2010-02-25

中華 -Chinese- 「モッチリ、ツルン、カリッコリッ。美味しい餃子ネ」

Reika_1_3報告者:李 麗華
Reporter:Li Reika

場所:神保町
Location:Jinbocho

店名:包子餃子 スヰート ポーヅ
Shop Name:Sweet paozu

ジャンル:中華
Restaurant genre:Chinese

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_3968

Reika_kabe_2

神保町には、中国書籍を買いによく立ち寄るネ。
文学は勿論ヨ、医学関連もあるし
、ホント、何でも揃うネ。

さてさて、今回はワタシが神保町に本買いに来た際に、
よく立ち寄るチャオズーの店「包子餃子」ネ。 有名な店アルネ。

創業は昭和7年は凄いネ。
店内はテーブル席数個のみとシンプルだけど、
厨房で調理するオジサン、オバサンを見れるのは良いアルネ。

お品書きはシンプルネ。

【菜単】

・餃子(八/十二/十六)
・水餃子 (午後1時~)
・天津包子 (〃)

あとはライスとか味噌汁付いたヤツとか、お土産用といった感じネ。

────────────────────────────────

これ、今まで食べたものネ。

Img_3959_2

・餃子 (十二)・

ん~、綺麗に十二個並べられてるネ、それにしても個性的な...細長い形をした餃子ネ。
コレ、良いネ。独特のモチっとした食感、お肉もタップリだけど全然しつこくないネ。
何個でも食べていたい餃子アルネ。

Img_3962_2

・水餃子・

コレは餃子湯と一緒に頂くタイプと言って良いのかナ?
ウン、コレも美味しいネ!モッチリツルツルプリップリの皮がほんと、美味しいヨ!

Img_3966_2

・天津包子・

ん~....見た目は生煎饅頭のよう...だけど。
ん!これも美味しいネ!
お肉の旨味と野菜の甘みがモッチリ生地に包まれて...。
ざく切りにされた椎茸と竹の子がたっぷりと入っていて、食感も面白いし、コレは良いネ。

────────────────────────────────Reika_tibi
【まとめ】

・餃子/水餃子/天津包子の三種という、
シンプルな菜単だけど、
どれも美味しいネ。絶対また食べたくなるネ。

・働いてる人も何だか楽しそうネ。
厨房は、ずっと覘いていても飽きないネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-11-03

洋菓子 -Sweets- 「絶品!シェフの ''きまぐれ''」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:松江
Location:Matsue

店名:ぼん りびえーる
Shop Name:Bon Riviere

ジャンル:洋菓子
Restaurant genre:Sweets,Dessert

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_7582_r

Mamiko_kabe_2

「きまぐれ」は「自由」。
定められた形も良いけれど、きまぐれを求めて...。

求めてやって参りましたのは、船堀!
此処、船堀はさりげなく実力派パティスリーの多いエリアでもあるの。

今回はその中の一店「ぼん りびえーる」です。
地元の方々は勿論、遠方から来るお客様も多いとか。

並べられてる洋菓子は、
焼き菓子ではフィナンシェやノワゼット等、
生菓子ではシューアラクレームやクレームブリュレといった、
定番からオリジナル性溢れる面白い作品まで、
どれも独創的で美味しそう~。

香料や添加物は使わず、生鮮果物は全て国産品、
遺伝子組み換え食品は使用せず...は、
HPにも書かれている事だけど、
直接ご主人の口からもしっかりと説明してくれました。

ご主人の洋菓子に対する熱い想いは凄いです。
ついつい時間を忘れて30分以上も話しちゃいました。

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_7573_r

・シュー ア ラ クレーム -Chou à la crème-・

シュー生地は全体的にフンワリとしたタイプで、ナッツの食感が良い感じ。
そして、「これでもか!w」とばかりに詰められた、
バニラビーンズがタップリと入った濃厚なカスタードクリームが美味しい~。

Img_7577_r

・テ (アールグレイ紅茶クリーム&アーモンドビスキュイ・グランマニエ酒風味)・

紅茶のクリームは甘さ控えめ。
ふんわりとしたアーモンドビスキュイと合わさっても、
全体的にさっぱりした甘さにまとまっている作品でした。結構好き。

後々にそっ....っと仄かに、グランマニエの香りを感じるのが良いですね。

Img_7581_r

・シェフのきまぐれ -Caprice-・

この日の「きまぐれ」は、三つの美しい層が特徴のロールケーキです。

フワッフワッのしっとりとしたショコラロールに包まれているのは、
濃厚なバナナババロアに、何と、シークゥワーサーのムース...。

当初はマンゴームースかと思ってしまったぐらい、
優しい甘酸っぱさが口いっぱいに広がっていきます。
舌にも脳にも常夏の国が広がっていく...。

それにしてもシークゥワーサーとは....よく考え付いたものです。
正に「きまぐれ」が生み出した逸品でしょう。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・今流行の凝りに凝り過ぎた造りでは決してありませんが、
丁寧に造られていて、美味しいです。

・特に「シェフのきまぐれ」が、面白い!

・ご主人は気さくな方で、ケーキについて
分からないことがあれば、色々と教えてくれますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-11

イタリアン -Italian- 「酒飲み女の館 -Sökkvabekkr-」

Yukari_1_2

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:恵比寿
Location:Ebisu

店名:ベヴィトリーチェ
Shop Name:Bevitrice

ジャンル:イタリアン
Restaurantgenre:Italian

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_7397_r

Yukari_kabe

お酒の神様といえば頭に思いつくのは、
ローマ神話のワインの神である、バッカス(バックス) -Bacchus- 、
すなわち、
ギリシア神話の豊穣とブドウ酒と酩酊の神、ディオニソス
-ΔΙΟΝΥΣΟ-ね。

そしてもう一人忘れてはならない、
北欧神話のアース神族の女神 サーガ -Sága-。
サーガは知識と伝承を有する女神ではあるが、
自身の館である、セックヴァベックでオーディンと共に
酒を呑み交わしていたんですって。

まぁいい生活だことw

で、何が言いたいのかったと言うと、
今回は恵比寿の路地にひっそりと佇むイタリアン「ベヴィトリーチェ」。

店の名の意は「''酒飲み女''」。
すなわち此処は、酒飲み女の館ってわけね。
地下に広がるワインセラーを見れば更に納得するわよ。

白い壁に木の柱と、シンプルな店内は居心地が良く、
どの席からでも、

オーナーシェフ堀田氏の鍋をふるう姿を眺めることができるわ。

ところで、ワインはシェフやマダムにお任せするのが良いわよ?
シェフもマダムも(シニア)ソムリエなので。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

Img_7989_r

・パン -Pane-・

しっとりやわらかタイプのフランスパン。

────────────────────────────────

【サラダ -Insalata-】

2

・サラダ・

シンプルな味のサラダ。
トマトを四方に添えられており、ちょっぴりお洒落。

────────────────────────────────

【先付け -Amuse boche-】

Img_7367_r

・サーモンの温かなリゾット包み(?)・

スプーン一口の楽しみ。
サーモンに包まれているのは、温かなリゾット...ワイルドライスかしら..。

サーモンの、口に広がるふくよかな味わいに、温かなリゾットの味が合わさりが非常に面白く、満足感の高いアミューズね。

Img_7369_r

・じゃが芋とウイキョウの冷たいスープ・

アミューズに、もう一品。
ヴィシソワーズのような、濃厚な味わいで美味しいわ。

────────────────────────────────

【前菜 -Antipasti-】

Img_7373_r

・軽くスモークした秋刀魚をカポナータと一緒に・

カポナータは、イタリアでは地域ごとに特徴がある、野菜料理よ。
サラダ状であることから、ナポリのカポナータに近いものかしらね...。

それにしても、秋刀魚のカルパッチョ(軽くスモーク)の姿がとても美しい。
大抵は、一口大にカットされてしまうものだけど.....
これはまるで、秋刀魚の身の長さをそのまま堪能しているかのようね。

カルパッチョの下には、たっぷりお野菜のカポナータに、
これまた嬉しい、身が甘い帆立のカルパッチョ。

秋刀魚と帆立のどっちがメインなのかわからなくなるぐらい、量も多目ね。

────────────────────────────────

【パスタ -Pasta_Primi piatti-】

Img_3343_r_filtered

・魚介のトマトソース・

トマトの酸味と魚介類、そしてその魚介の出汁の相性は、言うまでも無く最高。

Img_4228_r_filtered

・鶏レバーのクリームソース・

レバーは臭みが無く、プリッとして旨い。
濃厚なクリームソースは、レバーの旨味にケッパーの風味や食感も加わり、
くどさを全く感じさせないわね。これは好きだわ。

Img_7990_r

・かぼちゃのチーズクリームソース・

甘味の強いかぼちゃは秋の訪れを感じさせる。
溶けたチーズ、コクのあるクリームソースとの相性は抜群。

赤玉ねぎ、パンチェッタがアクセントとなってるわね。美味しい。

Img_9262_r_2

・色々野菜の入った子羊のミートソース・

子羊肉ではあるが、臭みもクセもまったく感じられない。
通常のミートソースとは異なり、ピリッと辛味のあるスパイシーな仕上がりね。

またナスやトマトといった野菜もタップリと入っていて、辛味・甘味の繰り返しが癖になるわね。

Img_9266_r

・ラザニア -Lasagna-・

熱々のチーズにぺシャメルソースとラグーソース(ミートソース)の合わさりがたまらないわ。
誰もが、食べて笑顔になるパスタ料理の代表というやつね。

Img_7380_r

・生ウニとコンソメゼリーの冷たいカペリーニ 
ポルチーニ茸のピュレとポロネギのクリームソース・

ベヴィトリーチェの看板料理もとい堀田シェフといえば、
この、''生ウニとコンソメゼリーの冷たいカペリーニ'' じゃないかしら。
生ウニとコンソメゼリーという組み合わせはフレンチでは、
よく見かけるけれど、冷製カペリーニという形で味わうのは、これが初めて。

海と大地の味覚の合わさり。
ウニの甘さにコンソメゼリーの旨味、ポルチーニ茸と、
ポロネギのクリームソースのアッサリクリ~ミ~な味わいの絶妙なバランスが素晴らしい!

特に、ウニの甘さの後にふわ~と優しく口を包む、ポルチーニ茸の素朴な余韻がたまらない。
なるほど、イタリアンにフレンチティストが混ざるとこうなるわけね...。

────────────────────────────────

【メインディッシュ -Secondi piatto-】

Img_7385_r_2

・蝦夷鹿のソテー、リンゴと赤ワインのソース・

リンゴと赤ワインという、フルーティーかつ深く濃厚な味わいのソースが、
肉の臭みを消してくれているわね。
柔らかな蝦夷鹿肉は、噛めば噛むほど野性味溢れる旨味が沸き立つわ。
ソースも美味しいわね。

付け合せにアスパラガスのソテー、じゃが芋のグラタン風。
う~ん....、凄いボリュームだわ。

────────────────────────────────

【ワイン -Vino-】

Img_7366_r

・キール / Aperitivo -Kir-・

定番のワインカクテルであり、食前酒でもある、キール。
白ワインの味わいがほとんどであるが、ほのかにカシスの甘みも感じるわね。

Photo

・-トスカーナ州 メリッジョ '06- / Wine -TOSCANA MERIGGIO '06-・

前菜に合わせて堀田シェフが選んでくれたのは、トスカーナ州のメリッジョという銘柄。
柑橘の良い香りに、スッキリとした酸味で辛口な点が特徴かしらね...。

秋刀魚の脂をほど良く流し、さらに余韻をも美味しくさせてくれる。
同時にカポナータや帆立のカルパッチョにも良く合うわ。

この組み合わせは気に入ったわね。

3

・-トスカーナ州 キャンティ クラシコ フォントディ '06-
Wine -TOSCANA CHANTI CLASSICO FONTODI '06-・

決してやんわりとして印象に残らない様な生易しい味では無く、果実の味を強く感じ、
そしていつまでも舌に残る余韻....。
蝦夷鹿の野性味に負けない、しかしながら旨く調和されるわね。

この組み合わせも気に入ったわ。

────────────────────────────────

【ドルチェ -Dolce-】

Img_3346_r_filtered

・(上)パンナコッタ -Panna cotta- / (下)ズッパイングレーゼ -Zuppa in glese-・

濃厚でミルキーなパンナコッタに、控えめな甘さのマロンソース(と思いますw)。

ズッパインクレーゼは、シロップで湿らせたスポンジにカスタードクリームを重ねた洋菓子。
朧豆腐のような柔らかな食感が面白いわね。

双方とも甘さ控えめで、美味しいわ。

Img_4229_r_filtered

・(左)林檎の赤ワイン煮 / (右)ズコット・

ズコットは生クリームの中に散りばめられたナッツの食感が楽しいドルチェ。

林檎の赤ワイン煮は、甘酸っぱく、大人の味。
ヴァニラアイスのまろやかな味が加わり、複雑な甘さになるわね。

Img_7995_r

・(サーヴィス) -Dolce (Service)- ティラミス・

こちらが13時過ぎの入店だとサーヴィスされるデザート。
一品に、小菓子(クッキー)が付くスタイルね。

ティラミスと言われたけど、ズコットと同様、クリームにたっぷりのナッツが加えられており、
ベヴィトリーチェオリジナルのティラミスじゃないかしら。

Img_9272_r

・(サーヴィス) -Dolce (Service)- ズッパイングレーゼ・

先にも言ったように、豆腐の様な柔らかな食感が癖になるドルチェね。

4_2

・シチリアオレンジのソルッベット、バローロ キナートをかけて・

バローロ キナートは、甘い香りに少しトロリとしたデザートワインのようなものかしらね。

爽やかな甘酸っぱさ、そして後にくる、ほんのりとした苦味。
バローロ キナートをかけることによって、香りや異なった奥深い甘みも加わり、
複雑な味わいへと姿を変えるわね。

────────────────────────────────

【カッフェ -Caffe-】

Img_9274_r

・コーヒー -Caffe-・

食後はアイスorホット珈琲/紅茶から選択する形ね。

Img_7392_r Photo_2

・ハーブティーと小菓子(クッキー)・

ランチのドルチェのお皿でも見かけた、黄色の猫ちゃんと再会♪
ハーブティーを頂きながら、しばし余韻を...。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・千種以上も置いてあるという地下ワインセラー。
ワインメニューは
見ているだけでも目が回ってしまいそうね。

・ランチのパスタは、ほぼ日替わり。
13時過ぎの入店だと、
デザートがサービスされるわよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-29

洋菓子 -Sweets- 「素敵なデコレーションサーヴィスに惚れ惚れ。」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:南青山
Location:MinamiAoyama

店名:ル パティシエ タカギ
Shop Name:LE PATISSIER TAKAGI

ジャンル:洋菓子
Restaurant genre:Sweets,Dessert

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5918_r

Mamiko_kabe_2

パザージュ青山は、
ビューティサロンやアートギャラリーに自然化粧品、
カッフェやイタリアンレストランに懐石など、
外苑前で上質なひと時を演出する...を
コンセプトにした、個性的な店が集まった小さな複合施設なの。

今回は超有名パティシエ、高木康政シェフのお店
「ル パティシエ タカギ」。

元々は高木シェフの「Assiette de desserts(皿盛りデザート)」や「トレトゥール(お惣菜)」、タパスといった
食事を出すという、新しい試みの場であったお店なの。

現在はランチに、
ビストロの様な内容の食事(トレトゥールといった方が良いか)、
またイートインのみのデセールも頂けます。

広くゆったりと店内。
オープンテラス席もあって、ゆっくりと過ごせるの。

───────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_0406 Img_5910_r

・デコレーション サーヴィス -Decolation service-・

イートインの場合、デザート用のデコレーションでサーヴィスしてくれます。
正直、とっても嬉しい。

Img_5912_r

・コクシネル -Coccinelle-・

コクシネルとは、「てんとう虫」の意。ホワイトチョコレートであしらわれてるの。

ほんのりと甘いレモンクリームに、
ブラッドオレンジムースの切なくなるほどの強い酸っぱさが
絶妙な作品なの。

レモンクリームは酸っぱさが強いと思ったのだが、意外でした。
見事な絶妙なバランスに、まるで一つの果実ではないか、と錯覚してしまいそう。

Img_5913_r   

・リュバーブ フレーズ -Rhubarb fraise-・

苺・リュバーブのコンポートが仕込まれているフワっとした苺のムースの下には、
チョコレートビスキュイ。
甘酸っぱさが、苺から来ているものとは単純に考えられない...
これはリュバーブの酸味との融合ということなのかな。

全体的に優しい甘酸っぱさで、美味しいです。

Img_5911_r

・アルパジョン -Alpajon-・

高木シェフのスペシャリテはマドレーヌと、このアルパジョン。
1992年ガストロノミックアルパジョンで優勝(最年少優勝)した際の作品なの。

ミルク・ビターと、二種のチョコレートムースの中に、
ピスタチオのババロアと野苺のソースを忍ばせたという、凝りに凝った作品。
飾り付けも、とてもセクシー....。

ほんのりと優しく、けれども少しだけビターな風味が残る甘さのチョコレートムースと、
ピスタチオの味がしっかりと感じる、コクのあるババロアとの相性は最高!

またね、その中に甘酸っぱい野苺のソースが絡み、
濃厚かつ複雑な甘さが口いっぱいに広がっていく..。
逸品。

Img_0410

・タルトフレーズ -Tarte aux fraises-・

サックサクのタルトの上には、タップリのカスタードクリームと苺♪
苺の甘酸っぱさに、カスタードのまろやかな味わい、
そしてタルトの食感とバランスが非常に良い作品です。

Img_0416_2

・ラ セーヌ -La seine-・

キャラメルムースとアーモンドビスキュイを何層も重ねた作品。
ムースは濃厚なのに、全体的にビシッと甘ったるさを感じない仕上がり。
コレ、シンプルだけど、好きです。

Img_0424

・シュースペシャル -Chou special-・

ナッツが入ったフカフカのシュー生地。
クリームはもの凄く濃いぃ黄色が特徴的で、モッチリとした感じ。美味しい~。

Img_0429

・アヴィニヨン -Avignon-・

フランボワーズとショコラを合わせたタルト。

これは面白い!
ちょっぴしビターなショコラタルトの中には、
フランボワーズ(ジャムかな?)にクレームオショコラが入ってるんですね~。

その上には、まろやかなへーゼルナッツがタップリと♪
目にも舌にも、驚きの連続!な作品です。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・デコレーションサーヴィスがとっても嬉しい♪

・ガレットも美味しそう♪
イートインのみのデセールも沢山ありますし、
ケーキ屋さんというよりカッフェな感じ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-25

甘味処 -Sweets- 「昭和風情薫る、美味しい汁粉屋」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:神田須田町
Location:KandaSudacho

店名:竹むら
Shop Name:Takemura

ジャンル:甘味
Restaurant genre:Japanese sweets

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_6268_r

Mamiko_kabe_2

体を芯から温めてくれる日本の代表的スイーツ、お汁粉。
私は春夏秋冬、季節関係なく頂いてます。

餡によって異なる味わい...。
御ぜん汁粉も田舎汁粉も、そして粟ぜんざいも。
皆大好き。

そんなわけで今回は、昔の建築物が数多く残る神田須田町の
超有名老舗甘味処「竹むら」。

昭和五年創業、木造三階建てのドッシリとした見事な建物は、
「東京都選定歴史的建造物」にも指定されてるの。

池波正太郎大先生が昔ながらの汁粉屋の風情ということで、
贔屓にしていた話は有名なの。

現在でも、観光客や甘味ファンは勿論の事、
蕎麦や鍋屋で、お酒を呑んだ後、
汁粉で〆る為に立ち寄る人は多いとか。

お品書きの中にソーダ水なんてあるのも懐かしい♪

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_6262_r Img_6264_r

・揚げまんじゅう (1人前2個) -Fried sweet bean paste bun-・

熱々!揚げたてです~。
衣はサクッと、皮はモチっとして美味しいっ!

中にはギッッシリと、熱々の上品な甘さの漉し餡が詰まってるの。
このサクッとした衣・モチッとした皮に濃し餡が合うこと合うこと....。

Img_6259_r

・御ぜんしるこ (漉し餡) -Sweet bean paste soup with rice cake
''Gozensiruko'' (strained bean paste)-・

箸休めの紫蘇の実の塩漬けが、より一層甘さを引き立ててくれます~。
焼き目が入った柔らかくコシのある餅に、
滑らかで上品な甘さの汁粉との合わさりがたまりません....。

最後にお茶を頂き、しばし餡の甘い余韻に浸りましょ..。

あ、ちなみに御ぜんしるこは、漉し餡、田舎しるこは、つぶし餡(つぶ餡)です。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・時間が止まったかのような空間は本当に静か。
落ち着きます。

・お汁粉が本当に美味しいです。
上品で滑らかな漉し餡がたまりません。

・揚げまんじゅうも揚げたて熱々~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-23

天ぷら -Tempura- 「花街を思いつつ、ちょいと天ぷらでも。」

Makiri_1_2

報告者:真桐 賢治
Reporter:Kenji Makiri

場所:南大塚
Location:MinamiOotsuka

店名:天ぷら つづみ
Shop Name:Tsuzumi

ジャンル:天ぷら
Restaurant genre:Tempura

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Dsc07222_r_filtered

Makiri_kabe_2

都電が走り、粋な小料理屋や料亭が今も多く残る大塚。
江戸料理を今に伝える料理屋や鮨屋、酒場。
BARやビストロにパティスリーなど、
個性タップリな良店が揃いに揃ってます。

さて今回は南口から徒歩数秒の位置にある商店街、
サンモール大塚内の一軒、
「天ぷら つづみ」。

昭和四十六年創業、御夫婦で切り盛りされているこちらのお店は、
天ぷらをメインとし、おでんやお刺身なども頂ける大衆割烹です。

「つづみ」の特徴は、天ぷらが揚げたてなのは無論、
娘さんの助言の下、用意されたという数種の「塩」。

岩塩や抹茶塩は何処でも見かけますが、
これ程種類を揃えているのは、大変珍しい事かと思います。

もう一つ、特徴を挙げるとすれば、
単品注文もリーズナヴルであることでしょう。

季節の珍魚「銀宝」等も「つづみ」では、お安く頂けます。

────────────────────────────────

これまでに訪れて、頂いたものは以下の通りです。

Dsc07217_r_filtered
(↑天ぷらは、おろしタップリの天ツユで頂くのも良いですが、
多種類用意された「塩」で食しても美味しい。
娘さんの助言の下、用意したとのこと。カレー塩や柚子塩胡椒、抹茶塩や紅塩等)

Img_7085_r_filtered

定食では味噌汁、手作りの切干大根やお漬物、そしてフルーツが付きます。

Img_7087_r_filtered

・魚天丼 -A bowl of fried fish and rice (Sakana-Ten don)-・

この日のネタは海老・キス・ハゼ・穴子など、どれも新鮮。
ふんわりとした優しい衣、天丼のタレも丁度良い甘さで美味しい。

Dsc07221_r_filtered

・夏やさい天ぷら定食・

谷中やあしたば、京都万願寺とうがらし等、夏野菜を堪能できます。
野菜ですが、結構ボリュームあります。

Dsc07275_r_filtered Dsc07276_r_filtered Dsc07277_r_filtered

・天ぷらセット -Tempura set (Dinner)-・

夜の部はお得なセットメニューが用意されてます。
こちらの天ぷらセットでは、お通しと天ぷらに御酒が付く形。

日本酒ならば正一合徳利、お燗も勿論OK。
手が空いていれば、最初の一杯は御酌もしてくれますw

お通しは家庭的な味で美味しいです。
じゃが芋の千切り炒めに、味が染みたおでん(卵・大根)。酒の肴にピッタリですね。

Dsc07280_r_filtered Dsc07279_r_filtered   

・銀宝 -Tidepool gunnel-・

ご主人が「銀宝」を見せてくれました。
『小骨は多いしぬめりもあるから大変』。実物を見て、私も実感しましたw

鱧に近い、弾力感のあるしっかりとした身は独特の甘みがあり、美味しいです。

────────────────────────────────Makiri_tibi
【まとめ】

・揚げたてでお安く、単品でも安心して
頼めるのが嬉しいですね。

・夜の部はお得なセットメニュー。オススメです。

・御夫婦はお話好きで、大塚という街について色々と面白い話を聞けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-21

洋菓子 -Sweets- 「子供も大人も。ど~れにし・よ・う・か・な♪」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:広尾
Location:Hiroo

店名:アレグレス
Shop Name:Allegresse

ジャンル:洋菓子
Restaurant genre:Sweets,Dessert

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_6949_r

Mamiko_kabe_2

広尾は、スイーツの激戦区。
ショコラからカントリー風菓子まで様々な個性豊かな店が揃ってます。

今回はそんな中の一店「アレグレス」さんにお邪魔したの。

オーナーパティシエ:塩谷 茂樹 氏の
「近所の駄菓子屋のように子供達が気軽に来て、
握り締めたお小遣いでお菓子を買える店にしたかった。」
とあるように、
1個40円のメレンゲや80円の南フランスの焼菓子「カリソン」等もあり、、
大人だけでなく子供達にも人気のあるパティスリーなの。

ちょうど目の前の小学校の子達が買いに来るのも
よく見かけます~。可愛い♪

さてさて、アレグレスでは、生/焼菓子共に
常時用意されている種類は豊富。
あと惣菜でキッシュも造られています。
こちらも美味しそう~。

イートインではドリンクだけでなく、ソルベのサーヴィス等
イートイン専用のメニューも充実してます♪

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

3_2
(↑ひとつひとつがリーズナヴルなので、二個三個とついつい頼んじゃうの♪)

Img_5752_r

・タルト オ フリュイ -Tarte aux fruits-・

しっかりとしたタルト生地の上に、
イチジクやキウィにベリー系等のみずみずしいフルーツの山。

フルーツの自然の甘みがたまらな~いの♪
果汁を吸って表面がしっとりとしたタルト生地がとても美味しい。

Img_5754_r_2

・ゼフィール -Zephyr-・

レモンムースの中にマンゴークリーム、アクセントとしてショコラスポンジでしょうか。

レモンムースって食べ続けているとクドさを感じてきてしまいがちだけど、
何だろう...ミントの風味やライチの香りを加えられているからかな、
爽やかな酸味・さっぱりとした甘みが癖になって、全然飽きが来る事無くぺロリ。

マンゴークリームの酸味やショコラスポンジの風味が良いアクセント♪

Img_5753_r

・エクレール オ ショコラ/カフェキャラメル -Eclair au chocolat/cafe caramel-・

アレグレスのエクレア生地はシッカリとしていて、好き。

クレーム オ ショコラにクレーム オ カフェキャラメル。
二つともネットリとした濃厚な甘さで美味しい~。

特にカフェキャラメルは苦味がしっかりと効いていて、大人の味。

Img_6945_r

・ネヴァ -Nevea-・

濃厚かつ滑らかなホワイトチョコレートムースの中にはショコラ・フォー、と
二種のショコラを同時に味わえるという贅沢な洋菓子なの。

ショコラフォーは絶妙な焼き加減で、見事な半生感覚の口当たり。
また、二種のショコラで口が満たされた中に、
別の甘さとしてタップリと入れられたチェリーが、良いアクセントね。

Img_6946_r

・ノワゼティーヌ -Noisettine-・

ノワゼットのダックワーズ生地にハチミツ風味のムースを乗せているの。

控えめな甘さのハチミツムースにダックワーズ生地がとても合います。
また、贅沢にも大振りのへーゼルナッツがタップリと使われていて、
カリカリッとした食感が凄く楽しい!

Img_7360_r_filtered

・サヴァラン セゾン -Savarin saison-・

アレグレスのサヴァランは、たっぷりとシロップが染み込んだブリオッシュ、
洋酒の主張はそこそこに、
カスタードクリームと砂糖漬けの果物の甘さ...。

とても絶妙なバランス具合...う~ん、これは好き。

Img_7362_r_filtered

・シャンテーニュ -Châtaigne-・

胡桃入りビスキュイのサクッフワッとした食感に、
コクのあるマロンクリームの組み合わせは、良く合ってるの。

ノチェロの香りの効用は具体的には良く分かりませんが、一口一口含む毎に、
まるで、''秋が訪れた素朴な風景'' の中に佇んでいるかのような気分にさせてくれるの。

Img_7364_r_filtered

・ガトー オ フレーズ -Gateau aux fraises-・

日本洋菓子の定番、苺のショートケーキ「ガトー オ フレーズ」。
デコレーションには苺の他に、野苺なの。

野苺の中には、ナパージュが詰められているという、ちょっとしたサプライズ♪

ふんわりとしたスポンジ生地に、程よい量・甘さの生クリーム、
そしてたっぷりと入った苺のさっぱりとした甘酸っぱさによって、
全体的にさっぱりとした甘さの洋菓子に仕上がってるの。

Img_7306_r

・シュー ア ラ クレーム -Chou à la crème-・

木の実入りのシュー生地のサクッサクッとした食感が美味しい。
中には、バニラビーンズたっぷりの濃厚なカスタードクリームが溢れんばかり♪

Img_7309_r

・レガル -Regal-・

モカ風味のアーモンドビスキュイに、プラリネクリームをサンド。デコレーションが綺麗なの~。

しっとりとしたビスキュイ、プラリネクリームとも若干ほろ苦みを感じつつも、
全体的には優しめな甘さなの。

Img_6948_r

・タルト カンパーニュ -Tarte Campagne-・

フィユタージュ生地にバター、角切りの林檎に砂糖を乗せた、
まるでピッツァのような焼菓子なの。
イートインで注文すると、温め直してくれま~す。

まずは、香ばしい香り。
次に、しっかりと良い食感・甘酸っぱさを感じる林檎に、バターと焦がし砂糖の風味。
そして、サクッサクッとしたフィユタージュ生地。

たまりませ~ん....。

Img_7181_r

・デリス オ ピスタージュ -Delices aux pistacchio-・

北海道産チーズのムースにピスタチオのムースの組み合わせ。
濃厚かつ、滑らかな2種の甘さの調和が見事な作品なの。

全体的に優しい甘さ。
(恐らくカラメリゼしたと思われる)ムースの下に敷かれた
へーゼルナッツのカリッサクサクッとした食感が良い♪

Img_7184_r

・オペラ -Opera-・

しっとりフワリとしたビスキュイ生地にクリームやガナッシュをサンドした、
贅沢な味わいが特徴の定番作品。美麗なグラサージュも特徴的なの。

クリームは勿論、ビスキュイにもほんのりとした甘さがあります。
全体的にビターではないので、誰でも美味しく頂けるオペラでしょう。

Img_9902_r

・タンタリオン(だっけ?)・

甘酸っぱい苺のムースの中には、たっぷりのバジル風味のムース。

口いっぱいに甘酸っぱさが広がりつつ、ほのかにバジルの香り。
ちょっぴり不思議な味わいの作品。

Img_9910_r

・ミルフィーユ -Mille_feuille-・

しっかりと焼きこまれた厚みのある、サックサクのフィユタージュ生地。
中には、生クリーム&フルーツ入りのカスタードクリームの二重奏。定番ですね♪

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・ひとつひとつの値段がお安め。
ついもう一個、もう一個と選んでしまいます。

・何と表現したら良いんでしょう...。
嫌味の無い、けれども美しい洋菓子達w
姿も味もしっかりとしていて、
更にお値段が安いので、私は気に入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-13

喫茶 -Caffe- 「これこそ、''ホットケーキ'' というものです。」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:茅場町
Location:Kayabacho

店名:珈琲家
Shop Name:Coffee house

ジャンル:喫茶店
Restaurant genre:Caffe

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5630_r_filtered

Mamiko_kabe_2

稽古事が終わったら、何だかホットケーキが食べたくなって。
パンケーキじゃないよ、''ホットケーキ''だよ。

最近お洒落なカフェだと表記はパンケーキ。嫌になっちゃう。
薄っぺらいの何枚も重ねてタワー何ちゃらなんていうネーミングまで付けちゃって。

多ければいいものじゃないの、
ホットケーキミックスのパッケージ写真みたいな、
ふっくらとしたのが食べたいの。

ぶつぶつと言葉が脳内を
かき混ぜながら足が止まったのは
茅場町の、ど真ん中。

ふっふっふ~♪
さすがオジ様達の町には良い(純)喫茶店がいっぱ~い。

というわけで今回は「珈琲家」です。
こちらはWeb上ではホットケーキで有名なお店。

店内は、カウンター数席に2人/4人掛け用のテーブル席。
マスターとママで切り盛りされています。

ホットドッグとかサンドイッチとか、
何だかどれも美味しそう♪

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_5603_r_filtered

・ブレンドコーヒー -Blend coffee-・

ん~、良い香り~♪こーいう処のコーヒーって美味しいですよね。

今時、チェーン店は多いけど、何故か分からないけど味気無いのね。
やっぱり珈琲はこういう地元に密着した、雰囲気のある喫茶店で呑むのが一番。

Img_5600_r_filtered

・ローストサンドウィッチ ハム&コンビーフ -Roast sandwich Ham & Corned beef-・

パリッサクッ...。ん~おいちぃ♪
ハムとコンビーフの組み合わせってちょっとしつこいかな?と思ったけれど、良い感じ。

付け合せのサラダは、フレンチドレッシングかな?イケます。

このサンドイッチなら倉磨の姉さんも好むんじゃないかな...。
あ、でも姉さん、ハード系のパン好みだっけ...。

Img_5624_r_filtered Img_5626_r_filtered

・珈琲家特製ホットケーキ(2枚) -Special Hot cake-・

きゃーーー、これよこれ、求めてたホットケーキ♪♪
銅版で時間をかけて丁寧に焼かれたホットケーキは何とも言えない美しい姿ね!

ナイフを入れると、ふんわりサクッ...と、あぁ...いい感じのモチモチ感..。
タップリのバターと蜂蜜で頂きま~す(この際カロリー気にしないw)!

んん~~、これは美味しいっ!
ナイフを入れたときと同じね。口に含むと、サクッ→ふんわ~り→モッチモチッ!
そして、溶けたバターとたっぷりの蜂蜜が...、これまた幸せな気分にさせてくれるの。

ゆっくりと時間をかけ味わっていると、あっという間に2枚ぺロリ。
☆大満足☆

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・今時お高い喫茶店でも冷凍物が多いホットケーキ。
ここは銅版で一から丁寧に、
美しく仕上がったホットケーキが頂けます。
しかも安い!♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

洋菓子 -Sweets- 「まるでフカフカのベッドに包まれているかのような」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:西池袋
Location:NishiIkebukuro

店名:ラ・ファミーユ
Shop Name:La Famille

ジャンル:シフォンケーキ
Restaurant genre:Chiffon cake

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5670_r_filtered Mamiko_kabe_2

シフォンケーキブームの元祖として知られる有名店「ラ・ファミーユ」。

実は私もシフォンケーキを自分の手で造りたくて、
ファミーユが開催している教室...はさすがに行けないので、
お教室DVDを購入したことがあるの。
結構分かりやすくてオススメ。

でもやっぱりデコレーションやアイディアは、
プロに適うわけないし、美味しいしね。
たまに寄るの。

明るい店内、厨房が見えるのが良いね。
イートインスペースはそんなに数無いけれど、設置されているわ。

勿論、コーヒーや紅茶といったドリンク類も充実。

どーでもいい話だけど、たまに近くの大学の子かな?
男子だけでケーキしているの見るけど、
何だかニンマリしてしまうわねw

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_5665_r_filtered

・本日のシフォンケーキ/オレンジのシフォンケーキ・

Img_5667_r_filtered

・本日のシフォンケーキ -Chocolate Chiffon cake-・

やっぱりファミーユのシフォンが安心する。

フカフカのベッドで眠るかの様な、ふんわ~りふわ~りと。
しっとりとしたチョコレートシフォン生地は軽く、とっても美味しいな。

全体的にまろやか~なショコラクリームの味(ちょっぴりビター)だけど、
「粒粒のカカオマス」やナッツ類がたっぷりと入ってたりと、食感も良いの。

それにしても、カカオマスとは...よく考え付くものね。

Img_5668_r_filtered_2

・オレンジのシフォンケーキ -Orange chiffon cake-・

こちらはプレーンシフォンに、粒粒のオレンジ果実と生クリームでデコレーションね。

ふわふわの生地と生クリームとの合わさりによる甘さ。
そしてしっかりと爽やかな果実の甘さを感じる、粒状のオレンジ。

全体的には爽やかなオレンジの甘さなの。
でもね、粒状のオレンジが少し冷んやりとしていて、舌を楽しませてくれる...う~ん、面白い♪

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・ふかふかしっとり♪
やっぱりファミーユのシフォンは美味しいです。

・本日のシフォンは何が出るか楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-12

パン -Bread- 「ひたすら美味しい、天然酵母パン。」

Kurama_1_3

報告者:倉摩 守那
Reporter:Kamina Kurama

場所:広尾
Location:Hiroo

店名:パネッテリア アリエッタ 広尾店
Shop Name:Panetteria ARIETTA Hiroo

ジャンル:パン
Restaurant genre:Bread

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5534_r_filtered

Kurama_kabe_5

ご飯よりパンが好きなオレだが、
無論どんなパンでもいいわけじゃないさ。
特にコンビニエンスストアのサンドウィッチなんて
恐ろしくて喰えたものじゃないな。

やはり造り手の顔が見えるパン屋が良いに決まってる。

そんなわけで今回は恵比寿橋入口交差点に佇む、
天然酵母のパン屋
「パネッテリア アリエッタ広尾店」だ。

パン・オ・ミエーレやセーグルショコラにバタールといった、
ハード系のパンが有名だな。

パン以外にもスコーンやラスク、サンドウィッチなんかもあるが
ほとんどが午前中で売切れてしまうんだ。

そういえばここ最近は、スープも始めたんだっけな。
サンドウィッチやお好みのパンと一緒なら
栄養も十分摂れるし、安く済ませられるな。

────────────────────────────────

これが今まで喰ったものだな。

Img_5540_r_filtered

・ジャーマンポテトサラダサンド -German potato sandwich-・

アリエッタのサンドウィッチは、
どれも野菜が豪快かつ多めにサンドされているが嬉しいな。

たっぷりとサンドされたジャーマンポテトサラダは、
ほくほくのジャガイモやベーコンの食感が良いな。
味付けは、まろやかでさっぱりとしてて旨い。

周りを包むレタスもシャキッと新鮮。
トマトの酸味も良いアクセントとなっている。

Img_5536_r_filtered Img_5544_r_filtered

・島唄チョリソー(大) -Simauta Chorizo (Big size)-・

迫力満点な島唄チョリソー(大)。
フランスパンの中にソーセージぶっこまれているというから凄い。

この島唄チョリソーは、アリエッタの定番のひとつだ。
まぁ、買ってすぐに歩きながらかじっても良いんだけど、
大抵、自宅に持ち帰って焼き直して喰うかな、オレは。

カリッパリッサクッという良い歯ざわりと、もっちも~ちとした食感。
んで、島唄チョリソーの溢れる肉汁に、マスタードの酸味がたまらん。

小と大サイズがあるが、チョリソーの旨さを存分に味わいたいなら、
個人的には大がオススメだな。

Dsc00495_r_filtered

・チーズフランス -Cheese bread-・

中はチェダーチーズだったかな...?
これも焼きなおして食べるのが良いぜ。
カリッとモチッとした食感にチーズのとろけるような旨味の合わさりが、たまらんな。

Dsc00498_r_filtered

・カレーパン -Curry bread-・

アリエッタじゃ珍しい、ふわっふわ~っとした生地だな。
中のカレーが具沢山でまろやかで旨いな。

Dsc00537_r_filtered

左からクリームパンにアップルパイに、きのこシチューフランス。
旨そうだろ?

Dsc00538_r_filtered

・クリームパン -Cream bread-・

こちらもカレーパン同様、ふわッとした生地だ。

カスター ドクリームは、よくあるクリームパンのフィリングとは異なって、
ぷりんップリンとした固まり状のものがタップリと入ってるな。

Dsc00540_r_filtered

・アップルパイ -Apple pie-・

サクッサクッとしたパイ生地、そしてクドクない控えめな甘さのフィリングが旨いな。
林檎の甘酸っぱくシャキッシャキッとした食感も味わえるのも良い感じ。

Dsc00550_r_filtered

・きのこシチューフランス -Cream of mushroom stew bread-・

これもアリエッタの人気パンのひとつだ。
たっぷりのキノコシチューを、モチモチパンの上に豪快に!

クリ~ミ~な味わいの中に、きのこの風味・香りがたまらんな。
焼きなおすと更に風味も香りも強くなり、旨さが倍増するぞ。

Dsc00614_r_filtered

・スコーン(チョコレートチップ) -Chocolate Chip Scones-・

大きな粒状のチョコレートチップがたっぷり!
サクっサクっのスコーン生地に、
ちょっとビターな風味のチョコレートチップが合うな。

Dsc00624_r_filtered

・ミートソース&チーズフィリングのパン(名を忘れたぜw) -Cheese&Meat bread-・

サクッサクの薄いラスクの様なパンが軽くて良い。
ちょっと懐かしいミートソースの味と溶けたチーズの風味も合わさりが旨いな!

──────────────────────────────── Kurama_tibi_4
【まとめ】

・ハードタイプのパンをメインに、
デザート・惣菜パンやサンドウィッチ、
さらにラスクやスコーンなど種類多く、
どれも旨いぜ。

・特に俺が気に入ってるのは、島唄チョリソー(大)。
周囲を気にせず、歩きながらかぶりつこうな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

・チャット -Chat- | ・夜 -DINNER- | ・昼 -LUNCH- | ・昼下がり -EARLY AFTERNOON- | ・朝 -BREAKFAST- | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\10000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\1000  | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\2000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\20000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\3000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\4000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\500 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\5000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\7000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\8000 | ・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\9000 | (場所)中野 -NAKANO AREA- | (場所)六本木 -ROPPONGI AREA- | (場所)南青山 -MINAMI AOYAMA AREA- | (場所)台場 -DAIBA AREA- | (場所)大塚 -OOTUKA AREA- | (場所)広尾 -HIROO AREA- | (場所)恵比寿 -EBISU AREA- | (場所)新宿 -SHINJUKU AREA- | (場所)新橋 -SHINBASHI AREA- | (場所)日本橋 -NIHON_BASHI AREA- | (場所)有明 -ARIAKE AREA- | (場所)木場 -KIBA AREA- | (場所)板橋 -ITABASHI AREA- | (場所)池袋 -IKEBUKURO AREA- | (場所)浅草 -ASAKUSA AREA- | (場所)渋谷 -SHIBUYA AREA- | (場所)目白 -MEJIRO AREA- | (場所)神宮前 -JINGUUMAE AREA- | (場所)神田神保町 -KANDA_JINBōCHō AREA- | (場所)神田須田町 -KANDA_SUDACHO AREA- | (場所)船堀 -HUNABORI AREA- | (場所)茅場町 -KAYABACHO AREA- | (場所)要町 -KANAMECHO AREA- | (場所)赤坂 -AKASAKA AREA- | (場所)青山 -AOYAMA AREA- | (場所)静岡 -SIZUOKA- | (酒)居酒屋 -IZAKAYA- | (酒)立ち飲み -STANDING BAR- | (食)うなぎ -Unagi- | (食)おやつ -Snack time- | (食)お持帰り -Take out- | (食)お結び -Omusubi- | (食)どぜう -Dojo- | (食)グランメゾン -GRANDE MAISON- | (食)トラットリア -TRATTORIA- | (食)パン -Bread- | (食)ビストロ -BISTRO- | (食)ピッツェリア -PIZZERIA- | (食)ブラッスリー -BRASSERIE- | (食)リストランテ -RISTORANTE- | (食)中 -CHINESE CUISINE- | (食)仏 -FRENCH CUISINE- | (食)伊 -ITALIAN CUISINE- | (食)会席/懐石料理 -Kaiseki ryōri- | (食)割烹 -JAPANESE RESTAURANT- | (食)和 -JAPANESE CUISINE- | (食)和菓子 -Wagashi- | (食)喫茶 -CAFFE- | (食)天婦羅/天麩羅 -TEMPURA- | (食)寿司 -SUSHI- | (食)小料理屋 -A SMALL RESTAURANT- | (食)御弁当 -Lunch box- | (食)拉麺 -Noodle- | (食)無国籍 -FUSION- | (食)焼豚 -YAKITON- | (食)甘味 -SWEETS- | (食)鉄板焼 -TEPPAN_YAKI- | (食)饂飩 -UDON-