« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009-10-21

イタリアン -Italian- 「IL PRANZO DI SABATO ~リストランテ ボリーチェ~」

Yukari_1_2報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:南青山
Location:MinamiAoyama

店名:リストランテ ボリーチェ
Shop Name:RISTORANTE BOLICE

ジャンル:イタリアン
Restaurant genre:Italian

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5939_r

Yukari_kabe

BOLICE = BOTTEGA×FELICE.

"BOTTEGA" とは工房やアトリエという意

"FELICE" とは幸せな、という意

様々な想いを込めた、2つの言葉の組み合わせ。

それが、''-BOLICE-''。

(Ristorante BOLICE より抜粋)

---------------------------------------------

良い言葉ね...。
実際に私自身も幸せな気分にしてもらったわ。

今回のお店「リストランテ ボリーチェ」は、
常に心も舌も楽しませてくれたリストランテですの。

コスト面においても、スタッフサーヴィスにおいても、
そして味・見た目においても、最高だわ♪

オーナーシェフは岡村浩昭氏の造り出す料理の世界は、
とにかく「面白い」の一言に尽きるわ。

ソムリエの方も気取りなどは感じさせない、
フレンドリーな方ね...
色々と世間話をしたものだわ。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

Img_5959_r

・自家製フォカッチャ -Focaccia-・

トマトと胡桃入りのふんわりとした、手の込んだ温かなフォカッチャだわ。
ほんのりとしたトマトの酸味に、カリッコリッとした胡桃の食感が楽しく、
いくつでも食べたくなるほど美味しいわね。

────────────────────────────────

【前菜 -Antipasti-】

Img_5962_r_2

・季節野菜のサラダ -Salato-・

薩摩芋や珍しい旬の野菜が山盛りのサラダね。
赤玉ねぎを使ったソースがとても綺麗で、甘さと酸っぱさのバランス良く美味しいわ。

Img_5961_r

・北海道産とうもろこしのスープ -Zuppa di mais-・

単に濃厚なスープというわけではなく、
北海道産とうもろこしのみずみずしさと甘さが
しっかりとスープという形で表現されているわ。

Img_6064_r

・九重栗かぼちゃのスープ -Zuppa di zucca-・

まるでスイーツかの如く、甘みが強い九重かぼちゃ。
スープなのにホクホク感が伝わるという、不思議な味わい。

Img_0462_r Img_5927_r Img_3304_r_filtered

・前菜の盛り合わせ -Antipasti misti-・

当たり前かもしれないけれど、内容がちゃんと変わるのが良いわね。
タコのトマト煮込み、フリッタータやブルスケッタにマリネとか。
イタリアンでは定番だけど、どれも一手間加えられていて、一味違うわね。

また休日のランチには、小さなポタージュが加えられているのが嬉しいわ。
ほんのりと甘いさつまいもの冷製ポタージュは、
夏の暑い日には優しく体を冷ましてくれたわね。

Img_5977_r

・前菜 -Antipasti- 金目鯛の昆布〆・

ディルやピンクペッパー、赤玉ねぎが敷かれているわね。
イタリアンで昆布〆!?なんて最初は思ったけど、
こーいうのがあるからボリーチェは面白いのよ...。

程良く引き締まった身は甘くて美味しいわ。

Img_6060_r

・前菜 -Antipasti- 三陸産サーモンのカルパッチョ・

サーモンのカルパッチョの下には、林檎のペーストね。
サーモンと林檎の相性は言うまでも無く、最高だわ。

大抵、サーモンのみであれば後々、クドさが来てしまうものだけど、
林檎の甘みが加わることで、それが無くなるわね。
要は、美味さが倍増するわけってこと。

────────────────────────────────

【パスタ -Pasta_Primi piatti-】

Img_0465_r

・パスタ -Pasta- たっぷりキノコとパルミジャーノ フェデリーニ・

オリーブオイルとパルミジャーノを中心としたシンプルな味付けに、
しっかりと、たっぷりキノコの旨味が加わってるわ。
キノコ好きにはたまらないパスタだわ。

Img_3311_r_filtered

・パスタ -Pasta- 白海老と万願寺唐辛子 フェデリーニ・

シンプルでアッサリとした味付けで、白海老のサクサクとした食感が楽しいわ。
万願寺唐辛子や白海老のほのかな甘み、香りも良いわね...。

Img_5928_r

・パスタ -Pasta- 北海道産さんまのシチリア風 フェデリーニ・

あらヤダ...、秋刀魚ってこんなに良い香りがするものだっけ....。
恐らくセルフィーユか何かが加えられているんでしょうね。

ウイキョウや松の実の食感が良く、トマトやレーズンの甘みが加わって、
全くクドさを感じさせない、パスタとなっているわね。

それにしても秋刀魚とレーズンの組み合わせがこれ程合うとは...、驚きだわ。
ホント、面白いわね。

Img_5986_r

・パスタ -Pasta- 白海老とズッキーニの自家製手打ちタリオリーニ・

けずられた青柚子の皮の香りに、手打ちタリオリーニのモッチリとした食感が良い。
サクットロッと、ズッキーニの甘みに白海老の旨味が、手打ちタリオリーニと合わさって、
見事な一皿となっているわ。

Img_5966_r

・パスタ -Pasta- ローマ風ラザーニャ・

何とも美しい形をしたラザーニャね....。ナイフを入れるのが勿体無いぐらいだわ...。

火傷しそうな程の熱々、ふわっ~としたチーズの良い香り....。
そして、ラグーにベシャメルソースの絶妙なバランス...。これはたまらないわね...。

Img_5979_filtered

・パスタ -Pasta- 雲丹と苺の冷製カッペリーニ カラスミ添え・

カッペリーニという料理でフルーツを使うのはそれほど珍しいことではないわ。
でもね....。「苺」と「雲丹」だから驚いたし、面白かったのよ。

恐らく、こんな組み合わせを実際に一皿として表現するのは、
岡村氏しかいないんじゃないかしらw
(賢治に話したら、
「福島辺りの郷土料理''雲丹苺煮''を、字のまんま表現した料理ですね...」なんて
ツマラナイ事言ったんで、その場で半殺しにしたけど♪)

年初めに頂いたときは、苺の甘みが強いものであったのを憶えているわ。
苺の甘さに、雲丹のネットリとした甘みの合わさり。言葉にできない程の美味しさだったわ...。

そして9月、お店に無理を言って、再会w
苺は甘さよりも酸っぱさが少し強いものであったが、カラスミが加わったことにより、
《雲丹の甘さ・苺の甘酸っぱさ・カラスミのコク》...と、不思議な組み合わせの実現ね。
恐ろしいほどの絶妙なバランス関係が、構築されていたわよ....。

正に、究極の三位一体という表現は、この一皿に当てはまるわね。

────────────────────────────────

【メインディッシュ -Secondi piatto-】

Img_6068_r

・主菜 -Secondi- 岩手県産岩中豚のグリル・

迫力あり、付け合せとは思わさせぬ、たっぷりの野菜のグリルに圧倒されるわ...。
それにしてもホント、色鮮やかだこと....。

絶妙な焼き加減でジューシーな豚のグリルの、甘みのある脂と、
マディラ酒を使った甘みとコクのあるソースとの合わさりがたまらないわね...。

野菜もみずみずしく、甘みがあって美味しいわ...。

────────────────────────────────

【ワイン -Vino-】

Img_5984_r_3 

・食前酒 -Aperitif-・

シェフからの素敵なおくりもの、シャンパンを頂いた事を思い出しました...。
そういえば当時の私は、アペリティフを頼まない程、がめつい女だったわね..。

3_3

・白ワイン -マルケ州 ヴィラ ブッチ '07- / Vino biancco -MARCHE VILLA BUCCI '07-・

思えば、食べるだけの私が、ワインと料理を同時に楽しむ事に目覚めさせてくれたのも
ボリーチェだったわね...。

そう...今まで某女優が大嫌いでw、ワインを敬遠してきたんだけど、
間近でソムリエの仕事を見て一目惚れしてしまったんだったわね...。

これが初めて真剣に料理と合わせてもらったワイン、という事になるわ。

主菜である岩手県産岩中豚のグリルに合わせてもらったワインね。

わずかながらに感じる果実の香り。
初めに心地の良い苦味...、フルーティーな味わい、
じわ~っと酸味が余韻として感じる..。

豚の脂の甘みと良くマッチした、素晴らしい組み合わせだわ。

4_4

・食後酒 -マディラ諸島 バーベイト マディラ スウィート- / Digestivo -Arquipélago da Madeira BARBEITO MADEIRA SWEET-・

微量頂いただけでも、香りが鼻全体に広がり、ほんのりと酔いがくるわね...。
食後酒ってみんなこんな感じなのかしら...。

────────────────────────────────

【ドルチェ -Dolce-】

Img_5930_r

・自慢のドルチェ -ティラミス- / Dolce -Tirami su !!!-・

シェフはお酒があんまり得意ではないようで、お酒は加えられていないとのこと。
それでも、スポンジ部分にブランデーケーキの様な味わいを感じるわね...。

これは、どうやらスポンジをカプチーノに漬け込んで造られたようね...。
誰でも美味しく安心して頂けるドルチェにする為にここまで....、凄いわ。

Img_5968_r

・自慢のドルチェ -栗のプリン エスプレッソがけ- / Dolce -Budino di castagne・ (Caffè)-

なめらか~で甘みの強い栗のプリンに、ほんのりと苦いエスプレッソ。
ちょっぴり大人の味ね。

プリンの中には食感が感じられる程の小さな栗の実が、ゴロゴロと入っているわ。
これは嬉しいw

Img_5990_r

・自慢のドルチェ -パンナコッタ (フルーツ添え)- / Dolce -Panna Cotta-・

ミルキ~で口当たりなめらかなパンナコッタに甘酸っぱいベリーソース。
たっぷりのフルーツが添えられていて、見た目も綺麗ね。

全体的に甘さ控えめ、さっぱりとしていて美味しいわ。

Img_3315_r_filtered

・自慢のドルチェ -特製クレープ- / Dolce -Crespelle-・

ボリーチェのブログは結構好きで暇あれば読んでいたりするんだけど、、その事を伝えたら、
通常のドルチェではなく、クレープを作ってくれたわ。

焼き目が綺麗な生地に果実の色、これまた見た目鮮やかなクレープね...。
果実の甘酸っぱさに生クリームの甘み。

これ以降、他のところではクレープを食べれなくなってしまったわねw

Img_6076_r

・自慢のドルチェ -特製ショコラムース- / Dolce -Mousse de Chocolat-・

シェフはショコラの達人。
BOLICE風チョコレートパフェ...のつもりだったんだけど、無かったので、
その代わりに特別に造ってくれたドルチェよ。シェフ、ほんとにすみません....。

オレンジ、ショコラムース、そして下にはマーマレードのコンポート...
あ!これはパルフェだったのね!w (いま気が付いた\(;゚∇゚)/

濃厚なショコラムースに、
みずみずしく甘酸っぱいオレンジと粒粒食感のあるマーマレードコンポートが合わさって、
ショコラ主体なのに、さっぱりとしたドルチェになっているわ。

それにしても、このショコラムース、驚くくらい全然しつこくないわ。
とろけてしまうようなこの甘さ....、どんなショコラティエのものよりも美味しいかも...。

────────────────────────────────

【カッフェ -Caffe-】

Img_3312_r_filtered 5_4 Img_5992_r

・カフェ -ハーブティー- / Caffe -Harbal tea-・

ハーブティーは、数種用意されているわ。
シャンピンマスカットやファインフィール、ライムスカッシュにブルーグラスなど。

中でもフレッシュミントティーは私のお気に入りよ。
香りでも、味でも、ス~ッと体を優しく癒してくれるのが良い。

ハーブティーはおかわりできるので、空いている時は、ついつい長居してしまったものね....。

小菓子は、フィナンシェや砂糖がけされたトマトのゼリー等。
トマトのゼリー(Pomodoro in gelatina)が出てきたのは意外ね...。
甘酸っぱくて美味しかったわ。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・店造り、人、料理、コスト。
どれを見ても理想のリストランテです。

・考え直してみると、中身はリストランテなのに、
値段はオステリアもしくはトラットリア並ですわね...。
もう少し値段上げても良かったんじゃ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-11

イタリアン -Italian- 「酒飲み女の館 -Sökkvabekkr-」

Yukari_1_2

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:恵比寿
Location:Ebisu

店名:ベヴィトリーチェ
Shop Name:Bevitrice

ジャンル:イタリアン
Restaurantgenre:Italian

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_7397_r

Yukari_kabe

お酒の神様といえば頭に思いつくのは、
ローマ神話のワインの神である、バッカス(バックス) -Bacchus- 、
すなわち、
ギリシア神話の豊穣とブドウ酒と酩酊の神、ディオニソス
-ΔΙΟΝΥΣΟ-ね。

そしてもう一人忘れてはならない、
北欧神話のアース神族の女神 サーガ -Sága-。
サーガは知識と伝承を有する女神ではあるが、
自身の館である、セックヴァベックでオーディンと共に
酒を呑み交わしていたんですって。

まぁいい生活だことw

で、何が言いたいのかったと言うと、
今回は恵比寿の路地にひっそりと佇むイタリアン「ベヴィトリーチェ」。

店の名の意は「''酒飲み女''」。
すなわち此処は、酒飲み女の館ってわけね。
地下に広がるワインセラーを見れば更に納得するわよ。

白い壁に木の柱と、シンプルな店内は居心地が良く、
どの席からでも、

オーナーシェフ堀田氏の鍋をふるう姿を眺めることができるわ。

ところで、ワインはシェフやマダムにお任せするのが良いわよ?
シェフもマダムも(シニア)ソムリエなので。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

Img_7989_r

・パン -Pane-・

しっとりやわらかタイプのフランスパン。

────────────────────────────────

【サラダ -Insalata-】

2

・サラダ・

シンプルな味のサラダ。
トマトを四方に添えられており、ちょっぴりお洒落。

────────────────────────────────

【先付け -Amuse boche-】

Img_7367_r

・サーモンの温かなリゾット包み(?)・

スプーン一口の楽しみ。
サーモンに包まれているのは、温かなリゾット...ワイルドライスかしら..。

サーモンの、口に広がるふくよかな味わいに、温かなリゾットの味が合わさりが非常に面白く、満足感の高いアミューズね。

Img_7369_r

・じゃが芋とウイキョウの冷たいスープ・

アミューズに、もう一品。
ヴィシソワーズのような、濃厚な味わいで美味しいわ。

────────────────────────────────

【前菜 -Antipasti-】

Img_7373_r

・軽くスモークした秋刀魚をカポナータと一緒に・

カポナータは、イタリアでは地域ごとに特徴がある、野菜料理よ。
サラダ状であることから、ナポリのカポナータに近いものかしらね...。

それにしても、秋刀魚のカルパッチョ(軽くスモーク)の姿がとても美しい。
大抵は、一口大にカットされてしまうものだけど.....
これはまるで、秋刀魚の身の長さをそのまま堪能しているかのようね。

カルパッチョの下には、たっぷりお野菜のカポナータに、
これまた嬉しい、身が甘い帆立のカルパッチョ。

秋刀魚と帆立のどっちがメインなのかわからなくなるぐらい、量も多目ね。

────────────────────────────────

【パスタ -Pasta_Primi piatti-】

Img_3343_r_filtered

・魚介のトマトソース・

トマトの酸味と魚介類、そしてその魚介の出汁の相性は、言うまでも無く最高。

Img_4228_r_filtered

・鶏レバーのクリームソース・

レバーは臭みが無く、プリッとして旨い。
濃厚なクリームソースは、レバーの旨味にケッパーの風味や食感も加わり、
くどさを全く感じさせないわね。これは好きだわ。

Img_7990_r

・かぼちゃのチーズクリームソース・

甘味の強いかぼちゃは秋の訪れを感じさせる。
溶けたチーズ、コクのあるクリームソースとの相性は抜群。

赤玉ねぎ、パンチェッタがアクセントとなってるわね。美味しい。

Img_9262_r_2

・色々野菜の入った子羊のミートソース・

子羊肉ではあるが、臭みもクセもまったく感じられない。
通常のミートソースとは異なり、ピリッと辛味のあるスパイシーな仕上がりね。

またナスやトマトといった野菜もタップリと入っていて、辛味・甘味の繰り返しが癖になるわね。

Img_9266_r

・ラザニア -Lasagna-・

熱々のチーズにぺシャメルソースとラグーソース(ミートソース)の合わさりがたまらないわ。
誰もが、食べて笑顔になるパスタ料理の代表というやつね。

Img_7380_r

・生ウニとコンソメゼリーの冷たいカペリーニ 
ポルチーニ茸のピュレとポロネギのクリームソース・

ベヴィトリーチェの看板料理もとい堀田シェフといえば、
この、''生ウニとコンソメゼリーの冷たいカペリーニ'' じゃないかしら。
生ウニとコンソメゼリーという組み合わせはフレンチでは、
よく見かけるけれど、冷製カペリーニという形で味わうのは、これが初めて。

海と大地の味覚の合わさり。
ウニの甘さにコンソメゼリーの旨味、ポルチーニ茸と、
ポロネギのクリームソースのアッサリクリ~ミ~な味わいの絶妙なバランスが素晴らしい!

特に、ウニの甘さの後にふわ~と優しく口を包む、ポルチーニ茸の素朴な余韻がたまらない。
なるほど、イタリアンにフレンチティストが混ざるとこうなるわけね...。

────────────────────────────────

【メインディッシュ -Secondi piatto-】

Img_7385_r_2

・蝦夷鹿のソテー、リンゴと赤ワインのソース・

リンゴと赤ワインという、フルーティーかつ深く濃厚な味わいのソースが、
肉の臭みを消してくれているわね。
柔らかな蝦夷鹿肉は、噛めば噛むほど野性味溢れる旨味が沸き立つわ。
ソースも美味しいわね。

付け合せにアスパラガスのソテー、じゃが芋のグラタン風。
う~ん....、凄いボリュームだわ。

────────────────────────────────

【ワイン -Vino-】

Img_7366_r

・キール / Aperitivo -Kir-・

定番のワインカクテルであり、食前酒でもある、キール。
白ワインの味わいがほとんどであるが、ほのかにカシスの甘みも感じるわね。

Photo

・-トスカーナ州 メリッジョ '06- / Wine -TOSCANA MERIGGIO '06-・

前菜に合わせて堀田シェフが選んでくれたのは、トスカーナ州のメリッジョという銘柄。
柑橘の良い香りに、スッキリとした酸味で辛口な点が特徴かしらね...。

秋刀魚の脂をほど良く流し、さらに余韻をも美味しくさせてくれる。
同時にカポナータや帆立のカルパッチョにも良く合うわ。

この組み合わせは気に入ったわね。

3

・-トスカーナ州 キャンティ クラシコ フォントディ '06-
Wine -TOSCANA CHANTI CLASSICO FONTODI '06-・

決してやんわりとして印象に残らない様な生易しい味では無く、果実の味を強く感じ、
そしていつまでも舌に残る余韻....。
蝦夷鹿の野性味に負けない、しかしながら旨く調和されるわね。

この組み合わせも気に入ったわ。

────────────────────────────────

【ドルチェ -Dolce-】

Img_3346_r_filtered

・(上)パンナコッタ -Panna cotta- / (下)ズッパイングレーゼ -Zuppa in glese-・

濃厚でミルキーなパンナコッタに、控えめな甘さのマロンソース(と思いますw)。

ズッパインクレーゼは、シロップで湿らせたスポンジにカスタードクリームを重ねた洋菓子。
朧豆腐のような柔らかな食感が面白いわね。

双方とも甘さ控えめで、美味しいわ。

Img_4229_r_filtered

・(左)林檎の赤ワイン煮 / (右)ズコット・

ズコットは生クリームの中に散りばめられたナッツの食感が楽しいドルチェ。

林檎の赤ワイン煮は、甘酸っぱく、大人の味。
ヴァニラアイスのまろやかな味が加わり、複雑な甘さになるわね。

Img_7995_r

・(サーヴィス) -Dolce (Service)- ティラミス・

こちらが13時過ぎの入店だとサーヴィスされるデザート。
一品に、小菓子(クッキー)が付くスタイルね。

ティラミスと言われたけど、ズコットと同様、クリームにたっぷりのナッツが加えられており、
ベヴィトリーチェオリジナルのティラミスじゃないかしら。

Img_9272_r

・(サーヴィス) -Dolce (Service)- ズッパイングレーゼ・

先にも言ったように、豆腐の様な柔らかな食感が癖になるドルチェね。

4_2

・シチリアオレンジのソルッベット、バローロ キナートをかけて・

バローロ キナートは、甘い香りに少しトロリとしたデザートワインのようなものかしらね。

爽やかな甘酸っぱさ、そして後にくる、ほんのりとした苦味。
バローロ キナートをかけることによって、香りや異なった奥深い甘みも加わり、
複雑な味わいへと姿を変えるわね。

────────────────────────────────

【カッフェ -Caffe-】

Img_9274_r

・コーヒー -Caffe-・

食後はアイスorホット珈琲/紅茶から選択する形ね。

Img_7392_r Photo_2

・ハーブティーと小菓子(クッキー)・

ランチのドルチェのお皿でも見かけた、黄色の猫ちゃんと再会♪
ハーブティーを頂きながら、しばし余韻を...。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・千種以上も置いてあるという地下ワインセラー。
ワインメニューは
見ているだけでも目が回ってしまいそうね。

・ランチのパスタは、ほぼ日替わり。
13時過ぎの入店だと、
デザートがサービスされるわよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-02

中華 -Chinese- 「海鮮三昧....最高デースッ(リャンチー様風な言い方デw」

Reika_1_3報告者:李 麗華
Reporter:Li Reika

場所:赤坂
Location:Akasaka

店名:海皇
Shop Name:Hai Whan

ジャンル:中華
Restaurant genre:Chinese

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_8429_r

Reika_kabe_2

赤坂、渋谷ほどじゃないケレド、やっぱりちょっと道迷うネ...。
裏道に出るト、料亭がいっぱいあっテ、何だか良い風情アルネ..。

さて今回はココ、「海鮮酒家 海皇」ネ。
海皇は名前の通り、海鮮がメインの中華レストラン。

ワタシの叔父さんもよく食事に使ってた、て言ってたカラ、結構古いお店ネ。

菜単は大体、これネ。

【昼 -午饭-】

・「昼の海皇」ランチコース 2種

・「旬の毛蟹」ランチコース 3種

【夜 -晚饭-】

・「旬の毛蟹」ディナータイムフルコース 3種

・調理長おすすめコース 2種

────────────────────────────────

これ、今まで食べたものネ。

Img_0540

・紹興酒・

中華はやっぱり紹興酒ネ。

3_2

向日葵の種・胡桃・落花生を頂きつつ、料理を待ちマス。

Img_0518 Img_0521

・中華風真鯛のお刺身 -鳳城魚滑-・

真鯛のお刺身にピーナッツオイルや魚醤(しょっつるやナンプラー等)
とかの調味料を加えたものネ、タブン。

チョット変わったスタイルだけど、癖になる味で美味しいヨ。
人参や大根に香菜、そして砕いたカシューナッツや揚げワンタンの皮の食感がとても良いネ。

Img_0523

・蟹味噌のフカヒレスープ -海皇魚翅-・

滅茶苦茶甘みとコクのある、濃厚な味わいのスープ。

Img_6024_r Img_0524

・車海老のおどり -海皇酔蝦-・

生きた蝦をお酒に漬けて、酔っ払わせてから食べる、酔っ払エビネ。
たま~に食べようとすると暴れだす時もあるヨww

甘みのあるプリップリの身がたまらないヨ....。

Img_0526

・伊勢海老のおどり -龍蝦肉滑-・

こちらは、先まで生きていた大きな伊勢海老を刺身にしたものネ。
醤油で頂いても良いケド、ワタシは葱ダレで頂くのも好きネ。

車海老とはまた異なる、身の締まり・プリプリとした食感に甘さネ...。

Img_0531

・車海老のボイル -白灼鮮蝦-・

燃え上がる焔の様な美しい色彩に、芳醇な香り...。
弾けそうなほどの引き締まった身の弾力、
噛めば噛むほど溢れ出てくる旨味がたまらんネ.....。


Img_0536

・蒸し蟹 -籠蒸鮮蚧-・

甘い香り、そしてふっくらとした身.....。
やはり毛蟹は蒸すのが一番ネ。蟹酢でさっぱりと頂きマショ。

Img_0541

・鮑と海の幸と季節野菜の炒め -時菜双鮮-・

オイスターソースとかで炒めちゃうので、分かりやすい料理だけど十分十分。
ある意味、口直し的な存在アルネ。


Img_6043_r

・レモンイカ・

これは美味しいネ。
表面のサクサクッとした食感に柔らかな烏賊の身と
甘酸っぱいレモンのソースが良く合ってるネ。

Img_0545

・季節の魚のお料理 -清蒸鮮魚-・

中華で代表的な魚料理といえば、やはり「魚の姿蒸し」ネ。
特に「目玉」が付いた頭部分は、ワタシ達は良く取り合いになるネww

淡白な味わいの白身魚に、醤油、老抽や紹興酒などで造られたと思うケド。
シンプルだけど、奥深いソースが美味しいネ..。

Img_0547

伊勢海老の殻(少し身が付いている)部分も調理してくれるネ。

これ、あくまでワタシの感覚ダケド、殻が結構柔らかいのネ。
だから、まるごと食べれちゃうのネ。

Img_0549 Img_0551

・蓮ご飯 -香荷葉飯-・

ん~、蓮の葉の良い香り...。
肉粽に少し似ているが、そこまでしつこくないね。もち米は美味しいアルネ。

Img_0552

・本日のデザート -凍甜品-・

濃厚な杏仁プリン。烏龍茶か何かを固めたゼラチンが乗っかってるのがちょっと洒落てるネ。

Img_6056_r

・カスタード饅頭・

ふかふかの生地の中には、カスタードがたっぷりト♪

Img_0553

最後に御茶を頂き、しばし余韻に浸りまショ...。

────────────────────────────────Reika_tibi
【まとめ】

・「中華風真鯛のお刺身」は癖になる味ネ。
ランチでも食べれマス。

・海鮮を中華風でトコトン食べたいのであれバ、
間違いなく海皇ネ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »