« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009-09-29

洋菓子 -Sweets- 「素敵なデコレーションサーヴィスに惚れ惚れ。」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:南青山
Location:MinamiAoyama

店名:ル パティシエ タカギ
Shop Name:LE PATISSIER TAKAGI

ジャンル:洋菓子
Restaurant genre:Sweets,Dessert

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5918_r

Mamiko_kabe_2

パザージュ青山は、
ビューティサロンやアートギャラリーに自然化粧品、
カッフェやイタリアンレストランに懐石など、
外苑前で上質なひと時を演出する...を
コンセプトにした、個性的な店が集まった小さな複合施設なの。

今回は超有名パティシエ、高木康政シェフのお店
「ル パティシエ タカギ」。

元々は高木シェフの「Assiette de desserts(皿盛りデザート)」や「トレトゥール(お惣菜)」、タパスといった
食事を出すという、新しい試みの場であったお店なの。

現在はランチに、
ビストロの様な内容の食事(トレトゥールといった方が良いか)、
またイートインのみのデセールも頂けます。

広くゆったりと店内。
オープンテラス席もあって、ゆっくりと過ごせるの。

───────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_0406 Img_5910_r

・デコレーション サーヴィス -Decolation service-・

イートインの場合、デザート用のデコレーションでサーヴィスしてくれます。
正直、とっても嬉しい。

Img_5912_r

・コクシネル -Coccinelle-・

コクシネルとは、「てんとう虫」の意。ホワイトチョコレートであしらわれてるの。

ほんのりと甘いレモンクリームに、
ブラッドオレンジムースの切なくなるほどの強い酸っぱさが
絶妙な作品なの。

レモンクリームは酸っぱさが強いと思ったのだが、意外でした。
見事な絶妙なバランスに、まるで一つの果実ではないか、と錯覚してしまいそう。

Img_5913_r   

・リュバーブ フレーズ -Rhubarb fraise-・

苺・リュバーブのコンポートが仕込まれているフワっとした苺のムースの下には、
チョコレートビスキュイ。
甘酸っぱさが、苺から来ているものとは単純に考えられない...
これはリュバーブの酸味との融合ということなのかな。

全体的に優しい甘酸っぱさで、美味しいです。

Img_5911_r

・アルパジョン -Alpajon-・

高木シェフのスペシャリテはマドレーヌと、このアルパジョン。
1992年ガストロノミックアルパジョンで優勝(最年少優勝)した際の作品なの。

ミルク・ビターと、二種のチョコレートムースの中に、
ピスタチオのババロアと野苺のソースを忍ばせたという、凝りに凝った作品。
飾り付けも、とてもセクシー....。

ほんのりと優しく、けれども少しだけビターな風味が残る甘さのチョコレートムースと、
ピスタチオの味がしっかりと感じる、コクのあるババロアとの相性は最高!

またね、その中に甘酸っぱい野苺のソースが絡み、
濃厚かつ複雑な甘さが口いっぱいに広がっていく..。
逸品。

Img_0410

・タルトフレーズ -Tarte aux fraises-・

サックサクのタルトの上には、タップリのカスタードクリームと苺♪
苺の甘酸っぱさに、カスタードのまろやかな味わい、
そしてタルトの食感とバランスが非常に良い作品です。

Img_0416_2

・ラ セーヌ -La seine-・

キャラメルムースとアーモンドビスキュイを何層も重ねた作品。
ムースは濃厚なのに、全体的にビシッと甘ったるさを感じない仕上がり。
コレ、シンプルだけど、好きです。

Img_0424

・シュースペシャル -Chou special-・

ナッツが入ったフカフカのシュー生地。
クリームはもの凄く濃いぃ黄色が特徴的で、モッチリとした感じ。美味しい~。

Img_0429

・アヴィニヨン -Avignon-・

フランボワーズとショコラを合わせたタルト。

これは面白い!
ちょっぴしビターなショコラタルトの中には、
フランボワーズ(ジャムかな?)にクレームオショコラが入ってるんですね~。

その上には、まろやかなへーゼルナッツがタップリと♪
目にも舌にも、驚きの連続!な作品です。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・デコレーションサーヴィスがとっても嬉しい♪

・ガレットも美味しそう♪
イートインのみのデセールも沢山ありますし、
ケーキ屋さんというよりカッフェな感じ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-27

寿し -Sushi- 「やっぱり鮨が一番飽きないですねw」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:南青山
Location:MinamiAoyama

店名:花寿し
Shop Name:Hana sushi

ジャンル:お寿司
Restaurant genre:Sushi

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_7242_r

Mamiko_kabe_2

何だかんだ食べておいて、結局一番飽きないのは「鮨」。
でも気軽に入れる鮨屋ってあまり無いのね...。

寿司は天ぷら同様、お江戸のファーストフードなのにぃぃぃ!

なんてことを脳内で叫びつつも、今回はお鮨。
高樹町日赤通り商店街内に在る「花寿し」です。

「花寿し」さんは、私にとって唯一のMy寿司屋なの。

暖簾を掻き分けると、
元気一杯な女将さんに大将、ニ人の板前さんが迎えてくれるの。

明るく清潔で綺麗なカウンター、程よい数のテーブル席にお座敷。
調理音、そして客と店のコミュニケーションがBGMの、良い店なの。

お昼は、握り・丼ものが1000円以下とリーズナヴルに頂けるの。
夜は握り以外に、様々な肴が用意されており、
季節によって牡蠣鍋や、穴子しゃぶしゃぶといった
一品料理も充実してます。

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

2

・先付け -Appetizer-・

寿司屋での「先付け」は、お楽しみのひとつなの
鮪のづけの切り落とし、蛸の柔ら煮、イクラ等、これだけでお酒一本空けてしまう程。

3

・一品 (冷菜) -Cold starters-・

新鮮なモノを使った酢の物、生牡蠣、
山芋ソーメン(専用のうずらを浮かべたタレで頂きます)....、
や~ん、美味しい~♪

Img_1019

・北雪 本醸造 生貯蔵酒 (北雪酒造)・

スッキリとした辛口で呑みやすいの。魚介にピッタシでございます♪

Img_2633

・みる貝 お造り・

みる貝って醤油とか必要ない程、味がしっかりしてるから好き~♪
コリコリとした食感に身の甘さ....ん~、美味しい♪

4_3

・蛸刺し (ポン酢&レモン塩)・

蛸刺しは吸盤付き♪この吸盤が美味しいのよねん~。
蛸も身が甘くて美味しい~。あ、私はレモン塩派です~。

5_2

・一品(温菜) -Warm starters-・

穴子の白焼きや牡蠣鍋(小鍋だけど量多め、味噌仕立て)とか、どれも美味しい♪

見て!このタラバ蟹のふっくらとした巨大な足を♪
とってもジューシー....蟹の甘みがどんどん口に広がっていきます~。

Img_1006 Img_1007 Img_1010 Img_1011 Img_1021 Img_1026 Img_1050 Img_1004 Dsc07704_filtered_r Img_1027

・握り -Nigiri-・

私の場合はまず、お決まりの「特上」を握ってもらうの。
中トロ2貫・ハマチ・玉・数の子・牡丹海老・雲丹・鉄火巻(赤身というより中トロ並)。

足りなければちょこっと追加。

フワッと柔らかな穴子は塩・タレで一貫ずつ、異なる味わいを楽しむのがオススメ。

「花寿し」の鯵は信じられないくらい心地良い弾力感があって美味しいの~♪

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・何を食べても美味しいお鮨屋さんです~。

・お勘定は人にもよるかと思いますけど、
変な頼み方しなければ、
全然安く済みます♪

・意外とお酒も充実♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-25

甘味処 -Sweets- 「昭和風情薫る、美味しい汁粉屋」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:神田須田町
Location:KandaSudacho

店名:竹むら
Shop Name:Takemura

ジャンル:甘味
Restaurant genre:Japanese sweets

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_6268_r

Mamiko_kabe_2

体を芯から温めてくれる日本の代表的スイーツ、お汁粉。
私は春夏秋冬、季節関係なく頂いてます。

餡によって異なる味わい...。
御ぜん汁粉も田舎汁粉も、そして粟ぜんざいも。
皆大好き。

そんなわけで今回は、昔の建築物が数多く残る神田須田町の
超有名老舗甘味処「竹むら」。

昭和五年創業、木造三階建てのドッシリとした見事な建物は、
「東京都選定歴史的建造物」にも指定されてるの。

池波正太郎大先生が昔ながらの汁粉屋の風情ということで、
贔屓にしていた話は有名なの。

現在でも、観光客や甘味ファンは勿論の事、
蕎麦や鍋屋で、お酒を呑んだ後、
汁粉で〆る為に立ち寄る人は多いとか。

お品書きの中にソーダ水なんてあるのも懐かしい♪

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_6262_r Img_6264_r

・揚げまんじゅう (1人前2個) -Fried sweet bean paste bun-・

熱々!揚げたてです~。
衣はサクッと、皮はモチっとして美味しいっ!

中にはギッッシリと、熱々の上品な甘さの漉し餡が詰まってるの。
このサクッとした衣・モチッとした皮に濃し餡が合うこと合うこと....。

Img_6259_r

・御ぜんしるこ (漉し餡) -Sweet bean paste soup with rice cake
''Gozensiruko'' (strained bean paste)-・

箸休めの紫蘇の実の塩漬けが、より一層甘さを引き立ててくれます~。
焼き目が入った柔らかくコシのある餅に、
滑らかで上品な甘さの汁粉との合わさりがたまりません....。

最後にお茶を頂き、しばし餡の甘い余韻に浸りましょ..。

あ、ちなみに御ぜんしるこは、漉し餡、田舎しるこは、つぶし餡(つぶ餡)です。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・時間が止まったかのような空間は本当に静か。
落ち着きます。

・お汁粉が本当に美味しいです。
上品で滑らかな漉し餡がたまりません。

・揚げまんじゅうも揚げたて熱々~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和菓子 -Sweets- 「どら焼きはシンプルが一番なのです。」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:要町
Location:Kanamecho

店名:野口製菓
Shop Name:Noguchi confectionery

ジャンル:どら焼き
Restaurant genre:Dorayaki

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_6223_r

Mamiko_kabe_2

''普段''頂く定番の和菓子といえば、
まず頭に出てくるのは「どら焼き」なの。
私の場合。

でもね、最近のどら焼きは何だか和菓子の域を越えて
凄いことになっている気がするの。
栗や求肥を詰めるのは、まだ良いんだけど、
タップリと生クリームやバターも詰められているなんて...。

正直、一つ食べきれるかどうか分かったものじゃないのw

あとね、小豆餡が多すぎて、
せっかくのカステラ生地の存在が弱くなってしまっているのも、
何だか...。

というわけで、
今回はシンプルなどら焼きを求めて
要町の住宅街にやって参りました。

こちら「野口製菓」は、和菓子屋というよりも、''どら焼き屋''。
取り扱っているものが「どら焼き」だけなんです♪

小さいながらも清潔感のある綺麗な作業場。
玄関に入り、小さな窓があるので、そこから注文します。

作業場は見ていて楽しいです。銅版とか銅版とか。

────────────────────────────────

コチラが「野口製菓」のどら焼きです。

Img_6231_r Img_6234_r

・どら焼き -Dorayaki-・

持ってみると軽く、フワ~フワ~としたカステラ生地の心地の良い手触り。
中には程良い量の、控えめな甘さの小豆餡が詰められてます。

しっかりと感じられる、素朴なカステラ生地と小豆餡の甘さ。何個でも食べれそう!

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・このシンプルさが良いです。
これこそ「ザ・どら焼き」なのです!

・午後の早い時間には売切れてしまうらしいので、
確実に購入したい方は午前中。
ちなみに1個100円。舌も財布も大満足です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-24

アイスクリーム -Ice cream- 「やっぱり、''和''が一番♪(かな?)」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:恵比寿
Location:Ebisu

店名:JAPANESE ICE OUCA
Shop Name:JAPANESE ICE OUCA

ジャンル:和風アイスクリーム
Restaurant genre:JSIC

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_6214_r

Mamiko_kabe_2

そういえば、日本っぽいアイスクリームを最近食べてないの。

どんなアイスクリーム屋やコンビニに行っても、
日本っぽいアイスクリームって
大体「お抹茶」や「小豆」はあるけれど、
積極的にオーダーすることは、私はあんまり
無いの。

でも今一度、日本らしさが詰まったアイスクリームを考えよう!
ということで、やって参りましたのは
恵比寿「OUCA」。

こちらは看板に''JAPANESE ICE''と在る様に、
日本の食材を使ったアイスクリーム店なの。

日の光が程良く入る店内は、明るく清潔感があって、
イートインコーナーもしっかりと設けられているの。

アイスクリーム以外には、
旬の食材を活かしたパルフェやあんみつ等といったのも
充実してるの♪

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_6220_r
(↑サーヴィスで塩昆布、ほうじ茶)

ちなみに、OUCAではサーヴィスとして京都宇治田原のほうじ茶(セルフ)、
口直しとして「塩昆布」も付いてくるの。

甘い・しょっぱいのループ、最後にほうじ茶で〆。という風にできるわけです。

Img_6802_r

・山櫻 抹茶&南瓜&薩摩芋 -Yamazakura (Flavor:Maccha&Pumpkin&Sweet potato)-・

アイスクリーム自体は濃厚でなめらかな口当たりなの。

抹茶独特の心地良いほろ苦さ。
そのまま頂いているかの様な薩摩芋と南瓜のホクホクとした甘さ。
この組み合わせは絶品でした♪

Img_6217_r

・山櫻 梨&巨峰&栗 -Yamazakura (Flavor:Pear&Grape&Chestnut)-・

こちらは正に秋の味覚尽くしってやつなの♪

梨と巨峰はソルベになっており、さっぱりとした口当たりで、
しっかりと果実の甘味も感じられます。
まるで果実をそのまま頂いてるかのような、自然の甘みが美味しい~。

栗もほんのりとした控えめな甘さ。粒粒の栗の食感も味わえます。

Img_5547_r

・抹茶サンデー -Maccha sundae-・

ちょっと抉れている(笑)のは、スプーンを抜いてしまったからなのw

タップリの抹茶アイスに牛乳アイス、白玉や粒餡と贅沢なサンデー。
かりんとうが添えられているのが、とてもお洒落♪

面白いのは、中に詰められたカリッサクッとした「揚げおかき」の存在なの。
食感と共に甘さの中に切なさを感じる程の塩分も感じられ、''甘じょっぱさ''を楽しめます。

Img_7987_r

・カラメルかぼちゃパフェ -Pumpkin parfait with Caramel sauce-・

上はかぼちゃの果肉にかぼちゃアイス。
中はカラメルを染み込ませたスポンジ。
そして下には、とろけ~る甘さの~牛乳アイス!♪

旬のかぼちゃは甘みが強く、余韻がいつまでも残ります。
牛乳アイスやスポンジと絡めて食べても、
かぼちゃのほっこりとした甘みが一番に印象に残るぅ♪

それにしても見た目が美しいですね。秋の訪れを感じさせてくれます。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・パルフェやサンデー、ゼリー類(抹茶ゼリー)など、
アイス以外のメニューも豊富です。

・巨峰や薩摩芋等、旬を感じるフレーヴァーが
多いのが嬉しいですね。

・ほうじ茶と塩昆布のサーヴィスは◎。
ちなみにお持ち帰りでも、塩昆布は付きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-23

天ぷら -Tempura- 「花街を思いつつ、ちょいと天ぷらでも。」

Makiri_1_2

報告者:真桐 賢治
Reporter:Kenji Makiri

場所:南大塚
Location:MinamiOotsuka

店名:天ぷら つづみ
Shop Name:Tsuzumi

ジャンル:天ぷら
Restaurant genre:Tempura

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Dsc07222_r_filtered

Makiri_kabe_2

都電が走り、粋な小料理屋や料亭が今も多く残る大塚。
江戸料理を今に伝える料理屋や鮨屋、酒場。
BARやビストロにパティスリーなど、
個性タップリな良店が揃いに揃ってます。

さて今回は南口から徒歩数秒の位置にある商店街、
サンモール大塚内の一軒、
「天ぷら つづみ」。

昭和四十六年創業、御夫婦で切り盛りされているこちらのお店は、
天ぷらをメインとし、おでんやお刺身なども頂ける大衆割烹です。

「つづみ」の特徴は、天ぷらが揚げたてなのは無論、
娘さんの助言の下、用意されたという数種の「塩」。

岩塩や抹茶塩は何処でも見かけますが、
これ程種類を揃えているのは、大変珍しい事かと思います。

もう一つ、特徴を挙げるとすれば、
単品注文もリーズナヴルであることでしょう。

季節の珍魚「銀宝」等も「つづみ」では、お安く頂けます。

────────────────────────────────

これまでに訪れて、頂いたものは以下の通りです。

Dsc07217_r_filtered
(↑天ぷらは、おろしタップリの天ツユで頂くのも良いですが、
多種類用意された「塩」で食しても美味しい。
娘さんの助言の下、用意したとのこと。カレー塩や柚子塩胡椒、抹茶塩や紅塩等)

Img_7085_r_filtered

定食では味噌汁、手作りの切干大根やお漬物、そしてフルーツが付きます。

Img_7087_r_filtered

・魚天丼 -A bowl of fried fish and rice (Sakana-Ten don)-・

この日のネタは海老・キス・ハゼ・穴子など、どれも新鮮。
ふんわりとした優しい衣、天丼のタレも丁度良い甘さで美味しい。

Dsc07221_r_filtered

・夏やさい天ぷら定食・

谷中やあしたば、京都万願寺とうがらし等、夏野菜を堪能できます。
野菜ですが、結構ボリュームあります。

Dsc07275_r_filtered Dsc07276_r_filtered Dsc07277_r_filtered

・天ぷらセット -Tempura set (Dinner)-・

夜の部はお得なセットメニューが用意されてます。
こちらの天ぷらセットでは、お通しと天ぷらに御酒が付く形。

日本酒ならば正一合徳利、お燗も勿論OK。
手が空いていれば、最初の一杯は御酌もしてくれますw

お通しは家庭的な味で美味しいです。
じゃが芋の千切り炒めに、味が染みたおでん(卵・大根)。酒の肴にピッタリですね。

Dsc07280_r_filtered Dsc07279_r_filtered   

・銀宝 -Tidepool gunnel-・

ご主人が「銀宝」を見せてくれました。
『小骨は多いしぬめりもあるから大変』。実物を見て、私も実感しましたw

鱧に近い、弾力感のあるしっかりとした身は独特の甘みがあり、美味しいです。

────────────────────────────────Makiri_tibi
【まとめ】

・揚げたてでお安く、単品でも安心して
頼めるのが嬉しいですね。

・夜の部はお得なセットメニュー。オススメです。

・御夫婦はお話好きで、大塚という街について色々と面白い話を聞けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-21

洋菓子 -Sweets- 「子供も大人も。ど~れにし・よ・う・か・な♪」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:広尾
Location:Hiroo

店名:アレグレス
Shop Name:Allegresse

ジャンル:洋菓子
Restaurant genre:Sweets,Dessert

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_6949_r

Mamiko_kabe_2

広尾は、スイーツの激戦区。
ショコラからカントリー風菓子まで様々な個性豊かな店が揃ってます。

今回はそんな中の一店「アレグレス」さんにお邪魔したの。

オーナーパティシエ:塩谷 茂樹 氏の
「近所の駄菓子屋のように子供達が気軽に来て、
握り締めたお小遣いでお菓子を買える店にしたかった。」
とあるように、
1個40円のメレンゲや80円の南フランスの焼菓子「カリソン」等もあり、、
大人だけでなく子供達にも人気のあるパティスリーなの。

ちょうど目の前の小学校の子達が買いに来るのも
よく見かけます~。可愛い♪

さてさて、アレグレスでは、生/焼菓子共に
常時用意されている種類は豊富。
あと惣菜でキッシュも造られています。
こちらも美味しそう~。

イートインではドリンクだけでなく、ソルベのサーヴィス等
イートイン専用のメニューも充実してます♪

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

3_2
(↑ひとつひとつがリーズナヴルなので、二個三個とついつい頼んじゃうの♪)

Img_5752_r

・タルト オ フリュイ -Tarte aux fruits-・

しっかりとしたタルト生地の上に、
イチジクやキウィにベリー系等のみずみずしいフルーツの山。

フルーツの自然の甘みがたまらな~いの♪
果汁を吸って表面がしっとりとしたタルト生地がとても美味しい。

Img_5754_r_2

・ゼフィール -Zephyr-・

レモンムースの中にマンゴークリーム、アクセントとしてショコラスポンジでしょうか。

レモンムースって食べ続けているとクドさを感じてきてしまいがちだけど、
何だろう...ミントの風味やライチの香りを加えられているからかな、
爽やかな酸味・さっぱりとした甘みが癖になって、全然飽きが来る事無くぺロリ。

マンゴークリームの酸味やショコラスポンジの風味が良いアクセント♪

Img_5753_r

・エクレール オ ショコラ/カフェキャラメル -Eclair au chocolat/cafe caramel-・

アレグレスのエクレア生地はシッカリとしていて、好き。

クレーム オ ショコラにクレーム オ カフェキャラメル。
二つともネットリとした濃厚な甘さで美味しい~。

特にカフェキャラメルは苦味がしっかりと効いていて、大人の味。

Img_6945_r

・ネヴァ -Nevea-・

濃厚かつ滑らかなホワイトチョコレートムースの中にはショコラ・フォー、と
二種のショコラを同時に味わえるという贅沢な洋菓子なの。

ショコラフォーは絶妙な焼き加減で、見事な半生感覚の口当たり。
また、二種のショコラで口が満たされた中に、
別の甘さとしてタップリと入れられたチェリーが、良いアクセントね。

Img_6946_r

・ノワゼティーヌ -Noisettine-・

ノワゼットのダックワーズ生地にハチミツ風味のムースを乗せているの。

控えめな甘さのハチミツムースにダックワーズ生地がとても合います。
また、贅沢にも大振りのへーゼルナッツがタップリと使われていて、
カリカリッとした食感が凄く楽しい!

Img_7360_r_filtered

・サヴァラン セゾン -Savarin saison-・

アレグレスのサヴァランは、たっぷりとシロップが染み込んだブリオッシュ、
洋酒の主張はそこそこに、
カスタードクリームと砂糖漬けの果物の甘さ...。

とても絶妙なバランス具合...う~ん、これは好き。

Img_7362_r_filtered

・シャンテーニュ -Châtaigne-・

胡桃入りビスキュイのサクッフワッとした食感に、
コクのあるマロンクリームの組み合わせは、良く合ってるの。

ノチェロの香りの効用は具体的には良く分かりませんが、一口一口含む毎に、
まるで、''秋が訪れた素朴な風景'' の中に佇んでいるかのような気分にさせてくれるの。

Img_7364_r_filtered

・ガトー オ フレーズ -Gateau aux fraises-・

日本洋菓子の定番、苺のショートケーキ「ガトー オ フレーズ」。
デコレーションには苺の他に、野苺なの。

野苺の中には、ナパージュが詰められているという、ちょっとしたサプライズ♪

ふんわりとしたスポンジ生地に、程よい量・甘さの生クリーム、
そしてたっぷりと入った苺のさっぱりとした甘酸っぱさによって、
全体的にさっぱりとした甘さの洋菓子に仕上がってるの。

Img_7306_r

・シュー ア ラ クレーム -Chou à la crème-・

木の実入りのシュー生地のサクッサクッとした食感が美味しい。
中には、バニラビーンズたっぷりの濃厚なカスタードクリームが溢れんばかり♪

Img_7309_r

・レガル -Regal-・

モカ風味のアーモンドビスキュイに、プラリネクリームをサンド。デコレーションが綺麗なの~。

しっとりとしたビスキュイ、プラリネクリームとも若干ほろ苦みを感じつつも、
全体的には優しめな甘さなの。

Img_6948_r

・タルト カンパーニュ -Tarte Campagne-・

フィユタージュ生地にバター、角切りの林檎に砂糖を乗せた、
まるでピッツァのような焼菓子なの。
イートインで注文すると、温め直してくれま~す。

まずは、香ばしい香り。
次に、しっかりと良い食感・甘酸っぱさを感じる林檎に、バターと焦がし砂糖の風味。
そして、サクッサクッとしたフィユタージュ生地。

たまりませ~ん....。

Img_7181_r

・デリス オ ピスタージュ -Delices aux pistacchio-・

北海道産チーズのムースにピスタチオのムースの組み合わせ。
濃厚かつ、滑らかな2種の甘さの調和が見事な作品なの。

全体的に優しい甘さ。
(恐らくカラメリゼしたと思われる)ムースの下に敷かれた
へーゼルナッツのカリッサクサクッとした食感が良い♪

Img_7184_r

・オペラ -Opera-・

しっとりフワリとしたビスキュイ生地にクリームやガナッシュをサンドした、
贅沢な味わいが特徴の定番作品。美麗なグラサージュも特徴的なの。

クリームは勿論、ビスキュイにもほんのりとした甘さがあります。
全体的にビターではないので、誰でも美味しく頂けるオペラでしょう。

Img_9902_r

・タンタリオン(だっけ?)・

甘酸っぱい苺のムースの中には、たっぷりのバジル風味のムース。

口いっぱいに甘酸っぱさが広がりつつ、ほのかにバジルの香り。
ちょっぴり不思議な味わいの作品。

Img_9910_r

・ミルフィーユ -Mille_feuille-・

しっかりと焼きこまれた厚みのある、サックサクのフィユタージュ生地。
中には、生クリーム&フルーツ入りのカスタードクリームの二重奏。定番ですね♪

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・ひとつひとつの値段がお安め。
ついもう一個、もう一個と選んでしまいます。

・何と表現したら良いんでしょう...。
嫌味の無い、けれども美しい洋菓子達w
姿も味もしっかりとしていて、
更にお値段が安いので、私は気に入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-17

お結び -Omusubi- 「栄養タップリの雑穀米をふっくら握りたてでどうぞ。」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:目白
Location:Mejiro

店名:目白ファーム
Shop Name:Mejiro farm

ジャンル:雑穀おにぎり
Restaurant genre:Rice ball with millet

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5920_r

Mamiko_kabe_2

朝早くのお稽古はいつも寝坊で遅刻しがち。
だからどうしても朝ごはんは外になっちゃうの。

あ、私は一日三食しっかりと食べなきゃ駄目な性格なんです。

まぁそんなわけで「雑穀おにぎり専門店 目白ファーム」。

雑穀おにぎり屋さんは、他でもよく見かけるようになったけど、
此処の店員のお姉さんとおじさんの、''美味しくなぁれ''、て
一生懸命、おにぎりを握る姿が好き。
だからやっぱり目白ファームに来ちゃうの。

お結びの具は種類豊富。
ちなみに雑穀は13種類もブレンドしてるそうです。

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_5922_r

・でんでら味噌 (左) / 鮭マヨネーズ (右)・

でんでら味噌は、味・見た目は甘味噌に近いものといえます。
色々と何か加えられているんでしょう。
味噌の優しい甘味にピリッとした辛味という、甘辛が癖になります。

鮭マヨネーズは目白ファームで最も人気のある具材なの。
まろやかなマヨネーズに、ほど良く塩味のある鮭のほぐし身が良く合います。

Img_9128_r

・たらこマヨネーズ (左) / ゆず味噌 (右)・

粒粒食感のたらこにマヨネーズ、そして温かなふっくら雑穀米。
正に最強の組み合わせ♪

ゆず味噌は季節商品のひとつで、私の一番のお気に入り♪。
甘辛い味噌に、ほんのりと口に広がる柚子の香りがたまりませ~ん。

Img_5924_r

・お漬け物 -Pickle-・

沢庵が小型パックにたっぷり入って百円とは嬉しいです。
一枚一枚が厚切りでパリパリッと食感が良く、甘みがあって美味しいです。

Img_9085_r

・たまご焼 -Japanese omlet-・

出汁巻きで、個人的には好きな味です。一個一個、食べやすいサイズなのが嬉しい。

Img_9101_r

・お味噌汁 -Miso soup-・

鰹だしの香りと味噌の優しい風味が旨い、正統派(って何?w)のお味噌汁。
人参や大根といった野菜(有機野菜)の他に、何と水団が入っています。面白~い♪

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・注文を受けてから握るので、ふっくら温かで美味しい♪
具はギッシリ♪

・お結びの具の種類が豊富!ゆず鮭といった季節モノまで。
また、お惣菜にお漬け物やお味噌汁といったものが
あるのも良いですね。

・歩きながら食べたい時は、バーガー袋を用意してくれます。

────────────────────────────────

【オマケ -OMAKE-】

目白ファームでおにぎりを買ったら徒歩約2分!の目白庭園へ行きましょ♪

Img_9145_r

所々に腰を掛けれる場所があるので、お好みの場所を見つけよう♪
水流音、風、植物、動物...様々な要素を楽しめます。

Img_9136_r

秋~は紅葉も良いでしょう。
冬は雪が降れば一面が雪景色になり、こちらも綺麗ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-13

喫茶 -Caffe- 「これこそ、''ホットケーキ'' というものです。」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:茅場町
Location:Kayabacho

店名:珈琲家
Shop Name:Coffee house

ジャンル:喫茶店
Restaurant genre:Caffe

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5630_r_filtered

Mamiko_kabe_2

稽古事が終わったら、何だかホットケーキが食べたくなって。
パンケーキじゃないよ、''ホットケーキ''だよ。

最近お洒落なカフェだと表記はパンケーキ。嫌になっちゃう。
薄っぺらいの何枚も重ねてタワー何ちゃらなんていうネーミングまで付けちゃって。

多ければいいものじゃないの、
ホットケーキミックスのパッケージ写真みたいな、
ふっくらとしたのが食べたいの。

ぶつぶつと言葉が脳内を
かき混ぜながら足が止まったのは
茅場町の、ど真ん中。

ふっふっふ~♪
さすがオジ様達の町には良い(純)喫茶店がいっぱ~い。

というわけで今回は「珈琲家」です。
こちらはWeb上ではホットケーキで有名なお店。

店内は、カウンター数席に2人/4人掛け用のテーブル席。
マスターとママで切り盛りされています。

ホットドッグとかサンドイッチとか、
何だかどれも美味しそう♪

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_5603_r_filtered

・ブレンドコーヒー -Blend coffee-・

ん~、良い香り~♪こーいう処のコーヒーって美味しいですよね。

今時、チェーン店は多いけど、何故か分からないけど味気無いのね。
やっぱり珈琲はこういう地元に密着した、雰囲気のある喫茶店で呑むのが一番。

Img_5600_r_filtered

・ローストサンドウィッチ ハム&コンビーフ -Roast sandwich Ham & Corned beef-・

パリッサクッ...。ん~おいちぃ♪
ハムとコンビーフの組み合わせってちょっとしつこいかな?と思ったけれど、良い感じ。

付け合せのサラダは、フレンチドレッシングかな?イケます。

このサンドイッチなら倉磨の姉さんも好むんじゃないかな...。
あ、でも姉さん、ハード系のパン好みだっけ...。

Img_5624_r_filtered Img_5626_r_filtered

・珈琲家特製ホットケーキ(2枚) -Special Hot cake-・

きゃーーー、これよこれ、求めてたホットケーキ♪♪
銅版で時間をかけて丁寧に焼かれたホットケーキは何とも言えない美しい姿ね!

ナイフを入れると、ふんわりサクッ...と、あぁ...いい感じのモチモチ感..。
タップリのバターと蜂蜜で頂きま~す(この際カロリー気にしないw)!

んん~~、これは美味しいっ!
ナイフを入れたときと同じね。口に含むと、サクッ→ふんわ~り→モッチモチッ!
そして、溶けたバターとたっぷりの蜂蜜が...、これまた幸せな気分にさせてくれるの。

ゆっくりと時間をかけ味わっていると、あっという間に2枚ぺロリ。
☆大満足☆

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・今時お高い喫茶店でも冷凍物が多いホットケーキ。
ここは銅版で一から丁寧に、
美しく仕上がったホットケーキが頂けます。
しかも安い!♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

洋菓子 -Sweets- 「まるでフカフカのベッドに包まれているかのような」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:西池袋
Location:NishiIkebukuro

店名:ラ・ファミーユ
Shop Name:La Famille

ジャンル:シフォンケーキ
Restaurant genre:Chiffon cake

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5670_r_filtered Mamiko_kabe_2

シフォンケーキブームの元祖として知られる有名店「ラ・ファミーユ」。

実は私もシフォンケーキを自分の手で造りたくて、
ファミーユが開催している教室...はさすがに行けないので、
お教室DVDを購入したことがあるの。
結構分かりやすくてオススメ。

でもやっぱりデコレーションやアイディアは、
プロに適うわけないし、美味しいしね。
たまに寄るの。

明るい店内、厨房が見えるのが良いね。
イートインスペースはそんなに数無いけれど、設置されているわ。

勿論、コーヒーや紅茶といったドリンク類も充実。

どーでもいい話だけど、たまに近くの大学の子かな?
男子だけでケーキしているの見るけど、
何だかニンマリしてしまうわねw

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_5665_r_filtered

・本日のシフォンケーキ/オレンジのシフォンケーキ・

Img_5667_r_filtered

・本日のシフォンケーキ -Chocolate Chiffon cake-・

やっぱりファミーユのシフォンが安心する。

フカフカのベッドで眠るかの様な、ふんわ~りふわ~りと。
しっとりとしたチョコレートシフォン生地は軽く、とっても美味しいな。

全体的にまろやか~なショコラクリームの味(ちょっぴりビター)だけど、
「粒粒のカカオマス」やナッツ類がたっぷりと入ってたりと、食感も良いの。

それにしても、カカオマスとは...よく考え付くものね。

Img_5668_r_filtered_2

・オレンジのシフォンケーキ -Orange chiffon cake-・

こちらはプレーンシフォンに、粒粒のオレンジ果実と生クリームでデコレーションね。

ふわふわの生地と生クリームとの合わさりによる甘さ。
そしてしっかりと爽やかな果実の甘さを感じる、粒状のオレンジ。

全体的には爽やかなオレンジの甘さなの。
でもね、粒状のオレンジが少し冷んやりとしていて、舌を楽しませてくれる...う~ん、面白い♪

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・ふかふかしっとり♪
やっぱりファミーユのシフォンは美味しいです。

・本日のシフォンは何が出るか楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-12

パン -Bread- 「ひたすら美味しい、天然酵母パン。」

Kurama_1_3

報告者:倉摩 守那
Reporter:Kamina Kurama

場所:広尾
Location:Hiroo

店名:パネッテリア アリエッタ 広尾店
Shop Name:Panetteria ARIETTA Hiroo

ジャンル:パン
Restaurant genre:Bread

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5534_r_filtered

Kurama_kabe_5

ご飯よりパンが好きなオレだが、
無論どんなパンでもいいわけじゃないさ。
特にコンビニエンスストアのサンドウィッチなんて
恐ろしくて喰えたものじゃないな。

やはり造り手の顔が見えるパン屋が良いに決まってる。

そんなわけで今回は恵比寿橋入口交差点に佇む、
天然酵母のパン屋
「パネッテリア アリエッタ広尾店」だ。

パン・オ・ミエーレやセーグルショコラにバタールといった、
ハード系のパンが有名だな。

パン以外にもスコーンやラスク、サンドウィッチなんかもあるが
ほとんどが午前中で売切れてしまうんだ。

そういえばここ最近は、スープも始めたんだっけな。
サンドウィッチやお好みのパンと一緒なら
栄養も十分摂れるし、安く済ませられるな。

────────────────────────────────

これが今まで喰ったものだな。

Img_5540_r_filtered

・ジャーマンポテトサラダサンド -German potato sandwich-・

アリエッタのサンドウィッチは、
どれも野菜が豪快かつ多めにサンドされているが嬉しいな。

たっぷりとサンドされたジャーマンポテトサラダは、
ほくほくのジャガイモやベーコンの食感が良いな。
味付けは、まろやかでさっぱりとしてて旨い。

周りを包むレタスもシャキッと新鮮。
トマトの酸味も良いアクセントとなっている。

Img_5536_r_filtered Img_5544_r_filtered

・島唄チョリソー(大) -Simauta Chorizo (Big size)-・

迫力満点な島唄チョリソー(大)。
フランスパンの中にソーセージぶっこまれているというから凄い。

この島唄チョリソーは、アリエッタの定番のひとつだ。
まぁ、買ってすぐに歩きながらかじっても良いんだけど、
大抵、自宅に持ち帰って焼き直して喰うかな、オレは。

カリッパリッサクッという良い歯ざわりと、もっちも~ちとした食感。
んで、島唄チョリソーの溢れる肉汁に、マスタードの酸味がたまらん。

小と大サイズがあるが、チョリソーの旨さを存分に味わいたいなら、
個人的には大がオススメだな。

Dsc00495_r_filtered

・チーズフランス -Cheese bread-・

中はチェダーチーズだったかな...?
これも焼きなおして食べるのが良いぜ。
カリッとモチッとした食感にチーズのとろけるような旨味の合わさりが、たまらんな。

Dsc00498_r_filtered

・カレーパン -Curry bread-・

アリエッタじゃ珍しい、ふわっふわ~っとした生地だな。
中のカレーが具沢山でまろやかで旨いな。

Dsc00537_r_filtered

左からクリームパンにアップルパイに、きのこシチューフランス。
旨そうだろ?

Dsc00538_r_filtered

・クリームパン -Cream bread-・

こちらもカレーパン同様、ふわッとした生地だ。

カスター ドクリームは、よくあるクリームパンのフィリングとは異なって、
ぷりんップリンとした固まり状のものがタップリと入ってるな。

Dsc00540_r_filtered

・アップルパイ -Apple pie-・

サクッサクッとしたパイ生地、そしてクドクない控えめな甘さのフィリングが旨いな。
林檎の甘酸っぱくシャキッシャキッとした食感も味わえるのも良い感じ。

Dsc00550_r_filtered

・きのこシチューフランス -Cream of mushroom stew bread-・

これもアリエッタの人気パンのひとつだ。
たっぷりのキノコシチューを、モチモチパンの上に豪快に!

クリ~ミ~な味わいの中に、きのこの風味・香りがたまらんな。
焼きなおすと更に風味も香りも強くなり、旨さが倍増するぞ。

Dsc00614_r_filtered

・スコーン(チョコレートチップ) -Chocolate Chip Scones-・

大きな粒状のチョコレートチップがたっぷり!
サクっサクっのスコーン生地に、
ちょっとビターな風味のチョコレートチップが合うな。

Dsc00624_r_filtered

・ミートソース&チーズフィリングのパン(名を忘れたぜw) -Cheese&Meat bread-・

サクッサクの薄いラスクの様なパンが軽くて良い。
ちょっと懐かしいミートソースの味と溶けたチーズの風味も合わさりが旨いな!

──────────────────────────────── Kurama_tibi_4
【まとめ】

・ハードタイプのパンをメインに、
デザート・惣菜パンやサンドウィッチ、
さらにラスクやスコーンなど種類多く、
どれも旨いぜ。

・特に俺が気に入ってるのは、島唄チョリソー(大)。
周囲を気にせず、歩きながらかぶりつこうな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐石 -Japanese cuisine- 「遠い記憶、忘れかけていた味。」

Makiri_1_2

報告者:真桐 賢治
Reporter:Kenji Makiri

場所:目白
Location:Mejiro

店名:季
Shop Name:Toki

ジャンル:懐石
Restaurant genre:''Kaiseki''

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5656_filtered_r

Makiri_kabe_2

目白の住宅街は、
和洋折衷の落ち着いた邸宅が多いのが面白いですね。
広大な敷地に佇む木造の御屋敷等を見ていると、
まるで昔の日本にタイムスリップしたような気分になります。

そんな落ち着いた雰囲気な住宅街の中に、ひっそりと佇む
日本料理「季」。
立派な竹林が目印です。

平成二十二年で二十四年を迎えた..ということは、
創業は昭和六十一年...いやはや立派です。

扉を開けると、料理長である今井氏が迎えてくれました。

黒一色のモダンな店内。
窓からは竹薮も見え、此処が都市であることを忘れ、
ゆったりとした時間を過ごさせてくれます...。

平日限定のお得なランチ、コース自体もリーズナヴルであり、
誰もが納得する、良い懐石料理屋の一つと言えるでしょう。

────────────────────────────────

これまでに訪れて、頂いたものは以下の通りです。

Img_5657_filtered_r

・おまかせランチ (旬の盛り合わせ、お造り、煮物、食事、香の物、赤だし)・

Img_5659_filtered_r_2

・旬の盛り合わせ -Assorted seasonal dish-・

美しいお重に、上品に盛り付けられております...。

おからまんじゅうに里芋煮、ふっくらとした甘い出汁巻き卵に、
鰹節を和えた早煮昆布。そして枝豆入りの蒲鉾(でしょうか...?)。

焦らずゆっくり、ゆっくりと味わうことによって口に広がる、素朴な味わい...。

・お造り -Sashimi-・

趣のある小鉢に盛り付けされた刺身は、「そげ」でしょう。
「そげ」とは1Kg以下の小振りの平目の名称で、
春から秋にかけて旨いと言われてます。

昆布〆にされており、淡白な白身の旨味に昆布の旨味。
こりゃたまりませんね。

Img_5660_filtered_r

・煮物 -Nimono(Simmered Dishes (Koya dofu))-・

高野豆腐の煮物ですが、この餡がとても上品な味で旨いです。
体を芯から暖めてくれる、優しいお味と言いましょうか。

そして餡を吸った高野豆腐がこれまた旨し。

Img_5661_filtered_r

・お食事 -Cooked rice with Autumnal samon and mushroom-・

せいろで蒸したて、あつあつが嬉しい。
この日は、「秋鮭と茸の炊き込みご飯」です。

茸の豊かな香り、そして秋鮭の優しげな風味。あぁ...日本人で良かった...。

香の物はきざみ胡瓜など、パリッパリッと箸休めには嬉しいものです。

赤だしは、鰹だしや昆布の旨味を感じる、上品な味。
煮物と同様に優しい、まろやかな味で、体を芯から暖めてくれました。

Img_5662_filtered_r

・デザート -Plum sherbet-・

氷菓子、梅酒を使ったシャーベットです。
さっぱりとして、心地良い上品な酸味と甘み。

────────────────────────────────Makiri_tibi
【まとめ】

・竹林に囲まれた風情ある空間が
最高ですね。

・料理人・今井 富士男氏が造り上げる、
素朴だが奥深い、四季折々の味。
一度ご堪能あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-06

ジェラテリア -Gelateria- 「絶品!お野菜のジェラート」

Mamiko_1

報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:広尾
Location:Hiroo

店名:GELATERIA ACQUA PAZZA
Shop Name:GELATERIA ACQUA PAZZA

ジャンル:ジェラテリア
Restaurant genre:Gelateria

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5592_r_filtered

Mamiko_kabe_2

散歩中に急にお野菜のフレーヴァーのジェラートが
食べたくなって頭に思い浮かんだのは、
此処「GELATERIA ACQUA PAZZA」。

イタリア・ミラノのイタリアンジェラート“CREMAMORE”と
日高良実シェフとのコラポレーションとのこと、です。

ちなみに右手はイタリアン「ACQUA VINO」、
地下に「ACQUA PAZZA」。
全て同じグループなの。

ていうかジェラテリア...ひっそりし過ぎでしょw

店内は小さいながらも、ちょっとした
スタンディングタイプのイートインスペースがあるので、
いつもそこで頂いてます。

あ、そうそう。
ACQUA VINOのカウンター席やテラス席をご利用することも可能だそうです。

さて、どれにしようかな♪

各フレーヴァーの上にはフルーツや野菜が飾られており、どれも美味しそう。
どれにしようか悩んでいると店のお姉さんが、
味見させてくれたりします(嬉ちぃ♪)。
────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_6804_r

・Grande キウィ&ティラミス&シュシュ・

「キウィ」は、粒粒の種の食感を残した、甘酸っぱいお味。
「ティラミス」は定番のクリ~ミ~な味わいが特徴のフレーヴァーですね。

「シュシュ(キャラメルとナッツ)」はミルキーな甘さの中に、
キャラメルのほろ苦さを感じます。
粒粒のナッツの食感も良いですね。

Img_5590_r_filtered_2

・Grande セロリ&トマト&ソルダム・

「ソルダム」はスモモの一品種。
ちょっぴりパンチのある酸味が美味しいんですよね~。
ジェラートでも同じ味わいでした。熱い夏にピッタリ。

「トマト」は、しっかりとトマトの持つ甘味・酸味、そしてみずみずしさが伝わる逸品。

「セロリ」には驚かされました。
全体的にセロリの持つ爽やかな苦味を感じられ、
シャキシャキとした食感(粒状にセロリが混ぜてあると言いますか...)も、
味わえます。
これは美味しい、好きですね。

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・「お野菜」のフレーヴァーが美味しい!
特にオススメは「セロリ」!
あの爽やかな苦味がたまりません♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-05

フレンチ -French- 「ワインと共にたっぷりお野菜をどうぞ♪」

Yukari_1_3

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:神宮前
Location:Jinguumae

店名:野菜畑
Shop Name:Yasai batake

ジャンル:フレンチ、野菜料理
Restaurantgenre:Vegitable dish

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5365_r

Yukari_kabe

ご存知の通り、別に私はベジタリアンというわけでは無いんだけど、
でもごくたまにモリモリと野菜を食べたくなる時があるのよね。

というわけで今回は此処、「野菜畑」。
(ストレートな店名だわ...。)

コチラは俳優・滝田栄さんがプロデュースした農家と
レストランが共同で始めたお店。

千葉県我孫子市の農家から直送される、季節の新鮮野菜を
たっぷり使ったヘルシーかつ本格的な料理を、
リーズナヴルに頂けるわ。

ちなみに店内では産地直送の新鮮な野菜やお米も買えるわよ。
(主な野菜の仕入先:千葉県 阿曽農園)

野菜畑のランチは夕方五時まで利用でき、なおかつ種類豊富なのが嬉しいわね。

ディナーでは野菜料理を中心に、
魚~肉料理まで、しっかりと用意されているわ。

お酒はワインは勿論、日本酒も置いて在るわね。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

Img_8302_r

・海老とホタテのオムライス カキフライ付 -Shrimp and Scallop omrice with fried oysters-・

プリッとした貝柱と海老、そしてふわっふわっとろっとろっの卵。
卵自体の味が凄い濃いわね。
デミグラスソースが中のチキンライスとの相性も良いわ。

サクサク、ジューシーなカキフライは4個も付くのはお得ね♪
タルタルソースも美味しい。ピクルスの酸味とほのかな甘味が良いわね。

Img_8325_r Img_8326_r

・キャベツのミルフィーユ仕立て・

一見するとロールキャベツのようだけど、キャベツと豚挽肉を丁寧に重ねて、
しっかりとミルフィーユ状になっているわね。

食感良く甘みたっぷりのキャベツに、肉汁たっぷりのジューシーな豚挽肉に、
ほのかにチーズの風味。
甘酸っぱいトマトソースとも良く合っているわ。

Img_5358_r Img_6883_r

・スローフード三品盛り -Assorted ''Slow food''-・

「野菜畑」に来たら、まずはコレね。

おからはほんのりと甘く、茄子はみずみずしさがたまらないわ。
切干大根もほんのりとした甘さで、あの独特の歯応えが良いわね。

あぁ、それから「ひじき」が苦手という方は是非とも此処で味わって欲しいわ。
ホント、甘味があって美味しいわよ。

Img_5351_r

・鴨肉の燻製・

ひとつはパストラミ、ひとつはオレンジソース。

パストラミは粗引き黒胡椒をまぶしたもので、
胡椒の辛味が鴨肉の甘味と非常に良く合うわね~。

鴨肉とオレンジソースの組み合わせは、フレンチでは定番。
オレンジの甘酢っぱさと鴨肉の旨味のコラポレーションは間違いないわ。

Img_5353_r_2

・鶏山葵(とりわさ)・

笹身肉を使ったヘルシーな一品ね。
切り込みを入れており、そこに山葵を挟ませているのね...ちょっぴりお洒落だわ。

笹身肉のパサつき感を感じさせない絶妙な焼き具合。
程よい塩加減と山葵の辛味が良い感じね。

Img_5354_r

・たっぷり野菜のニース風サラダ・

これこれ、これ好きなのよ~私。

ホクホクの茹で玉子にじゃがいも、甘いトマトにスライスした玉葱、
そこに程良く塩分をもたらしてくれるツナとアンチョヴィ。

黒オリーヴが良いアクセントになっているわね。

またドレッシングが酸味も程よい感じでね、美味しいのよ。

Img_6884_r

・野菜盛り沢山サラダ(的な料理名だったはずw)・

そのまんま、野菜盛り沢山なサラダ。
紫蘇の実を加えているのは、ちょっと斬新ね。
プチプチッとした食感が癖になるわ。

Img_6886_r

・薩摩芋ニョッキのチーズグラタン・

熱々ニョッキのモチモチ食感に、ほんのりとした薩摩芋の甘さ。
そして、チーズとトマトの酸味が合わさりがたまらないわね。

薩摩芋は普通、沢山食べると飽きが来るけど、
ニョッキにするとパクパクと何個でもイケちゃうわね。

Img_5355_r

・シーフードグラタン・

ゴロゴロと入ったシーフードの旨味と、
香ばしいチーズやミルクの香りにクリ~ミ~な味わい...、
王道料理だけど、やっぱり美味しいわね。

Img_6890_r

・本日のお肉料理 (鴨のロティ グリルした野菜を添えて)・

鴨肉は薄っすらと感じる塩気と脂、噛む毎に感じる肉の旨味。
そして蜂蜜の様な、優しい甘みのあるソースが良く合うわね。

Img_5360_r

・ベイクドチーズケーキ・

このまった~~りとしたチーズの甘さに甘酸っぱいソースが合うわ..。
ベイクドチーズってフォークを入れたときに感じる重たさが、良いのよね~。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・新鮮な野菜を
沢山食べたい時、重宝するお店ね。

・ランチタイムが
結構遅い時間までやってるのも
魅力の一つよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-04

フレンチ -French- 「自然派ワイン片手に美味しいお食事を。」

Yukari_1_3

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:広尾
Location:Hiroo

店名:ル・ギャルソン・ドゥ・ラ・ヴィーニュ
Shop Name:Le garcon de la vigne

ジャンル:フレンチ
Restaurant genre:French

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5568_r

Yukari_kabe

見て!この外観。
正にザ・ビストロ!て感じしない?

というわけで今回は広尾商店街内の
人気店「ル・ギャルソン・ドゥ・ラ・ヴィーニュ」。

自然派ワインと美味しい料理をリーズナヴルに頂けるビストロよ。

入り口扉に近づくと、オーナー(ソムリエ)である、
飯野 瑞樹さんが迎えてくれます。

細長く、テーブル席を中心とした、こじんまりとした店内は
温かみがあって居心地の良い空間ね。
ちなみに私は入り口近くの、
厨房が一望できるカウンター席がお気に入り。
(オーナーとも色々と世間話をできるし....。)

ランチ、ディナー共にコースメニューが充実。
アラカルトでワインを楽しむのも良いわね。

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

Img_5557_r

・パン -Pain-・

ライ麦の様な、素朴な味が好き。
大抵フランスパンタイプだったりするから、こういうパンが出てくると嬉しいわね。

────────────────────────────────

【前菜 -Entrée-】

Img_5553_r

・前菜 -Entrée- 農園からの一皿・

正に農園をそのまま味わっているかのような一皿ね。
野菜の中には、美しい半熟の玉子も隠されており、
何だか''自然に感謝しなければ''、という気持ちにさせてくれるわね...。

ドレッシングはマスタードや蜂蜜を使われていて、
何とも言えないまろやかな酸味が美味しいわ。

Img_9888_r

・前菜 -Entrée- 本日の野菜のポタージュ (さつまいも)・

ト~ロトロのさつまいもポタージュ。
熱々で、さつまいもの甘みを素直に感じられるクリ~ミ~なスープね。

────────────────────────────────

【主菜 -Plat-】

Img_5560_r

・主菜 -Plat/Viandes- 箱根山麓豚の塩ロースト マスタードソース・

これはすごいわね!どーんと迫力満点なメインだわ....。

この分厚さといい、いい感じのロースト具合による美味しそうな色といい...。
そしてナイフを入れれば、ほんのりと桃色が残る断面に溢れる肉汁...。
あぁ、いいわぁ...。

しっかりとしたお塩の味、柔らかくジューシーな豚の旨味、
そしてマスタードソースの程良い酸味。この三味一体がたまらないわね。

付け合わせは、クリ~ミ~な味わいのシンプルなパルメザンリゾット(と思います)に、
トマトの味をしっかりと感じるラタトゥユ風温野菜と、全体的にかなりのポーションね。

Img_9893_r  Img_9896_r (↑添えられたマスタードはソース・マヨネーズの様なまろやかさがありつつも、
辛味もしっかりあって、お肉を異なった味わいへと変化させてくれるわね。)
 

・主菜 -Plat/Viandes- タスマニア産牛ロースのグリル レモンバターソース・

タスマニアは、オーストラリアの南端に浮かぶ島のことね。

脂身と赤身のバランスが良く、また絶妙なグリル具合のおかげもあるわね。
国産ブランド牛に引きをとらない美味しさが感じられるわ。


レモンバターは肉に、芳醇な香り、まろやか味を加え、また(レモンの効用かしら?)サッパリとさせてくれるのも良いわ。

────────────────────────────────

【デセール -Dessert-】

Img_5563_r

・デセール -Dessert- 白桃のムース・

白桃のしっかりとした濃い甘さが感じられるわね...。
果実の食感を楽しめるのも良いし、
ソースを吸って、しっとりとしたサブレ生地も美味しいわ。

────────────────────────────────

【カフェ -Cafe-】

Img_9897_r

・食後のコーヒー・

食後はホットコーヒー、カプチーノなど希望に応じてくれる。
ル・ギャルソンのコーヒーは香り・味も良く、中々のものだわ。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・リーズナヴルに美味しいお料理とワイン。
ビストロの正しい姿だわ。

・オーナーは面白い方です。
自然派ワインについて色々と教えてくれるわ。
勿論世間話も♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイスクリーム -Ice cream- 「French Style Ice cream -FSI- 」

Mamiko_1報告者:滋桐 真美子
Reporter:Mamiko Jitoo

場所:お台場
Location:Odaiba
店名:ラ ヴィエイユ フランス お台場
Shop Name:LA VIEILLE FRANCE Odaiba

ジャンル:アイスクリーム
Restaurant genre:Ice cream

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5526_r

Mamiko_kabe_3

日曜日ともなると、お台場の混雑具合は
渋谷と同じかそれ以上。歩くのも一苦労なの。

そんなお台場に美味しいアイスクリームがあると聞いて...。

と、いうわけで今回は
グランパシフィック内のアイスクリームカフェ、
「ラ・ヴィエイユ・フランス」。

シェフの木村 成克氏は、フランス・パリの老舗である、「LA VIEILLE FRANCE (創業:1834年)」の日本人初のシェフパティシエに就任されたという凄い御方ね。

ちなみに千歳鳥山には本店、アチラは洋菓子メイン。
お台場店はアイスクリームをメインとしているみたいなの。

アイスクリーム(シングルorダブル、トッピング)の他に、
特製のパルフェや焼き菓子といったものも購入できるの。

パルフェは種類も多いし、
トッピングも面白そうなんだけど、まだ試したこと無い....。

────────────────────────────────

コチラは今まで頂いたモノです。

Img_5524_r   

・ダブル ヴァニラ&プラリネ -Vanilla&Praline-・

LA VIEILLE FRANCEのアイスクリームはフレンチスタイルなの。
口どけがよくて芳醇な味わいが特徴なんだけど、一口食べて実感できたわ...。

ヴァニラは定番のフレーヴァーのひとつ。
凄くクリ~ミ~でコクのある味わい、
そしてヴァニラビーンズの濃厚な香りが口いっぱいに広がります~。

プラリネは、焙煎したナッツ類を加熱した砂糖でカラメリゼしたもの。
あ、これは美味しいの。カラメルの風味がフワッと広がります。
ほのかな甘さ、そして直後に来るカラメルの苦味。
これは好き。

添えられたサブレも美味し~い。
アイスクリームにつけて食べてもよし、そのまま食べてもよし、ですね。

Img_1534

・ダブル ピスタッキョ&キャラメル -Pistacchio&Caramel-・

ピスタチオはサッパリしてる!こってり濃厚を予想していただけに、驚きなの。

キャラメルはプラリネをちょっぴりサッパリとした感じかな...。
でもこの二つの組み合わせはバランス良かったかも、です。

フロランタンの欠片が添えられてるのも良いの♪

────────────────────────────────Mamiko_tibi
【まとめ】

・どれも濃厚で美味しい♪
心込めて造ってるアイス!て感じです。

・トッピング、楽しいかもしれません。
例えばヴァニラにトマトソースとか試してみたり...。

・パルフェのメニュー数が多いのも特徴のひとつなの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-03

フレンチ -French- 「国際展示場の御傍で最高のひと時を....。」

Yukari_1_3

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:有明
Location:Ariake

店名:ヴィーヴ・ル・ソレイユ
Shop Name:Vive le soleil

ジャンル:フレンチ
Restaurant genre:French

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_5498_r Img_5490_r

Yukari_kabe

国際展示場前で飲食というと...
高い遅い不味いの三拍子が揃った店ばかり、
というのが私の印象。

下らない料理の割りに値段ばっかり!
一丁前にとる店が多いわよね、あの辺。

でもここ最近は例えばベイコート倶楽部など、
ちょっとしたグルメスポットになりつつあるわね。

ま、私が興味を持ったのは、
そのベイコートの真下なんだけど....。

初めての方には「まさか、こんなところに....」と
口を大きく開けて驚くんじゃないかしら。
その姿は、正にヨーロッパの町並みなのだから...。

此処は、
『パルティーレ東京ベイ ウエディングビレッジ&スクエア』、
言うならば、結婚式場兼ショッピングモールね。

チャペルやウエディング関係のドレスサロンに
カッフェが建ち並び、そして今回のレストラン
「ヴィーヴ・ル・ソレイユ」もこの中にあるわ。

ランチ、ディナーともプリフィクススタイルのコースのみ。
値段はリーズナヴル、味も良し、サーヴィスは流石プライダル...
何気に良いとこ尽くしのレストランなのよ?

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

バケットは熱々の焼きたてでバターと共に運ばれてくる形ね。

────────────────────────────────

【前菜 -Entrée-】

Img_5482_r

・前菜 -Entrée- トマトとチーズのサラダ仕立て・

綺麗でお洒落な一皿ね。枝付きぷちトマトが可愛らしいわ。
トマトとチーズというと、カプレーゼのような感じを想像したけど、全く別物ね。

ジューシーな甘みのあるトマトにラディッシュ、
そしてゴーダチーズ(だろうか?)にオリーブオイル等、
『自然の恵み』そのものを味わっているようだわ。

────────────────────────────────

【メイン -Plat-】

Img_5483_r

・主菜 -Plat/Poissons- 本日の鮮魚のポアレ (スズキ) タプナードソース・

タプナードは黒オリーヴにニンニクやアンチョビ等で造られるソースね。

スズキの淡白な味わいには、程よい塩分と共に、
少しコッテリとしているタプナードソースが良く合うわ。

皮もしっかりとカリッとしているし、美味しいわね。

Img_5486_r

・ガルニチョール(付け合せ) マッシュポテト・

あら、このお皿....鮮やかな紅色の一色で、非常に可愛らしいわね。
バターのまろやかな味わいがタプナード、スズキとの相性は抜群だわ。────────────────────────────────

【デセール -Dessert-】

Img_5487_r

・デセール -Desserts- マカロン ヴァニラアイスとフルーツ添え 蜂蜜がけ・

フルーツにかかったソースは、蜂蜜(恐らく)ね。
ハート型のマカロン....ほんと、お洒落だわ。

表面はサックリ・中はしっとりしたマカロンは、控えめな甘さで美味しいわ。
添えられたフルーツは、
マカロンにヴァニラアイスの甘さで一杯となった口を、
さっぱりとしてくれるわね。

食後はコーヒーでゆっくりと...。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・前菜~デセールまで付いて、
このリーズナヴルさは、素晴らしいわ。

・ラフな格好でも
気軽に立ち寄れるのが嬉しいわね。
同人イベントの後は、
間違いなく此処で食事だわww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »