« 2010年2月 | トップページ

2010-03-10

うなぎ -Unagi- 「江戸っ子の様にパパッと美味しい鰻を。」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:日本橋
Location:Nihonbashi

店名:美國屋
Shop Name:Mikuniya

ジャンル:うなぎ
Restaurant genre:Unagi

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_9747_r_2

Mamiko_kabe_2私にとって日本橋といえば、タカシマヤと此処、
うなぎの「美國屋」。

お店の歴史自体は明治に遡り、
日本橋で鰻屋としては昭和21年からみたいなの。

モットーは美味しいうなぎを、できるだけ安くみなさまに」。
嬉しい言葉なの!

美國屋の特徴は、本当にシンプルなところ。
う巻きとかそういう品書きは全く無くて、三種の「うな重」だけ!
(他に上新香、蒲焼白焼き。お酒は瓶ビール。)

私は江戸っ子みたいにパパッと食べてご馳走様。
たまにはいいよね、こーいうの。

最高級の国産鰻に、ふっくらお米...それとお漬物..。
思い出したらまた食べたくなっちゃったw

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_9745_r Img_9744_r

・うな重 -Broiled eel served over rice- (\2000のやつ)・

うな重の値段の違いって、鰻の大きさとかなんだよね。
だから高ければ、厚みとかもあって脂の「のり」も変わってくるって
聞いたことはあるんだけど。

山椒タップリかけて一度蓋をして...いただきま~す。

うん、美味しい♪フワ~っと十分、脂の乗った良い鰻ちゃんなの♪
タレも甘めで、ご飯に染みて、もうたまらない。

肝吸いと、パリッと美味しい漬物も付いて、このお値段は御得!偉い!

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・鰻/肝吸い/新香。全て完璧。美味しいです♪

・お店の中のお品書きは、うな重のみですが、
白焼き/蒲焼/上新香、それから
お酒は瓶ビールがあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-03-07

フレンチ -French- 「金華豚をワインと共に...」

Yukari_1_2

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:六本木
Location:Roppongi

店名:プロヴィナージュ
Shop Name:provinage

ジャンル:フレンチ
Restaurantgenre:French

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_1762

Yukari_kabe六本木、「プロヴィナージュ -Provinage-」。
当初はありきたりなワインバーを想像していたんだけど...。

雑居ビルの2Fに
これほど素晴らしいフレンチがあったとはね。
もう少し早く知るべきだったわ。

北川シェフによる美しい料理。
そしてソムリエである田中氏による素晴らしいワイン。

料理はコースもアラカルトもリーズナヴルなのが特徴。
美味しいワインをグイグイ、
料理をガツガツできるのが良いわねw

落ち着いた雰囲気の店内は、テーブル席は勿論、
しっかりと造り手の見えるカウンター席もあるわ。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

2

・パン -Pain-・

焼きたて熱々、もっちりパン。しかも違う種類もあるわ♪
香ばしい~♪

────────────────────────────────

【アミューズ -Amuse-】

Img_1724

・金華豚のリエット 人参のムース添え・

金華豚って国産(平田牧場とか)もあるのね~...。
麗ちゃん(李)から色々聞いてると、
やっぱり金華豚って中華の材料というイメージが固まっちゃってたんだけどね..。

まったり、美味しいわね。甘い人参のムースも結構好きだわ。

────────────────────────────────

【冷前菜 -Entrée froide-】

Img_1730

・焼きサーモン 4種のスパイスとチャツネをのせて バルサミコ酢と共に・

ちょっぴり火が入って旨味がギュッとつまったサーモン。
口の中でスッととけていき...そこにチャツネの甘さ。これはたまらないわね..。

スパイス自体は主張はそれ程感じないけれど、カリッとした食感を演出していて、
結構面白い一皿だわ。

────────────────────────────────

【温前菜 -Entrée chaude-】

Img_1732

・金華豚のパイ包み 黒トリュフソース(タルトゥファータ)・

良い香りだわ~...。
サックサクのパイを開けると、肉汁溢れる挽肉状の金華豚がたっぷりと。

しかしこのソースもパイ自体もまったく脂っこくないのよね...。
むしろ、サッパリとしているから不思議。

トリュフの芳醇な香りとジューシーな金華豚の融合。お見事♪

────────────────────────────────

【メイン -Plat/Poisson-】

Img_1736

・真鯛のブレゼ デュクセルソース・

ブレゼは蒸し煮...だけど、これはちょっとポワレ(皮がパリッと)もしてあるようね...。
(あぁ、でも本来の「ポワレ」の意味かもしれないけど..。)

デュクセルソースというのは、マッシュルームと香味野菜のソース。
これもホント、良い香りだわ...。

ソースはクリーミーでコクがあって、美味しいわね!
真鯛との相性は勿論、抜群だわ♪

────────────────────────────────

【グラニテ -Granité-】

Img_1745

・シャンパンのグラニテ・

口直しは必需品よね。

──────────────────────────────── 

【メイン -Plat/Viande-】

Img_1751

・金華豚のグリエ ナッツのソース・

噛めば噛むほどジュワーと肉の旨味が感じられるわ。
さっきから言ってるけど、この金華豚は
他の豚(例えばイベリコや東京Xなど)と比べると、サッパリしているのよね。

だから脂が云々でスッととけるような~、じゃなくて
とにかくスペアリブの様にガシガシと噛んで噛んで(勿論柔らかですけど)、
(゚Д゚)ウマーなわけなのよ。

ナッツのソースは素朴だけど、しっかり味(どういう意味だこっちゃw)。

────────────────────────────────

【ワイン -Vin-】

はっきり言ってワインブログを描いてらっしゃるブロガーの様に
旨い表現ができないのが口惜しいわw

3

・-Weninger NuBberg Alte Reben 2007-・

オーストラリアを代表するワイン、ニュスベルグ アルテ レーベンね。
ミネラル感だとか色々と表現されているけれど、ズバリ!美味しいワインね!w

あんまりにも気に入ったので家呑用に3本買いました。それぐらい好き。

4

・-MEURSAULT Cuvee selectionee 2005-・

コチラはフランス ブルゴーニュのムルソー キュヴェ・セレクショーネ。
ちょっと力強さも感じるけれど、これも呑みやすくて美味しいワインね。
香りもとても良かったわ。

────────────────────────────────

【デセール -Dessert-】

Img_1753 

・ソーラルヌのジュレ コンポートした葡萄と共に・

ソーラルヌってことは、白ワインのドゥルト・フレール・ソーラルヌかしら。
(何て贅沢なw)

ジュレだけど、ワインらしさは失われておらず、大人のデザートね。
甘酸っぱい葡萄のコンポートも美味しい♪

────────────────────────────────

【カフェ -Cafe-】

Img_1758

・フレッシュ・ハーブティーとプティフール・

食後はフレッシュハーブティーで酔いを醒ます....。
毎回の事だけど、ホント贅沢よね...。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・結構面白いワインが揃ってるわね。
毎回思うけどソムリエって凄いわ、ホント。

・「金華豚」は半頭買いしていて、
色んな部位が手に入るそうね。
美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ