« もつ焼き -YAKITON- 「懐かしの、男体山。」 | トップページ | イタリアン -Italian- 「ピッツァの焼きあがる匂いに誘われて。」 »

2009-08-06

フレンチ -French- 「テラスで列車の音と、風を感じながら。」

Yukari_1_2

報告者:臣丞 柚華莉
Reporter:Yukari Shinjyoo

場所:目白
Location:Mejiro

店名:ブラッスリー ラ ムジカ
Shop Name:Brasserie La mujica

ジャンル:フレンチ
Restaurant genre:French

────────────────────────────────
【報告 -REPORT-】

Img_3827_r_filtered Img_3826_r_filtered_2
(↑マスコットキャラクターの''ムジカ君'')

Yukari_kabe

テラス席にて、鳥のさえずりや列車の音を聴きながら
優雅な食事の刻を過ごす..。

東京には割りと緑溢れる広大な敷地内に
レストランがある、というのは多いけれど...。

悪いけど、全然美味しくない!店多いわよね..。

そんなわけで今回は、
「ブラッスリー ラ ムジカ -Brasserie La mujica-」。

テラス席は勿論、料理もしっかりとしたブラッスリーよ。
オーナーシェフである梶村さんをはじめ、スタッフ達が
キビキビと手を動かす姿は、見ていて惚れ惚れとするわ~。

あ、さっきからテラステラスと言っているけど、
厨房の動きが見れるカウンター席が
一番好きだったりするわw

だって電車の音が五月蠅いんだものw

────────────────────────────────

今までに頂いたのはコチラですわ。

2_4

・パン -Pain- ローズマリー入/全粒粉

パンは焼きたて、ローズマリー入と全粒粉の二種類を頂けるわ

ローズマリーは多少強めの塩気と良い香りが、
全粒粉はサクサクの食感が特徴的ね。

────────────────────────────────

【前菜 -Entrée-】

Img_3822_filtered_r

・真イカ・山芋・オクラのセルクル仕立て・

地と海の味の融合。
一口含むと、何とも心地の良いねっとり感、ネバネバ感が舌を楽しませてくれるわ

Img_9157_r

・ラタトゥユ カリカリ生ハムと半熟卵添え・

フランスの家庭料理の代表でもある煮込料理「ラタトゥユ」。
野菜本来の甘味と酸味を素直に感じられる一品である。

半熟卵のまろやかさ、
カリッカリの生ハムの塩分が良いアクセントなり、食欲を増進させてくれる。

Img_3373_r

・大分産寒ブリのスモーク タップナードソースで・

タップナードがちょっと印象薄いかな?
でも、ブリ自体は脂も乗ってて美味しいわね。
スモークされているからしつこくないし、好きだわ。

Img_2338_r

・ブーダンノワールのテリーヌ仕立て(冷製)・

思ったよりさっぱりとしたブーダンノワールね。
独特の豚の血の味わいに、赤ワインとスパイスでコンポートされたリンゴが良く合うわ。
美味しい。

Img_2853_r

・エスカルゴ ブルゴーニュ風・

エスカルゴはたまに食べたくなっちゃうのよね~。
ン~、めっちゃくちゃ良い香り~。美味しいに決まってるじゃない♪

────────────────────────────────

【メイン -Plat-】

Img_3823_filtered_r

・真鯛のパブール 白ワインと海藻のソース・

パブールは蒸し魚のことね~。

ソースが美味しいわ。
白ワインと海藻の組み合わせは初めてだけど、ほのかな酸味と甘味の相性が
実に良いわね。
付け合せのマッシュポテトも美味しい。

Img_9164_r Img_9173_r

・気仙沼産メカジキを詰めた秋刀魚のバロティーヌ・

バロティーヌ -ballottine- とは、要は「包む(ロール状)」ね。
本来は鳥肉料理(骨を取り除いた鳥に詰め物をする)と聞いてたけれど、秋刀魚とは、
正直驚いたわね。

丁寧に処理された秋刀魚は骨一本見当たらず、
また絶妙な焼き加減で皮はパリッとしてて、これは美味しいわね。
トマトソースとの相性も抜群だわ。

中にはメカジキを団子状にしたものかしらね...。
食感はニョッキに似てるし、ほのかに甘みが感じられるわね。
中には松の実やピスタチオといったものも詰められている..、これはホントに面白いわ。

Img_3382_r

・北海道産真ダラのポワレ ニース風スタイルで・

自家製ベーコンと黒オリーヴ、ケッパーの入った南フランスのソースとあったわね。
うん、このソースは美味しいわ。ベーコンの食感も楽しめるのも良いわね。

真ダラ自体は私にとっては、ちょっぴり塩っぽさが強い感じかしらね。

Img_2350_r

・仔牛のブランケット トリュフとセップ茸の香りで・

これは美味しいわね。
仔牛の柔らかさは言うまでも無く、トロットロ♪とろけるわ~。

トリュフとセップ茸の香りがホント、良いわね~...。クリームソースも美味。

Img_2861_r

・丹波産''猪''の赤ワイン煮込み 焼き芋のピューレ添え・

猪って案外クセが無く...ん!いややっぱりちょっぴり野性味が残されているわね。
旨い具合に調理されているものだわ。流石、梶村シェフw

ん~、このソースが美味しいわね...。主張しすぎず、だけど柔らかな猪によく合っている..。
添えられた焼き芋のピューレは口直しとしても、合わせて食べてもバッチグー(死語w)だわ。

Img_2873_r Img_2888_r

・エゾ鹿とフォアグラのパイ包み焼き・

なるほど、フォアグラはアクセント程度。
あくまでミンチ状にしたエゾ鹿がメインというわけね。

う~ん、これもホント、素敵な料理だわ。
エゾ鹿自体は、スパイスやハーブでマリネされているらしく、ホント食べ易いわね。
これならジビエが苦手な人でもイケるんじゃないかしら。

サックサクのパイ生地に素敵なエゾ鹿とフォアグラの合わさり。そして赤ワインソース。
これはワインが進みまくって仕方ないわね...。

────────────────────────────────

【ワイン -Vin-】

Img_2880_r

・-TARANI CABERNET 2008-・

ジビエには赤ワイン♪気軽に呑むワインの代表格、TARANIね。
葡萄の酸味とかタンニンとかガツンと広がる感じ。
結構好き。

────────────────────────────────

【デセール -Dessert-】

Img_3824_filtered_r

・サブレフロマージュ シナモンのアイス添え・

濃厚なチーズの風味に、
さわやかな甘さと共にフワッと広がるシナモンの風味がたまらない一品。

Img_9179_r

・たっぷりマロンのタルト・

マロンタルトの上に更にマロンクリームと、ホントにマロン尽くしなデセール。
これ喰べちゃうと、中途半端なモンブランとか喰べれなくなるわね。

Img_2359_r 

・3種ナッツのタルト 赤ワインとドライフルーツのソースで・

タルト自体はカントリー風のお菓子のような、素朴な味わいね。
カリッカリのナッツの食感が楽しいわ。

でも赤ワインとドライフルーツを使ったソースによってリッチな味わいも出せているわけね。
面白いデセールだわ。

Img_3402_r_2

・ヨーグルトのムース フレッシュキウィのソルベ添え・

キウィのパンチのある酸味と、まろやかで優しい甘みのヨーグルトムース。
見事なバランスを実現させているわね。

Img_2901_r

・サヴァラン -Savarin-

呑んだ量によって、お酒の度合いを調整してくれるみたいね。
それにしても、見た目インパクト「大」なサヴァランだわw

う~ん、リキュールだとかシロップだとかが染み込んだブリオッシュに苺の酸味、
だけど、そこにまたクリームの甘みが支えて...これは美味しいサヴァランだわ。

────────────────────────────────

【カフェ -Cafe-】

3

・コーヒー -Caffee-・

しっかりとした店は当たり前の様に、美味しいコーヒーを入れるわね。

────────────────────────────────Yukari_tibi
【まとめ】

・カウンターにテーブル、テラス席。
用途によって使い分けられるのが良いわ。

・季節限定だけど、
ジビエが何種も用意されているのが
良いわね。

|

« もつ焼き -YAKITON- 「懐かしの、男体山。」 | トップページ | イタリアン -Italian- 「ピッツァの焼きあがる匂いに誘われて。」 »

・夜 -DINNER-」カテゴリの記事

・昼 -LUNCH-」カテゴリの記事

・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\2000」カテゴリの記事

・(酒と食/予算) -BUDGET- ~\8000」カテゴリの記事

(場所)目白 -MEJIRO AREA-」カテゴリの記事

(食)ブラッスリー -BRASSERIE-」カテゴリの記事

(食)仏 -FRENCH CUISINE-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1206383/30849042

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチ -French- 「テラスで列車の音と、風を感じながら。」:

« もつ焼き -YAKITON- 「懐かしの、男体山。」 | トップページ | イタリアン -Italian- 「ピッツァの焼きあがる匂いに誘われて。」 »