« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009-11-22

フレンチ -French- 「こーいうのが、理想のフレンチね」

Yukari_1_2

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:日本橋
Location:Nihonbashi

店名:オーグードゥジュール メルヴェイユ
Shop Name:Au gout du jour merveille

ジャンル:フレンチ
Restaurant genre:French

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_8923_r

Yukari_kabe

本来は完全な個人のお店しか行かない主義だけど...。
今回は例外。だって...理想通りのフレンチだから。

お店の名前は「オーグードゥジュール メルヴェイユ」。
オーグードゥジュールグループの一店ね。

大きなガラス扉を開ければ、心地よい空間と良い男達...失礼(w)、
柔らかな物腰なギャルソン達が迎えてくれるわ。

ちなみに此処、ランチでは色々と時間調整をしてくれる。
ゆっくり食事できない時等は事前に言えば、対応してくれるのは、
多忙なOLにとっては嬉しいサーヴィスだわ。

また、コースの料理についての説明がとても丁寧ね。
どれも美味しそうに説明してくれるので、
聞いているだけで、何にしようか迷ってしまうわね。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

5_5

・パン -Pain-・

パンは焼きたて♪パンの種類が替わるのも嬉しいわね。
この岩塩(かな?)が、かかったバターが、とても美味しいわ。

────────────────────────────────

【前菜 -Entrée-】

Img_7728_r

・「季節」
''赤ピーマンのムース 水茄子の素揚げに蟹のタルタルや雲丹
コンソメジュレをのせたもの 完熟トマトソース''・

みずみずしい水茄子に甘みのある蟹や雲丹、そしてコンソメの味の合わさり...、と思いきや
そこにトマトソースの優しげな酸味が合わさるという...、上品な味わいね...。

赤ピーマンのムースは、ピーマンの甘さと、なめらかな口当たりがたまらないわね。

Img_8928_r

・「季節」
''蟹のタルタルをサーモンで包み、洋梨のピュレを敷いたもの
グレープフルーツの「泡」のせ'' (洋梨、カリフラワー添え)・

これは凄いわ。蟹やサーモンと柑橘類の美しい融合ね。
海鮮類の旨味と甘み、さらにグレープフルーツや洋梨のピュレの甘み。
う~ん...美味しいわぁ...。

それにしてもグレープフルーツの「泡」、ねぇ...。面白いわね。

────────────────────────────────

【メイン -Plat/Viande-】

Img_7733_r

・やんばる豚のグリエ 肉汁をベースとしたソース 蕪のグラタン 
バニラ風味の薩摩芋のピュレ 紫キャベツのソテー添え・

肉汁をベースにしたソースとの事で、肉本来の旨味や甘みを堪能できる一皿ね。
脂身が甘いの何の...、だけど全くしつこくないというから不思議だわ。

添えられた紫キャベツは口直しにピッタリね。
蕪のグラタン薩摩芋のピュレは副菜というよりデザートの様な甘さで美味しいわ。

────────────────────────────────

【メイン -Plat/Poisson-】

Img_8937_r

・尾長鯛のポワレ 甲殻類のソース  赤栗南瓜のピュレ ちじみホウレン草のソテー添え・

皮はパリッと、身はふわっと。良い感じ。

甲殻類のソースとは味自体はあまり印象的でなかったけど、
代わりに、控えめな甘さの赤栗南瓜のピュレが鯛の淡白な味わいに良く合ったのが驚きね。

また、ちじみホウレン草の「茎」のみずみずしく、強い甘さが印象に残ったわね。

────────────────────────────────

【ワイン -Vin-】

6

・-2007 Domaine des Granges de Mirabel-・

こちらは、前菜の蟹のタルタルに合わせてもらったワインね。

香りはライチのよう。
スッキリとした口あたりだが、味わいはしっかりとしていると言うか、ドッシリしていると言うか...まぁ、とにかく美味しいのよww

魚介類系の前菜との相性は個人的にバッチリかと。

7

・-2005 Savigny les Beaune Appellation controlee-・

こちらは、メインの鯛のポワレに合わせてもらったワインよ。

柔らかで上品な酸味、ほのかに果実の風味、そして苦味...。
優しく酔わせてくれるような...とにかく美味しいわw

────────────────────────────────

【デセール -Dessert-】

Img_7736_r

・秋栗のクレームブリュレ マスカルポーネのシャーベット オレンジピール入り・

クレームブリュレには小さな栗がゴロゴロと、
それと、カスタードプティングにもペースト状にした栗を混ぜ込んでるわね...。
栗をたっぷりと堪能させてくれるデセールだわ。

マスカルポーネのシャーベットはチーズそのものの味わいで旨い。
オレンジピールが良いアクセントになっているわ。

Img_8949_r

・リコッタチーズのアイスクリーム
沢山のフルーツとゼリー マスカルポーネを敷いたもの・

リコッタチーズの、ホワホワ~とした食感とほのかな甘みがたまらないわね...。

フルーツゼリーとマスカルポーネも合わさって中々ボリュームのあるデザートとなっている。
それにしてもマスカルポーネはホント、万能ね。何にでも合うわ。

────────────────────────────────

【カフェ -Cafe-】

Img_8951_r

・ハーブティーとフィナンシェ・

食後は珈琲、紅茶、ハーブティーなどから選択。
フィナンシェは温かく、外はサクッ、中はシットリとして美味しいわ。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・値段はリーズナヴル。
料理の質は勿論、サーヴィスも良いわ。

・色々と呑んでみたい私にとって、
ワインをハーフにしてくれるのは嬉しいわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-11-03

洋菓子 -Sweets- 「絶品!シェフの ''きまぐれ''」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:松江
Location:Matsue

店名:ぼん りびえーる
Shop Name:Bon Riviere

ジャンル:洋菓子
Restaurant genre:Sweets,Dessert

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_7582_r

Mamiko_kabe_2

「きまぐれ」は「自由」。
定められた形も良いけれど、きまぐれを求めて...。

求めてやって参りましたのは、船堀!
此処、船堀はさりげなく実力派パティスリーの多いエリアでもあるの。

今回はその中の一店「ぼん りびえーる」です。
地元の方々は勿論、遠方から来るお客様も多いとか。

並べられてる洋菓子は、
焼き菓子ではフィナンシェやノワゼット等、
生菓子ではシューアラクレームやクレームブリュレといった、
定番からオリジナル性溢れる面白い作品まで、
どれも独創的で美味しそう~。

香料や添加物は使わず、生鮮果物は全て国産品、
遺伝子組み換え食品は使用せず...は、
HPにも書かれている事だけど、
直接ご主人の口からもしっかりと説明してくれました。

ご主人の洋菓子に対する熱い想いは凄いです。
ついつい時間を忘れて30分以上も話しちゃいました。

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_7573_r

・シュー ア ラ クレーム -Chou à la crème-・

シュー生地は全体的にフンワリとしたタイプで、ナッツの食感が良い感じ。
そして、「これでもか!w」とばかりに詰められた、
バニラビーンズがタップリと入った濃厚なカスタードクリームが美味しい~。

Img_7577_r

・テ (アールグレイ紅茶クリーム&アーモンドビスキュイ・グランマニエ酒風味)・

紅茶のクリームは甘さ控えめ。
ふんわりとしたアーモンドビスキュイと合わさっても、
全体的にさっぱりした甘さにまとまっている作品でした。結構好き。

後々にそっ....っと仄かに、グランマニエの香りを感じるのが良いですね。

Img_7581_r

・シェフのきまぐれ -Caprice-・

この日の「きまぐれ」は、三つの美しい層が特徴のロールケーキです。

フワッフワッのしっとりとしたショコラロールに包まれているのは、
濃厚なバナナババロアに、何と、シークゥワーサーのムース...。

当初はマンゴームースかと思ってしまったぐらい、
優しい甘酸っぱさが口いっぱいに広がっていきます。
舌にも脳にも常夏の国が広がっていく...。

それにしてもシークゥワーサーとは....よく考え付いたものです。
正に「きまぐれ」が生み出した逸品でしょう。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・今流行の凝りに凝り過ぎた造りでは決してありませんが、
丁寧に造られていて、美味しいです。

・特に「シェフのきまぐれ」が、面白い!

・ご主人は気さくな方で、ケーキについて
分からないことがあれば、色々と教えてくれますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »