪

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・何を食べても美味しいお鮨屋さんです~。

・お勘定は人にもよるかと思いますけど、
変な頼み方しなければ、
全然安く済みます♪

・意外とお酒も充実♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-08-06

フレンチ -French- 「テラスで列車の音と、風を感じながら。」

Yukari_1_2

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:目白
Location:Mejiro

店名:ブラッスリー ラ ムジカ
Shop Name:Brasserie La mujica

ジャンル:フレンチ
Restaurant genre:French

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_3827_r_filtered Img_3826_r_filtered_2
(↑マスコットキャラクターの''ムジカ君'')

Yukari_kabe

テラス席にて、鳥のさえずりや列車の音を聴きながら
優雅な食事の刻を過ごす..。

東京には割りと緑溢れる広大な敷地内に
レストランがある、というのは多いけれど...。

悪いけど、全然美味しくない!店多いわよね..。

そんなわけで今回は、
「ブラッスリー ラ ムジカ -Brasserie La mujica-」。

テラス席は勿論、料理もしっかりとしたブラッスリーよ。
オーナーシェフである梶村さんをはじめ、スタッフ達が
キビキビと手を動かす姿は、見ていて惚れ惚れとするわ~。

あ、さっきからテラステラスと言っているけど、
厨房の動きが見れるカウンター席が
一番好きだったりするわw

だって電車の音が五月蠅いんだものw

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

2_4

・パン -Pain- ローズマリー入/全粒粉

パンは焼きたて、ローズマリー入と全粒粉の二種類を頂けるわ

ローズマリーは多少強めの塩気と良い香りが、
全粒粉はサクサクの食感が特徴的ね。

────────────────────────────────

【前菜 -Entrée-】

Img_3822_filtered_r

・真イカ・山芋・オクラのセルクル仕立て・

地と海の味の融合。
一口含むと、何とも心地の良いねっとり感、ネバネバ感が舌を楽しませてくれるわ

Img_9157_r

・ラタトゥユ カリカリ生ハムと半熟卵添え・

フランスの家庭料理の代表でもある煮込料理「ラタトゥユ」。
野菜本来の甘味と酸味を素直に感じられる一品である。

半熟卵のまろやかさ、
カリッカリの生ハムの塩分が良いアクセントなり、食欲を増進させてくれる。

Img_3373_r

・大分産寒ブリのスモーク タップナードソースで・

タップナードがちょっと印象薄いかな?
でも、ブリ自体は脂も乗ってて美味しいわね。
スモークされているからしつこくないし、好きだわ。

Img_2338_r

・ブーダンノワールのテリーヌ仕立て(冷製)・

思ったよりさっぱりとしたブーダンノワールね。
独特の豚の血の味わいに、赤ワインとスパイスでコンポートされたリンゴが良く合うわ。
美味しい。

Img_2853_r

・エスカルゴ ブルゴーニュ風・

エスカルゴはたまに食べたくなっちゃうのよね~。
ン~、めっちゃくちゃ良い香り~。美味しいに決まってるじゃない♪

────────────────────────────────

【メイン -Plat-】

Img_3823_filtered_r

・真鯛のパブール 白ワインと海藻のソース・

パブールは蒸し魚のことね~。

ソースが美味しいわ。
白ワインと海藻の組み合わせは初めてだけど、ほのかな酸味と甘味の相性が
実に良いわね。
付け合せのマッシュポテトも美味しい。

Img_9164_r Img_9173_r

・気仙沼産メカジキを詰めた秋刀魚のバロティーヌ・

バロティーヌ -ballottine- とは、要は「包む(ロール状)」ね。
本来は鳥肉料理(骨を取り除いた鳥に詰め物をする)と聞いてたけれど、秋刀魚とは、
正直驚いたわね。

丁寧に処理された秋刀魚は骨一本見当たらず、
また絶妙な焼き加減で皮はパリッとしてて、これは美味しいわね。
トマトソースとの相性も抜群だわ。

中にはメカジキを団子状にしたものかしらね...。
食感はニョッキに似てるし、ほのかに甘みが感じられるわね。
中には松の実やピスタチオといったものも詰められている..、これはホントに面白いわ。

Img_3382_r

・北海道産真ダラのポワレ ニース風スタイルで・

自家製ベーコンと黒オリーヴ、ケッパーの入った南フランスのソースとあったわね。
うん、このソースは美味しいわ。ベーコンの食感も楽しめるのも良いわね。

真ダラ自体は私にとっては、ちょっぴり塩っぽさが強い感じかしらね。

Img_2350_r

・仔牛のブランケット トリュフとセップ茸の香りで・

これは美味しいわね。
仔牛の柔らかさは言うまでも無く、トロットロ♪とろけるわ~。

トリュフとセップ茸の香りがホント、良いわね~...。クリームソースも美味。

Img_2861_r

・丹波産''猪''の赤ワイン煮込み 焼き芋のピューレ添え・

猪って案外クセが無く...ん!いややっぱりちょっぴり野性味が残されているわね。
旨い具合に調理されているものだわ。流石、梶村シェフw

ん~、このソースが美味しいわね...。主張しすぎず、だけど柔らかな猪によく合っている..。
添えられた焼き芋のピューレは口直しとしても、合わせて食べてもバッチグー(死語w)だわ。

Img_2873_r Img_2888_r

・エゾ鹿とフォアグラのパイ包み焼き・

なるほど、フォアグラはアクセント程度。
あくまでミンチ状にしたエゾ鹿がメインというわけね。

う~ん、これもホント、素敵な料理だわ。
エゾ鹿自体は、スパイスやハーブでマリネされているらしく、ホント食べ易いわね。
これならジビエが苦手な人でもイケるんじゃないかしら。

サックサクのパイ生地に素敵なエゾ鹿とフォアグラの合わさり。そして赤ワインソース。
これはワインが進みまくって仕方ないわね...。

────────────────────────────────

【ワイン -Vin-】

Img_2880_r

・-TARANI CABERNET 2008-・

ジビエには赤ワイン♪気軽に呑むワインの代表格、TARANIね。
葡萄の酸味とかタンニンとかガツンと広がる感じ。
結構好き。

────────────────────────────────

【デセール -Dessert-】

Img_3824_filtered_r

・サブレフロマージュ シナモンのアイス添え・

濃厚なチーズの風味に、
さわやかな甘さと共にフワッと広がるシナモンの風味がたまらない一品。

Img_9179_r

・たっぷりマロンのタルト・

マロンタルトの上に更にマロンクリームと、ホントにマロン尽くしなデセール。
これ喰べちゃうと、中途半端なモンブランとか喰べれなくなるわね。

Img_2359_r 

・3種ナッツのタルト 赤ワインとドライフルーツのソースで・

タルト自体はカントリー風のお菓子のような、素朴な味わいね。
カリッカリのナッツの食感が楽しいわ。

でも赤ワインとドライフルーツを使ったソースによってリッチな味わいも出せているわけね。
面白いデセールだわ。

Img_3402_r_2

・ヨーグルトのムース フレッシュキウィのソルベ添え・

キウィのパンチのある酸味と、まろやかで優しい甘みのヨーグルトムース。
見事なバランスを実現させているわね。

Img_2901_r

・サヴァラン -Savarin-

呑んだ量によって、お酒の度合いを調整してくれるみたいね。
それにしても、見た目インパクト「大」なサヴァランだわw

う~ん、リキュールだとかシロップだとかが染み込んだブリオッシュに苺の酸味、
だけど、そこにまたクリームの甘みが支えて...これは美味しいサヴァランだわ。

────────────────────────────────

【カフェ -Cafe-】

3

・コーヒー -Caffee-・

しっかりとした店は当たり前の様に、美味しいコーヒーを入れるわね。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・カウンターにテーブル、テラス席。
用途によって使い分けられるのが良いわ。

・季節限定だけど、
ジビエが何種も用意されているのが
良いわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

・チャット -Chat- | ・夜 -DINNER- | ・昼 -LUNCH- | ・昼下がり -EARLY AFTERNOON- | ・朝 -BREAKFAST- | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\10000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\1000  | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\2000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\20000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\3000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\4000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\500 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\5000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\7000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\8000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\9000 | (場所)中野 -NAKANO AREA- | (場所)六本木 -ROPPONGI AREA- | (場所)南青山 -MINAMI AOYAMA AREA- | (場所)台場 -DAIBA AREA- | (場所)大塚 -OOTUKA AREA- | (場所)広尾 -HIROO AREA- | (場所)恵比寿 -EBISU AREA- | (場所)新宿 -SHINJUKU AREA- | (場所)新橋 -SHINBASHI AREA- | (場所)日本橋 -NIHON_BASHI AREA- | (場所)有明 -ARIAKE AREA- | (場所)木場 -KIBA AREA- | (場所)板橋 -ITABASHI AREA- | (場所)池袋 -IKEBUKURO AREA- | (場所)浅草 -ASAKUSA AREA- | (場所)渋谷 -SHIBUYA AREA- | (場所)目白 -MEJIRO AREA- | (場所)神宮前 -JINGUUMAE AREA- | (場所)神田神保町 -KANDA_JINBōCHō AREA- | (場所)神田須田町 -KANDA_SUDACHO AREA- | (場所)船堀 -HUNABORI AREA- | (場所)茅場町 -KAYABACHO AREA- | (場所)要町 -KANAMECHO AREA- | (場所)赤坂 -AKASAKA AREA- | (場所)青山 -AOYAMA AREA- | (場所)静岡 -SIZUOKA- | (酒)居酒屋 -IZAKAYA- | (酒)立ち飲み -STANDING BAR- | (食)うなぎ -Unagi- | (食)おやつ -Snack time- | (食)お持帰り -Take out- | (食)お結び -Omusubi- | (食)どぜう -Dojo- | (食)グランメゾン -GRANDE MAISON- | (食)トラットリア -TRATTORIA- | (食)パン -Bread- | (食)ビストロ -BISTRO- | (食)ピッツェリア -PIZZERIA- | (食)ブラッスリー -BRASSERIE- | (食)リストランテ -RISTORANTE- | (食)中 -CHINESE CUISINE- | (食)仏 -FRENCH CUISINE- | (食)伊 -ITALIAN CUISINE- | (食)会席/懐石料理 -Kaiseki ryōri- | (食)割烹 -JAPANESE RESTAURANT- | (食)和 -JAPANESE CUISINE- | (食)和菓子 -Wagashi- | (食)喫茶 -CAFFE- | (食)天婦羅/天麩羅 -TEMPURA- | (食)寿司 -SUSHI- | (食)小料理屋 -A SMALL RESTAURANT- | (食)御弁当 -Lunch box- | (食)拉麺 -Noodle- | (食)無国籍 -FUSION- | (食)焼豚 -YAKITON- | (食)甘味 -SWEETS- | (食)鉄板焼 -TEPPAN_YAKI- | (食)饂飩 -UDON-